MIROSS ACADEMY

  1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 特集記事

  4. 毎日が新次元リアリティ!

一覧へ戻る

二人の話題はいつも新次元リアリティ。新次元リアリティをこよなく愛しているシャラク&キャサリン 夫婦が、熱く、楽しく語ります!

京都府にお住まいのヨシコさんの新次元リアリティを、シャラク&キャサリンで紹介しま~す!!
今日のキーワードは【抵抗感】です!

何歳からでも人は変われる~舅・姑・夫への抵抗感が消えた~

今日ご紹介するのは、長年にわたって、に対して抱いていた抵抗感が、
ミロスに出合いシステムを理解したことで、その抵抗感感謝に変わった~❗…という実証例なのです。

《嫁姑問題》ならぬ、《嫁VS舅・姑・夫問題》やね(笑)

笑い事ではないけどね(笑)
今年でなんと御年83歳を迎えられたという今回の主人公のヨシコさんは、
今から約60年前にお見合い結婚をされました。

60年前か…東京オリンピックが開催される少し前…昭和の勢いのある時代ね…。

大阪から京都に嫁いできたヨシコさんは、夫とその両親との同居生活がスタート❗
その中で今でも思い出したらムカつく❗という嫌~な思い出のベスト3~❗

ベストと言うより、ワースト3じゃない❓(笑)

その1❗京都の味付けに慣れないヨシコさんが出す料理に、「水くさい!」「水くさい!」と何度も連発するその姿に、ヨシコさん「なんでやねん!」

関西では「味が薄い」ことを「水くさい」と言いますからね~。
でも…1回言うたら分かるっちゅうねん!

キャサリンまで怒り出しました(笑)
その2❗ある日、ヨシコさんとと二人でデパートに買い物に行った際、可愛らしい食器をに購入。
ところが、翌日になるとなんとその食器がない❗

が食べた❓

なんでやねん!…って俺が言うてどうすんねん。
気に入らなかったのか❓まさかのが黙ってデパートに返品に行ったというのです❗
ヨシコさん「なんでやねん!」

それは可愛そうやね…。

その3❗結婚して初めて授かった長女
母の愛情をもって育てようとするヨシコさんに「私が育ててもいいよ」と言ってきた。
何も言わない夫に「なんでやねん!」

色んな「なんでやねん!」が飛び出しましたね~。

3つ目のエピソードにヨシコさんはキッパリと断ったそうです。
しかしその後長男次女と出産し、その子育てに忙しくなり、長女は姑になついてヨシコさんの言うことはあまり聞かなくなったそうです。

そうか…。

いつしかとの関係性も悪くなり、家庭崩壊の危機を感じたヨシコさんは、宗教にも拠り所を求めた時期もありました。しかしその後、76歳にしてようやくミロスに出合います❗

間に合って良かった~❗

に感じる抵抗感拒絶感を、カリキュラムを通して一つひとつ見ていきました。

頑張れ~ヨシコさん❗

すると、「私の肩を持ってくれなかった」としか夫には映ってなかったが、
中立な立場で家族を見守ってくれた男性の愛を夫に感じることが出来たヨシコさん。

「なんでやねん!」から「そうやねん!」に。

寂しさ、そして「認めて欲しい」という思いが、
どちらもヨシコさんのものと一致したとき、憎かった感謝が湧いたといいます。

京都に嫁いできた時のヨシコさんの“寂しさ”、その中で「認めて欲しい」と頑張った姿を、
舅が映し出してくれていたんやね…。

ミロスに出合った当時は病気がちだったヨシコさんでしたが、今ではとっても健康になり、
カリキュラムの受講や、ラボの活動など益々精力的なヨシコさんです❗

何歳からでも人は変われる❗

何をするにも遅すぎるということはありません❗

タイミングは、今、この時です❗是非本編をご覧ください♪

ミロスのシステムがあれば、どんな関係性も必ず変わります!
ミロスに出合い、全く生まれ変わってしまったヨシコさん!!
過去も未来も変えてしまう、ミロスシステム!
あなたにも同じ新次元リアリティが起こります♪

⬇︎それでは詳しくはこちらから、どうぞ!⬇︎
何歳からでも人は変われる~舅・姑・夫への抵抗感が消えた~

 プロフィール紹介

落語や漫才など、根っからの“お笑い”好きが高じて、2009年に漫才コンクール“M-1グランプリ”に挑戦するも、スベリまくって予選敗退。幸せや成功を求めて、宗教を学び、自己啓発、成功哲学と頑張ったのですが、結局何もかもうまく行かず、ついには1回目の結婚生活までもが破綻。トホホ…。「俺の人生スベリまくりやないか~い!」そこからミロスに本気で向き合い、なぜ今までうまく行かなかったのかを理解。「これしかないやん!」と無我夢中で実践し、講師にもなり、その後キャサリンと出会い再婚!二人の子供との父子家庭生活にピリオドを打ちました。今では家族ぐるみでミロスを学び、ようやく本当の幸せを手にすることが出来ました!キャサリンと二人の掛け合いが “夫婦漫才”のようだと言われる“スベらない”このシリーズ、どうか楽しんでおくれやす!

長年、化粧品の代理店をしていた時に、母の介護がきっかけで、訪問介護事業所の経営に切り替えて、二人の子どもを育てあげました。ミロスに出会って、嫌いだった母との関係性を修復。最後まで自宅で実母を看取ることができました。母がまだ元気な内に、2011年に、当時中学2年の女の子と小学4年の男の子を連れたシャラクと再婚。今、夫と共に同じ職場で働き、ステップファミリーとして、2度目の子育てを奮闘中!体験談紹介している私が一番、感動で泣いてます!自称、神戸のマダムです。

この記事のカテゴリー

特集記事

特集記事

ミロスの魅力をご紹介するための特集記事です。

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!