MIROSS ACADEMY

  1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 特集記事

  4. 毎日が新次元リアリティ!

一覧へ戻る

二人の話題はいつも新次元リアリティ。新次元リアリティをこよなく愛しているシャラク&キャサリン 夫婦が、熱く、楽しく語ります!

鹿児島県にお住まいのRさんの新次元リアリティを、シャラク&キャサリンで紹介しま~す!!
今日のキーワードは【思いを伝える】です!

過去の傷とパターンの解放~思いを素直に伝えること~

突然ですが、キャサリンは普段から思ったことを相手にちゃ~んと伝えられていますか❓

う~ん…私はお喋りな方やから、結構話せていると思うけどなぁ…。
あ、いや❗やっぱり遠慮して肝心なことが言えてないなぁ…。

え❓遠慮してるの❓それで❓

そうそう…って、いや「それで❓」ってなによっ❗

失礼、失礼(笑)
今回の主人公のRさん、ある友人から「会って色々と話したいね」と連絡があり、
久しぶりに対面で会って、女性同士で会話に花を咲かせていたときの出来事なんですね。

コロナ禍で直接会えない時期が長かったもんねぇ…。

Rさんの友人に対するイメージは「人に対して丁寧な関わり方をする人」で、
そんな彼女をRさんは羨ましく思っていました。

ちゃんとしている人…っていう感じがします。大切なことですね❗

会話が始まり、しばらく友人の話を聴いていたRさんは途中で「ん❓」と思いました。

どうしたの❓

話があっち行ったり、こっち行ったり。
表面的な話だけで彼女の思いがなかなか伝わって来ないのでした。

友人から「話したいね」と誘ってくれたのにね。

もちろん色んなことを喋ってくれているんですけど、どの話もその核心に触れていない感じ。

分かるぅ~私もそうかもしれへんわ…。

そう❓そ、そういうことにしときましょか。
Rさん、そこは流さずしっかりキャッチ❗そして彼女のパターンを解放していきます❗

凄い❗これがほんまの“キャッチ&リリース(解放)”やね♪

うまい❗
友人の彼女はとっても無邪気な女の子。ある時身近な人に「無邪気ほど人を傷つける」と言われて以来、彼女は無邪気さを封印してしまったのです。

マイナスと同時にプラスも失くしてしまったのね…。

両方あって良いんです❗
そんな友人の《過去の傷》を発見。「人を傷つけるのが怖くて核心に迫れなかったのか…」
Rさんはそんな彼女の気持ちに寄り添った瞬間、自分とも一致させたのでした。

自分と一致❓ということは、Rさんも同じパターンだったってこと❓

そう❗プロセスこそ違うけど、Rさんが社会人として働いていた時代に、“処世術”として身についていた
「言葉を選び、相手の思いを汲む」という意味では友人と同じパターンだと理解したのです。

Rさんは友人と同時に、自分のパターンも発見し解放したのね♪

ともすると、何気なく流してしまいがちなこの話。
視点のある者同士、流さずキャッチ&リリースできたことは素晴らしかったですね❗

あ、私の使ってる❗
でも「思いを伝える」って簡単なようで難しい。そんな時は《ミロス ヒアリング》がお薦めです❗

普段無意識に抑圧している《あなたの思い》を吐き出すことで見えてくるパターン
受け取る訓練をした講師が「自分ごと」として受け取ってくれますよ❗

なんだか最後は《ミロス ヒアリング》CMみたいになってしまいましたが(笑)

なんともスムーズに(笑)
是非Rさんの本編をご覧いただき、《思いを伝える》大切さを感じてみてください。

あなたの《思い》伝わっていますか❓

ミロスのシステムがあれば、どんな関係性も必ず変わります!
ミロスに出合い、全く生まれ変わってしまったRさん!!
過去も未来も変えてしまう、ミロスシステム!
あなたにも同じ新次元リアリティが起こります♪

⬇︎それでは詳しくはこちらから、どうぞ!⬇︎
過去の傷とパターンの解放~思いを素直に伝えること~

 プロフィール紹介

落語や漫才など、根っからの“お笑い”好きが高じて、2009年に漫才コンクール“M-1グランプリ”に挑戦するも、スベリまくって予選敗退。幸せや成功を求めて、宗教を学び、自己啓発、成功哲学と頑張ったのですが、結局何もかもうまく行かず、ついには1回目の結婚生活までもが破綻。トホホ…。「俺の人生スベリまくりやないか~い!」そこからミロスに本気で向き合い、なぜ今までうまく行かなかったのかを理解。「これしかないやん!」と無我夢中で実践し、講師にもなり、その後キャサリンと出会い再婚!二人の子供との父子家庭生活にピリオドを打ちました。今では家族ぐるみでミロスを学び、ようやく本当の幸せを手にすることが出来ました!キャサリンと二人の掛け合いが “夫婦漫才”のようだと言われる“スベらない”このシリーズ、どうか楽しんでおくれやす!

長年、化粧品の代理店をしていた時に、母の介護がきっかけで、訪問介護事業所の経営に切り替えて、二人の子どもを育てあげました。ミロスに出会って、嫌いだった母との関係性を修復。最後まで自宅で実母を看取ることができました。母がまだ元気な内に、2011年に、当時中学2年の女の子と小学4年の男の子を連れたシャラクと再婚。今、夫と共に同じ職場で働き、ステップファミリーとして、2度目の子育てを奮闘中!体験談紹介している私が一番、感動で泣いてます!自称、神戸のマダムです。

この記事のカテゴリー

特集記事

特集記事

ミロスの魅力をご紹介するための特集記事です。

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!