MIROSS ACADEMY

  1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 特集記事

  4. 毎日が新次元リアリティ!

一覧へ戻る

二人の話題はいつも新次元リアリティ。新次元リアリティをこよなく愛しているシャラク&キャサリン 夫婦が、熱く、楽しく語ります!

京都府にお住まいのYさんの新次元リアリティを、シャラク&キャサリンで紹介しま~す!!
今日のキーワードは【意志力】です!

変わりたいのに変われないあなたへ

今日はですね、カリキュラムをとおしてご自身の心のバランスを整えることで、お父様との関係性や、
職場の環境がガラッと変わってしまった❗…という実証例なんです。

心のバランスを整えると、目の前のバランスも自然に整う…素晴らしいね♪

今回の主人公のYさんは「この苦しい人生を変えたい!」そう思いカリキュラムに触れ続けてこられました。

それがYさんの意志力やったんやね❗

そんな彼女は中学校の養護教諭をされておられます。

養護教諭というと…保健室の先生…ですね?

そうですね。Yさんがその学校に赴任された当初は、朝から体調不良怪我をした生徒が入れ替わり立ち代わり、
一日中ひっきりなしに何人も保健室に来ていたそうです。

そんなに~❗❓

しかも一年に4~5回は救急車を呼ぶなどの事故も多く、常に保健室は“満室状態”で、
Yさんから見た生徒の心のバランスはとても不安定なものでした。

先生も大変ね…。

そんなYさんがカリキュラムに触れ、日々保健室に来る生徒さんと自分“一致”させていきました。

「目の前の状況をどう見るか?」という実践ですね♪

そうです。そんな受け取りを続けていくと、自然とYさん自身が落ち着いてきました。

Yさん自身の心のバランスが整って来たのね♪

それが顕著に現れたのが“環境”
当初ゴミも多く“荒れていた”保健室を地道に整理、断捨離を続けていると、
学校側から《再生整備》ということで、校舎が新しくなったそうです。

目の前の“荒れた状況”自分の内面だと受け取った…Yさんは素直に実践、行動に移されたんやね♪

こうしてYさんの心のバランスが整うと、彼女の周りに様々なサポートが入り、環境も整い、
常に満室状態だった保健室も、気がつけば訪れる生徒も減ってきたそうです。

その変化は凄いね♪

さらに❗ずっと戦ってきて最悪だったお父さんとの関係性もすっかり変わり、今では愛おしささえ感じるYさんなのです。

こんな先生がいてくれたらいいなぁ…そう思える実証例でした♪

Yさんはこうおっしゃっています
「これからも目の前の生徒や環境と自分を一致させ、自分を救っていくことを続けていきます」と。

この続きは是非本編でね♪

ミロスのシステムがあれば、どんな関係性も必ず変わります!
ミロスに出合い、全く生まれ変わってしまったYさん!!
過去も未来も変えてしまう、ミロスシステム!
あなたにも同じ新次元リアリティが起こります♪

⬇︎それでは詳しくはこちらから、どうぞ!⬇︎
変わりたいのに変われないあなたへ

 プロフィール紹介

落語や漫才など、根っからの“お笑い”好きが高じて、2009年に漫才コンクール“M-1グランプリ”に挑戦するも、スベリまくって予選敗退。幸せや成功を求めて、宗教を学び、自己啓発、成功哲学と頑張ったのですが、結局何もかもうまく行かず、ついには1回目の結婚生活までもが破綻。トホホ…。「俺の人生スベリまくりやないか~い!」そこからミロスに本気で向き合い、なぜ今までうまく行かなかったのかを理解。「これしかないやん!」と無我夢中で実践し、講師にもなり、その後キャサリンと出会い再婚!二人の子供との父子家庭生活にピリオドを打ちました。今では家族ぐるみでミロスを学び、ようやく本当の幸せを手にすることが出来ました!キャサリンと二人の掛け合いが “夫婦漫才”のようだと言われる“スベらない”このシリーズ、どうか楽しんでおくれやす!

長年、化粧品の代理店をしていた時に、母の介護がきっかけで、訪問介護事業所の経営に切り替えて、二人の子どもを育てあげました。ミロスに出会って、嫌いだった母との関係性を修復。最後まで自宅で実母を看取ることができました。母がまだ元気な内に、2011年に、当時中学2年の女の子と小学4年の男の子を連れたシャラクと再婚。今、夫と共に同じ職場で働き、ステップファミリーとして、2度目の子育てを奮闘中!体験談紹介している私が一番、感動で泣いてます!自称、神戸のマダムです。

この記事のカテゴリー

特集記事

特集記事

ミロスの魅力をご紹介するための特集記事です。

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!