MIROSS ACADEMY

  1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 特集記事

  4. 毎日が新次元リアリティ!

一覧へ戻る

二人の話題はいつも新次元リアリティ。新次元リアリティをこよなく愛しているシャラク&キャサリン 夫婦が、熱く、楽しく語ります!

北海道にお住まいのミチコさんの新次元リアリティを、シャラク&キャサリンで紹介しま~す!!
今日のキーワードは【チャレンジ】です!

苦手なことは得意なこと~チャレンジしたことで掴んだもの~

早速ですが読者の皆さま、今何かに“チャレンジ”してますか❓

「苦手なことは得意なこと」…と、タイトルにもありますが「どういうこと❓」
って思われている方も多いのではないでしょうか❓

今回の主人公のミチコさんは、苦手と思われることにたくさんチャレンジしてきました。
そのプロセスの中で多くの協力者が現れ目的が達成されていき、
最終的に彼女は大きな使命に気づいて行った~❗という実証例なのです。

苦手なことが目の前に来たら、その時点で苦手意識が勝ってしまって
「私苦手だから」と言って断ってしまう…。

往々にしてそうですよね。
でも“苦手”と自分が勝手に思い込んでしまっている場合もある。
そして実際に苦手なことでも、それに取り組むプロセスの中で“才能開花”の種が育まれ、そして花が開くのです。

今回のミチコさんの体験がそういうこと❓

そういうこと❗
ある時仲間が作る映像に魅了され「私もSNSやりたい!」と思うのですが、
SNS以前に、パソコンや機械がとても苦手なミチコさん。

わかる~。そういう人多いと思う。

でも「やる!」と決めたら不思議と協力者が現れます。
その他にもミチコさんのチャレンジは続き、あるインターネットモール「自分の手作り作品を出品したい!」チャレンジ❗

それこそパソコンの設定とか色々あるんじゃないの❓

ミチコさんの前に大きく立ちはだかる“パソコンという壁”
まずは仲間についてきてもらってパソコンを購入❗
モールの看板や登録設定も続々と仲間が協力してくれて、遂に目的達成❗

オープンできたのね❓凄い❗

ミチコさんの《思い》に、ついつい周りが動きたくなったのでしょうね。

素晴らしい体験❗

そのプロセスの中でミチコさんはふと思います。
実はミチコさんには不登校、引きこもりのお子様がいらっしゃいます。
ミロスを知ってからでも、なかなか子どもに変化が表れないことに、どこかモヤモヤを感じていました。

たしかに「不登校だった子どもが学校に行った」「引きこもりの子どもが働き出した」という実証例はたくさんあります。

ミチコさんは、ミロスで自分ごと(子どもの問題)を終わらせようとしていた、ということに気づきます。

目的はそこじゃない❗ってことね❓

「目の前に映る動かない子どもは、私自身の姿」と捉え、
「私の体験を伝えていこう!」と考え方をシフトチェンジ❗

「伝える!」と決めたら体験は必ずやってくる❗

ある時近所のよく行くケーキ屋さんの奥さんと立ち話。
するとそこの娘さんが不登校だと打ち明けられ、それからケーキ屋さんに行く度に子育て相談をされているミチコさん❗

早速体験がやってきたわね。

まだミチコさんのプロセスは途中ですが、「伝えることが私の使命」と決めた彼女は
「後はプロセスを楽しむだけ」…と輝いた毎日を送っておられます。

苦手意識に勝った❗エゴに勝ったミチコさん。

皆さまも今後、もし目の前に「苦手だな…」と思う事象が現れた時、
この実証例を思い出してチャレンジしてみませんか❓

そのプロセスの中に自分の得意とする“種”がありますよ♪

ミロスのシステムがあれば、どんな関係性も必ず変わります!
ミロスに出合い、全く生まれ変わってしまったミチコさん!!
過去も未来も変えてしまう、ミロスシステム!
あなたにも同じ新次元リアリティが起こります♪

⬇︎それでは詳しくはこちらから、どうぞ!⬇︎
苦手なことは得意なこと~チャレンジしたことで掴んだもの~

 プロフィール紹介

落語や漫才など、根っからの“お笑い”好きが高じて、2009年に漫才コンクール“M-1グランプリ”に挑戦するも、スベリまくって予選敗退。幸せや成功を求めて、宗教を学び、自己啓発、成功哲学と頑張ったのですが、結局何もかもうまく行かず、ついには1回目の結婚生活までもが破綻。トホホ…。「俺の人生スベリまくりやないか~い!」そこからミロスに本気で向き合い、なぜ今までうまく行かなかったのかを理解。「これしかないやん!」と無我夢中で実践し、講師にもなり、その後キャサリンと出会い再婚!二人の子供との父子家庭生活にピリオドを打ちました。今では家族ぐるみでミロスを学び、ようやく本当の幸せを手にすることが出来ました!キャサリンと二人の掛け合いが “夫婦漫才”のようだと言われる“スベらない”このシリーズ、どうか楽しんでおくれやす!

長年、化粧品の代理店をしていた時に、母の介護がきっかけで、訪問介護事業所の経営に切り替えて、二人の子どもを育てあげました。ミロスに出会って、嫌いだった母との関係性を修復。最後まで自宅で実母を看取ることができました。母がまだ元気な内に、2011年に、当時中学2年の女の子と小学4年の男の子を連れたシャラクと再婚。今、夫と共に同じ職場で働き、ステップファミリーとして、2度目の子育てを奮闘中!体験談紹介している私が一番、感動で泣いてます!自称、神戸のマダムです。

この記事のカテゴリー

特集記事

特集記事

ミロスの魅力をご紹介するための特集記事です。

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!