1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 受講生の体験談

  4. “憎しみあった元夫への感謝状”

一覧へ戻る

“憎しみあった元夫への感謝状”

mystory

(O・Mさん 50代女性 広島県在住)

離婚した元夫への怒りが消えることがなかったけれど、親として、こども達の幸せを願う気持ちは同じもの。
ミロスシステムを知り、あんなに自分とは思えなかった元夫のことを理解した瞬間、今までの嫌悪感が消えました。
元夫に感謝を素直に伝えることができ、感動の結婚式があげることが出来て、素晴らしい一日を過ごすことができました。


『憎しみあった元夫への感謝状』

元夫が自分だなんて絶対に思えない‼︎
思いたくない!!
そう抵抗し続けてきた自分が、息子の結婚式を機に、元夫のことを自分の鏡として受け取れた!!
これはもう奇跡でしかありませんでした。

離婚して7年。それまでにも娘の結婚もありました。
鬱が酷くなっていた元夫から結婚式には行けないと言われました。
娘が泣いてお願いしても、
「震えるから、人には会いたくないから」と断り続けられました。
ミロスには既に出会っていたので、最後の最後になってようやく出席すると言うミラクルも起こりましたが、私の中では、まだまだ嫌悪感は残ったままでした。

ミロスを知って自分を知っていくたびに、「自分」から解放されていく感覚はありました。
ですが、この度の息子の結婚式の5日前にきた元夫からのメールは、「自分が子ども達の幸せを1番考えてる人」
おまえのやってることは子ども達を混乱させる。
何も話すな!何も関わるな!
とそんな押しつけに聞こえるくらいの内容に私の怒りのスイッチが速攻オンになり、すぐにでも反撃のメールをしたいくらいになりました。
今まで良い妻として生きていたので怒りを露わに出したことなんてなかったです。
怒りに蓋をしていたことも気づかなかったぐらいです。

自分の感情に翻弄され、何がなんだか分からなくなり、元夫に対してどうやってやっつけようか!ぐらいしか頭にはなかったのでした。

「このままでは無理!」誰かに聞いてもらわないと
この状況から抜けられないと思い、親友に元旦那から来たメールをそのまま読み、私の怒りを受け取ってもらったおかげで少し冷静さを取り戻しました。
その時に、これは乗り越えられない出来事じゃない。
いよいよ…
「本当に自分に向き合う時がきたんだ」ということを教えてもらいました。

それでも私のエゴは、「向き合いたくない‼︎見たくない!!知りたくない!!」その抵抗感は半端なく襲ってきました。
相手に何を感じるかなんて、この人に関してだけは何も感じたくない!!メールを読み返すなんて無理!!…でも結婚式は迫っている。
私が向き合わない限り、息子の結婚式を心から祝えない。
だってあいつに会うから笑顔になんてなれないし行きたくない。
でも、このままじゃ…

この押し問答にグルグル頭は回るばかり。
助けを求めてミロスの仲間に話を聞いてもらいました。
「助けて!!」本当にそんな気持ちでいっぱいでした。
話を聞いてもらっている中でハッキリとわかっていったことがありました。
それは元夫からのメールで何を感じるのか?
そこからしか自分を知ることはできないということを今まで聞いてきたはずだと言う事。
そして私は絶対に自分を無視しない!!そう決めることができたことでした。
すると再び元夫からメールが来ました。
私に対して素晴らしく頑固な思い込みと後悔だらけでした。元夫は自分の生きてきたことを全て否定していました。
目に映る全てをジャッジ! そのまんま返したい!!
「やっぱり私しか映らんのじゃ!」と…
元夫からのメールは生きているのがつまらなかった過去の自分を見せてくれました。
現象に惑わされていることも知らず、本質を分かっているフリをしていた自分。
人にどう思われるかばかり気にしていた自分。
平行線だと、諦めていた自分。
全てを諦めていた自分。

私そのものでした。
自分と元夫がようやく重なりました。
「そのまんま私」自分しか映ってないと感じました。

そして、子どもを手放す寂しさや、子どもの幸せを願う親の気持ち、心配して当たり前だし、離れて暮らすぶん、私より寂しさを感じているんだと、初めて感じることが出来ました。
一緒なんだと受け取れました。私が感じていたことと一緒だったんだと…

その寂しさは私の両親とも重なりました。反対されて結婚した私。
幸せになって欲しいと強く願う両親の気持ち、寂しさ、心配な気持ちを追体験した感覚でした。

あれだけ「元夫と一緒」という言葉を使いたくなかったのに、素直に一緒の気持ちだったんだと受け取れた瞬間でした。
嫌いだ嫌いだと元夫にフォーカスして張り付いていた抵抗感がなんだったかを知りました。
その瞬間、私と元夫が重なり私しか映っていない!!
私しかいないんだ!お帰り、戻ってきたね。

そんな感覚になり、元夫に感じていた嫌悪感が全く無くなっていました。
この気づきがあって私は心から結婚式に行きたいと思えたのです。
長男の結婚式は私達元夫婦が結婚式をした場所。
「離婚したのにそこでええん?」と息子に聞いたら、
「ええよ、そんなの関係ないよ。一緒に見に行って嫁さんも気に入っとるし、気持ちのいい場所や」と言われました。

友達が言ってくれたのですが、
「結婚式をそこに選んだってことは、離婚したけど、親として認めてくれたってことじゃない?そして、その事はこれで良かったって…自分にオッケー出せたってことじゃない?」
とやっとそのことも腑に落とせた瞬間でもありました。

そしてまた元夫からメールが来ました。
でもそこには攻撃的でもなくただただ優しく穏やかな父親の顔を見ることができたメールでした。

結婚式は本当に感謝と感動の1日でした。
帰りには交通費と食事代まで出してくれました。
そして自宅に帰ってから仲間に子ども達とその従姉妹が写った写真を見せた時、その写真を見ながら、一緒に過ごした、家族でいた頃のことが思い出されて来ました。
一緒に子どもを愛し育ててきてくれたこと、優しさでいつも共にいてくれたこと、本当に素敵な家族だったんだとそう心から感じることができました。

この感謝を伝えたい!!と思い

「いろいろあったけど、家族を思う気持ちは一緒だったんだね。」
と素直に書くことができ送りました。
子ども達を誇りに思い、その子ども達の親であることを誇りに思いました。
住むところはバラバラだけど、また一つの家族に戻れた一日となりました。

愛していたことが反転して憎しみに変わり、離婚。
ミロスのシステム通り、自分を知ることで元夫への憎しみは消えました。
今まで私は、私が隠していた自分をみようとしていませんでした。ミロスでなければ決して知ることはできませんでした。
仲間がいなければ気づくこともできませんでした。
全てに感謝です。


FBページへのいいね!もお願いします!

この記事のカテゴリー

受講生の体験談

受講生の体験談

プログラムを受講してどう変化したのか?寄せられた体験談をご紹介!

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search

LINE@

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

友だち追加