1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 特集記事

  4. 毎日が新次元リアリティ!

一覧へ戻る

体験レポート紹介

毎日が新次元リアリティ!感謝なんて知らなかった!~脱・悲劇のヒロイン~

二人の話題はいつも新次元リアリティ。新次元リアリティをこよなく愛しているシャラク&キャサリン 夫婦が、熱く、楽しく語ります!

愛知県にお住まいの、Yさんの新次元リアリティを、シャラク&キャサリンで紹介しま~す!!
今日のキーワードは「感謝」です!

感謝なんて知らなかった!~脱・悲劇のヒロイン~

突然ですが、日本人が好きな言葉ランキングの第1位❗ってなんやと思う?

好きな言葉?…え~っと…あ、わかった!
「全集中の呼吸!」?

「禰豆子(ねずこ)~!お兄ちゃんだよ~!!」…っていや、
それはそれで好きな人もいるから、間違いとは言い切れないだろう!…時を戻そう!

だって空前の『鬼滅の刃』ブームだから、今アンケート取ったら1位かもよ?😄

たしかに、悪くないだろう!…っていうか、この調子だと時間がなくなりそうなので
答えを言うと、1位は「ありがとう」です!

感謝の気持ちを表す言葉「ありがとう」。これって言った方も、言われた方も気持ちがいいもんね!

まさに【平和の言葉】と言えるかも知れませんね!…ということで今回は、
ある女性👩の体験を通して、皆様に『本当の【感謝】とは何か?』を知っていただきたいと思います👍

本当の感謝?…ってことは…ニセの感謝があるってこと?

ニセというと語弊がありますが…【上辺だけの感謝】という表現ならいかかでしょうか?

なるほど!それなら思い当たる節がある方も多いと思います♪

ですよね?今回の主人公、Yさんはある時「あなたは一度も感謝をしたことがないね」と、
思いがけない言葉を講師にかけられ「ドキッ❣」としました。

それは図星だったってこと❓❓

最初は「まさか!そんなことはない!」と、Yさんは葛藤したと思うのですが、
最終的には「本当にそうだ!」と腑に落ちたのです。

「まさか私が!」これぞ反転世界からの脱出の感覚!👍

Yさんの父は常に母に暴力をふるい、それをただただ我慢するしかない母の口癖は
「私には学がない」でした。彼女はそんな両親を嫌って生きてきました。

自分の内側の男性性と女性性…。
それを否定するということは、自分を否定しているのと同じ…。

当時はそんな事を知る由もありません。彼女は「私は不幸、私は苦しい、私は辛い」「なんでこんな家に生まれてきたの?」
と文句ばかり。それは結婚💒して、子ども👶が出来ても変わりませんでした。

そうかぁ…システムがなければ、人間の思考パターンはそう簡単には変えられないものね…。

しかし彼女はミロスに出合い、これまでの全てを【片側】だけしか観ていなかった👀ことを理解します。

「○○してもらっていない」ことにフォーカスすると「○○してもらった」という、もう【片側】を観れないものね。

Yさんのこれまでの人生を視点から観た時、両親にも、ご主人やお子様といった家族にも全てに愛❤されていた!
と、全体性を見ることが出来、本当の【感謝】をようやく感じることが出来ました。
と同時に、これまでの【悲劇のヒロイン】から抜け出すことが出来たのです。

【悲劇のヒロイン】は、それまでの彼女にとって居心地が良かったのね♪

そういうことですね。すぐに入り込んでしまう“エゴのカプセル”のようなものです♪

でも今回のケースは共感出来る人は多いと思いますよ。

皆さんも【感謝】について今日は一度じっくりと考えてみてはいかがでしょうか❓

是非Yさんの本編をご覧いただき、あなたの大切な人に【感謝】を伝えてはいかがですか?

ミロスのシステムがあれば、どんな関係性も必ず変わります!
ミロスに出合い、全く生まれ変わってしまったYさん!!
過去も未来も変えてしまう、ミロスシステム!
あなたにも同じ新次元リアリティが起こります♪

⬇︎それでは詳しくはこちらから、どうぞ!⬇︎
感謝なんて知らなかった!~脱・悲劇のヒロイン~

 プロフィール紹介

落語や漫才など、根っからの“お笑い”好きが高じて、2009年に漫才コンクール“M-1グランプリ”に挑戦するも、スベリまくって予選敗退。幸せや成功を求めて、宗教を学び、自己啓発、成功哲学と頑張ったのですが、結局何もかもうまく行かず、ついには1回目の結婚生活までもが破綻。トホホ…。「俺の人生スベリまくりやないか~い!」そこからミロスに本気で向き合い、なぜ今までうまく行かなかったのかを理解。「これしかないやん!」と無我夢中で実践し、講師にもなり、その後キャサリンと出会い再婚!二人の子供との父子家庭生活にピリオドを打ちました。今では家族ぐるみでミロスを学び、ようやく本当の幸せを手にすることが出来ました!キャサリンと二人の掛け合いが “夫婦漫才”のようだと言われる“スベらない”このシリーズ、どうか楽しんでおくれやす!

長年、化粧品の代理店をしていた時に、母の介護がきっかけで、訪問介護事業所の経営に切り替えて、二人の子どもを育てあげました。ミロスに出会って、嫌いだった母との関係性を修復。最後まで自宅で実母を看取ることができました。母がまだ元気な内に、2011年に、当時中学2年の女の子と小学4年の男の子を連れたシャラクと再婚。今、夫と共に同じ職場で働き、ステップファミリーとして、2度目の子育てを奮闘中!体験談紹介している私が一番、感動で泣いてます!自称、神戸のマダムです。


FBページへのいいね!もお願いします!

この記事のカテゴリー

特集記事

特集記事

ミロスの魅力をご紹介するための特集記事です。

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!

友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e