MIROSS ACADEMY

  1. MIROSS Academyトップ
  2. 体験レポート

  3. ☆全ては罪悪感が創っていた!

一覧へ戻る

罪悪感という感情は、私たちが生きる上でとても重要な影響を与えるものではないでしょうか?なにかと自分を責めて「ダメ出し」する癖があるとか、過去に自分がしたことに対して、「後悔していること」があるとか、誰かの期待に「過剰に応えようとしてしまう」ところがあるとか。人には様々な罪悪感の捉え方があります。罪悪感という感情は、つねに自分を攻撃し、幸せにしないためにふるまうこともあるかもしれません。今回の女性も長い間、罪悪感に悩まされていた一人。ですが母にも同じように自分と同じく罪悪感があったことが分かり、だから母の過剰なまでの過保護過干渉があったことが分かったのです。

Yさん 50代【女性】千葉県

無視をする母にショックを受ける!

カリキュラムを受講する中、自分の人生に起きた出来事をさらに深く掘り下げていくと、罪悪感にいきつきました。

今まで様々な角度から投稿してきましたが、今回結びついた罪悪感が作り出した人生を、改めて投稿させて頂きます。

私の母は過剰な程の過保護過干渉で、何があっても絶対的に私を守ってくれる存在でした。
食べ物の好き嫌いが激しく、その上小食だった私は、食事の時にもっと食べる様にと怒られ、それがとても苦痛でした。

子供ながらに、父が不在の時に限って厳しく言われる様に感じ、ある日父に気持ちをわかって欲しくて、告げ口した事がありました。

そんな事も忘れていた翌日、いつも通り母に話しかけると何故か無反応でした。

聞こえてないのかな?と思い、何度声をかけても返事はなく、母がこちらを振り返る事はありませんでした。

その時初めて、母から無視をされているという事に気づきました。

過剰な程私に関心を向けていた母からの無視は、幼い私にとって想像を絶するほどショックな出来事でした。

後日母から聞いた無視の理由は、私が告げ口した事で父からこっぴどく怒られ、それに腹をたてたという事でした。

私の安易な行動が、大好きな母を怒らせ悲しませてしまった事に大きな罪悪感を感じ、もう二度と母を悲しませない様にしようと思いました。

再び母を悲しませることに…

しかしそんな思いとは裏腹に、私立の女子中学校に入学した私は、今までとは全く違う世界で、出会った事のない刺激的な友人が出来て、好奇心から非行に走っていきました。

服装も派手になり、髪を染め、母に反抗し暴言を吐き、母の泣いている姿を度々目にしました。

短大や社会人になっても、夜な夜な飲み歩き心配をかけ続けました。

そんな親不孝ばかりしてきた私が、高学歴で高収入の男性と出会い結婚が決まった時、生まれて初めて母を喜ばす事が出来たと、最高に誇らしい気持ちになりました。

ところが結婚から一年後のクリスマスの夜に、何の前触れもなく突然離婚したいと言われ、奈落の底に突き落とされた様な、絶望的な気持ちになりました。
離婚だけは絶対に避けたいと、そんな状況になってる事を両親には一切伝えず、プライドも何もかもかなぐり捨て必死で修復しようとしましたが、うまくいかず結婚から二年後に離婚する事になりました。

又母を落胆させてしまい、こんな自分は生きてる価値もないと絶望しました。

何とかもう一度母の喜ぶ顔が見たいと、離婚した翌日から婚活を開始し、もう二度と失敗しないようにと、前夫とは全く違う優しくて誠実な今の夫と再婚しました。

直ぐに娘を授かり、初孫の誕生に母もとても喜びましたが、娘が生後三か月の時に川崎病に罹り、重症化して母子ともに一か月半入院しました。

片道二時間かけ、週に何度もお弁当を持ってお見舞いにきてくれる母に対して、物凄い心配をかけている事に申し訳ない気持ちでいっぱいで、私の罪悪感は更に大きくなっていきました。

罪悪感を持っていたから

無事に退院はしましたが経過観察が必要で、何とか健康に育てようと必死で子育てしている最中に、まさかの夫の借金が見つかり、更に浮気が発覚しました。

私がこんなに頑張っているのにと、夫に対する怒りと憎しみが抑えきれず、顔を合わせれば喧嘩の絶えない毎日。

でももう二度と離婚なんて出来ない!
又母を悲しませる事など出来ない!

