1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. 職場のコミュニケーションエラー

職場のコミュニケーションエラー~問題をチャンスに変える!〜

□ Wさん 40代 男性【愛知県】   

職場で起こるコミュニケーションエラー。場合によっては、仕事が進まないばかりか致命的な事態を招きかねません。また、上司と部下の間で意思疎通がうまくできなければ、出世にも大きく響いてきます。
今回、部下から思わぬとばっちりを受けた彼は、どうやってそのピンチを切り抜けたのでしょうか。ご覧下さい!


『職場のコミュニケーションエラー ~問題をチャンスに変える!〜』

今年、私は会社でマネージャーという役割からITインフラ部の「部長」という役割に代わりました。

マネージャーとして、自分のグループの管理と会社の運営の一部を任されていた役割から離れ、会社全体のIT関係の運営と各グループのITの管理を任されることとなり、この役職は会社では新設で、初めての役割となります。

今この立場になってわかることがあります。それはグループの人の管理と会社運営という仕事がとても嫌だったという事です。「マネージャー」「リーダー」という肩書は、かつて自分がとても欲しかった肩書でした。それは、対外的にも、世間体的にもあったらいいものでした。しかし仕事の中身は、部下の人間性の管理と会社の運営というものでした。

そして何よりも素晴らしいことは、ITインフラ部の部長という役職は、私のために創られた役職であり、私がこの現実を生きるために用意されたプレゼントであると感じています。

今回はITインフラ部の部長の役割となるまでのプロセスを書かせて頂きます。

発端は、今から約1年半前に、「T・I」さん(40代女性)が入社したことでした。
当時、会社は4つのグループに分かれ仕事をしており、私は第4グループのマネージャーをしており、そのTさんの受け入れ先も第4グループになりました。本人からのアピールもあり、仕事はすごい出来る人!と思い込んでいました。実際、仕事はできますし、対外的にも印象は良く、問題ないように思いました。

数日後、同じグループで飲み会に行き、そこでTさんを知る機会がありました。

そこでのTさんは、容姿のコンプレックス、学歴への後悔、自分自身への諦め、前の職場への恨み、今の社長への恨み等々、いろんなものを抱えていました。

彼女の言葉があまりにも直接的で超マイナスで攻撃的だったため、私は瞬間的に閉ざし、彼女に感じるものから自分を知るということをやめて、彼女(他人)の人間性として見ていました。それ以来、Tさんは私の部下ではありますが、私は腫物にでも触るように、機嫌を損なわないように気を使い、仕事をしていたように思います。どちらかと言うと私は「関わりたくない」という気持ちを持ちつつ仕事をしていたのだと、今ならわかります。

ひどいですよね、部下なのに、自分のグループの一員なのに、上司なのに・・・。

その後1年が経ち、昨年の年末に、Tさんが爆発し、社長へ直々に「不満・クレーム」を言いに行ったのです、まさに直訴しに行ったようなものです。

その時、私について次のようなことを言ったようです。

・上司がジロジロ見てきて気持ちが悪い
・ウザい
・一緒にいると気分が悪くなる
・体調が悪くなる
・同じ空気を吸いたくない
・暴言を吐かれた
・嫌なことをされた、言われた・・・などなど。

ハッキリ言って、私は何かした覚えは無いし、むしろ何もしていない!
暴言で唯一覚えているのは、飲み会のノリと雰囲気で「おばさん!」と言ったことぐらいです。(それはごめんなさい)

嫌なことされた、言われた・・・については、電話には出たくないという彼女に「電話に出て欲しくて」近くに電話器を配置したことでしょうか。
なぜそこまで言われなければならないのか、さっぱりわかりませんでした。

私の母の話になりますが、自営業をしていて、とても忙しく、常に母から「ああしろ!こうしろ」と言われてきたので、女性から意見されることに抵抗感を感じるところはありますが、私は何もしていないのです!

そのTさんからの話を聞いた社長は、ビックリしてすぐに対応し始めました。周りの社員に話を聞き、Tさんが言っていることが本当なのかを確かめたそうです。しかし、ほぼ全てがTさんの一方的な感じ方であり、彼女の方がおかしいのでは?とわかったようでした。

そして、社長はTさんにこう話したそうです。
「感じ方は人それぞれで、あなたが感じたことは、あなたの中では本当のことであって、それを否定することはしません。しかし、社内の人たちはそのようには感じておらず、むしろ逆であって、すべてがあなたのためであると思います」と。
社長はさすがだと感じました。

実は社長が社員に聞き取る前に私は呼ばれ、Tさんからこんなことを言っていますと、聞かされていました。ものすごいショックで、お先真っ暗という感じでした。
私は、この件を毎日のようにパートナーに話し、また、仲間にも話していました。
そうすることで、自分一人では分からない自分を知ることが出来るようになりました。

パートナーとのシェアは大きいです。多くの気づきがあります。仲間の意見もそうです。別の角度から自分を知ることができます。

今回の出来事で
“認めていない自分がいること”
“今の自分にOKを出せていないこと”
“部下を見下しながら仕事をしていたこと”

などなど、本当の意味で真剣に自分が理解しなければいけなくなりました。

そして一番受け入れたくなかったことは「マネージャー」「リーダー」という肩書が欲しいだけで、実は人を管理する仕事はしたくないし嫌だったということ。

このことが分かったとき、何とも言えない“安堵感”というプレゼントをいただきました。そして、その流れで、ITインフラ部の「部長」に就任したのです。

Tさんは私と違うグループに配置され、そして私は「部長」という役職になったことで、人の管理はしなくてもよくなりました。まさに、やりたいことができるポジションをいただきました。

その分、会社からの期待とプレッシャーも感じます。それすらも自分が望んでいることで、そういうものがモチベーションとなって仕事ができることも理解できるようになりました。

私の無意識には、
“会社への不満・自分の仕事への姿勢の不誠実さ・自分自身へ自信の無さ”があり、
もう隠せない状況であることを知ることとなりました。

自分のストーリーは自分の思い通りに進んでいる。

幸せになるために生まれてきた。それを体感する出来事でした。

ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 短時間集中で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加