人並みの幸せさえ掴めない自分を責め、私さえ我慢すればと自分の感情を抑え込み、何とか結婚生活を維持しようと頑張りました。

しかし、それも限界に達した時にミロスに出会い、そこから夫婦関係が変わっていきました。

子供の頃の母に無視をされた出来事をきっかけに、大きな罪悪感を持ち、そこから二度と母を悲しませないようにしようと思えば思うほど、それとは真逆の体験をしてきたのでした。

夫婦関係が変わった後も、又裏切られるのではないか?という恐怖に怯え続けたのも、母をもう二度と悲しませたくないという思いからで、自分の人生に起きた様々な出来事の何故を理解した今、家族関係が壊れる事は二度と起こっていません。

娘は幼い頃からよく言葉や手紙で
「ママ大好き」「ママはそのままでいいよ」
と伝えてくれていました。

その度に、何故か苦しさを感じていました。
それも、大きな罪悪感を抱えた罪で悪な私は、そんな言葉をかけてもらえる資格はないと、自分を責めていたからだという事が今ならわかります。

先日ライフコースで、自分の人生を振り返った事がありました。

私は、母の選んだ美大の付属中学校に入学しましたが、美術が特別に得意ではなかった私が、何故その学校に入学する事になったのか疑問でした。
母に当時の事を尋ねても「どうしてかしらね~?」と的を得ない返事で、私はそこで散々無能を味わう体験をし、その学校を選んだ母を恨んだ事もありました。

しかし、エスカレーター式に上がった高校で、後に講師になる柳沢かおりさんに出会い、更に私がどん底だった時にミロスを伝えてもらい、現在ではTeam NOAHで一緒に活動をさせてもらっています。

こうして振り返ってみると、私はどうしてもその学校に入学しなければならなかった!という事がわかり、どんな過去も本当に全て完璧でした。

なぜ母が過保護過干渉になったのか?

更にミロス実践コースで、母の側からの人生を見ていきました。

母は家族の身の回りの事は、何でもやってくれ、お願いした事も自分の事は後回しにしても、必ず叶えてくれました。
常に先回りして全てやってくれ、あれこれ口出しもしてきて鬱陶しい程でした。

夜帰宅が遅くなると、夜道が危ないと駅で私の帰りを待っていました。

私は帰宅時間を必ず電話で伝えていましたが、そこから友人との話が盛り上がり、伝えた時間に帰らないこともしばしばありました。

それでも、母は何時間でも駅で待っていました。

何故これほど母が過保護過干渉になったのか?そのきっかけがわかりました。

私が3~4歳の頃、兄や近所の子供達と家から20分ほどの距離にある川に、遊びに行った事がありました。

兄達は私を川に忘れ帰宅してしまい、私がいない事に気づいた母が血相を変えて探しに行ったそうです。

当の私は、一人で川岸にいた所を通りがかりの人に保護され、交番に連れて行ってもらい、近所の人やおまわりさんにお菓子をもらい、ニコニコしながら座っていたそうです。

母の後悔の言葉を聞くことに

その時の母の気持ちを考えると、子供だけで川に遊びに行かせた自分の過失を責め、生きた心地がしなかったと思います。

「直子は誰にでもついって行ってしまいそうだから、知らない人には絶対について行っちゃダメ」と、子供の頃よく言われていました。

又小学生の時、やかんの乗った石油ストーブの周りを、私と兄で追いかけっこをして遊んでいた事がありました。

その時兄の足がストーブにひっかかり、やかんのお湯が落下し、兄は足に大やけど負いその時の跡が今でも残っています。

当時「私がストーブの上にやかんを置かなければ」と、母から後悔の言葉を何度も聞きました。

罪悪感が不幸な人生を生み出していた?!

自分の過失から、わが子を危険な目に合わせた事に罪悪感を感じた母が、異常なまでの過保護過干渉の子育てをし、守ろうとすればするほど子供の非行や離婚を体験し、私と同じテーマで苦しんできた事が理解出来ました。

そんな母からは、過去には色々あったけど、今直子が幸せにしている姿を見れて安心していると言ってもらい、母も今が一番幸せなんだそうです。

まさか、大きな罪悪感がこんなにも不幸な人生を生み出していたとは、ミロスを知る前の私は理解出来ずに苦しんで生きてきましたが、今は過去に起こった全ての出来事に合点がいきます。

自分の全人生を改めて振り返った時、あの苦悩に満ちた過去からは考えられない程、こんなにも楽に生きれている今に感謝が溢れました。

私の全人生が、罪悪感で苦しんでいる人の道標になる様に、今後も使命を全うし活動していきたいと思います。

キーワード検索

ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!