MIROSS ACADEMY

  1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 特集記事

  4. 毎日が新次元リアリティ!

一覧へ戻る

二人の話題はいつも新次元リアリティ。新次元リアリティをこよなく愛しているシャラク&キャサリン 夫婦が、熱く、楽しく語ります!

広島県にお住まいのTさんの新次元リアリティを、シャラク&キャサリンで紹介しま~す!!
今日のキーワードは【緩む】です!

娘が教えてくれたこと~本当に救いたかったのは私自身だった~

今回ご紹介するのは「娘をなんとかしたい!」
娘さんの異変を察知したお母さんが取った行動は、娘に感じたことをただただ自分に向け、受け取っただけ。
すると、娘さんは何事もなかったように元気な姿に戻った❗という実証例なのです。

お母さんにとってみれば、さぞかしご心配だったでしょうね。

そうなんです。
異変に気づいた今回の主人公のTさんは、娘から話を聞こうとするも
「今はほっといて!」
と感情をあらわにし、泣き叫び、取り付く島もありません…。

お母さん、どうして良いかわからないよね❓

そして「どうせお母さんにはわかってもらえない!」
この娘さんの一言で、Tさんの中で何かが弾けたのでした。

実践スタート❗…っていう合図だったのかな❓

かも知れませんね。
実は娘さん「死にたい」という言葉を口にされるなど、親にとったら動揺してしまう状況。
「娘をなんとかしたい!」Tさんはふと、そんな感情に駆られました。

親なら誰でもそう思うはず❗

しかし、ミロスの視点を持ったTさんは
「目の前の状況は、私の何を映し出してくれているのか❓」
ということを、カリキュラムを通じて冷静に受け取って行きました。

「なんとかしたい!」と思っても「なんともならない」のが現実…。

娘さんが放った「わかってもらえない」という言葉。
それはご主人、勤務先のスタッフや生徒さんからも聞く言葉だったのでした。

Tさんは、そんな周りの“鏡たち”から何を受け取ったのかな❓

「わかってあげられない」という自分に対してジャッジし、罪悪感を持っていた…ということにまず気づいたのです。

そうか❗
「わかってあげるのが良くて、わかってあげられないのが悪い」というジャッジね。

そう、そんな彼女のバランスを娘さんが映し見せてくれていたのです。

体を張ってお母さんに教えてくれていたんやね…(泣)

そして「死んでしまうのではないか?」とまで感じた娘の姿は
「まるで死んだように生きていた自分の姿そのものだった」ということもまた受け取ったのでした。

なるほど❗「なんとかしたい、救いたい」という思い、それは…。

そう、「もっとも自分自身が救われていない」というTさんの無意識が、
バランスを取ろうと外側に対して「なんとかしよう」とする…。
その仕組みを理解したのでした❗

相手をどうにかするのではなく、自分に向けるだけ。
で、どうなったの❓

なんとあれほど暴れていた娘さんの「死にたい」という自殺願望は消え、
まるで何事もなかったように元気にイキイキと学校へ行き始めたそうです❗

やった~♪

こうして、自分を固く縛り付けていたものが緩み、解けていったTさんでした。

でも、親子のコミュニケーション。まずはここからよね♪

そうですね。
こうしてTさん自身が解放されると、娘さんはもちろん、ご主人や勤務先のスタッフ生徒さんまで、
と~っても、い~感じで緩んでいったそうですよ。

素晴らしい❗この続きは是非本編で♪

ミロスのシステムがあれば、どんな関係性も必ず変わります!
ミロスに出合い、全く生まれ変わってしまったTさん!!
過去も未来も変えてしまう、ミロスシステム!
あなたにも同じ新次元リアリティが起こります♪

⬇︎それでは詳しくはこちらから、どうぞ!⬇︎
娘が教えてくれたこと~本当に救いたかったのは私自身だった~

 プロフィール紹介

落語や漫才など、根っからの“お笑い”好きが高じて、2009年に漫才コンクール“M-1グランプリ”に挑戦するも、スベリまくって予選敗退。幸せや成功を求めて、宗教を学び、自己啓発、成功哲学と頑張ったのですが、結局何もかもうまく行かず、ついには1回目の結婚生活までもが破綻。トホホ…。「俺の人生スベリまくりやないか~い!」そこからミロスに本気で向き合い、なぜ今までうまく行かなかったのかを理解。「これしかないやん!」と無我夢中で実践し、講師にもなり、その後キャサリンと出会い再婚!二人の子供との父子家庭生活にピリオドを打ちました。今では家族ぐるみでミロスを学び、ようやく本当の幸せを手にすることが出来ました!キャサリンと二人の掛け合いが “夫婦漫才”のようだと言われる“スベらない”このシリーズ、どうか楽しんでおくれやす!

長年、化粧品の代理店をしていた時に、母の介護がきっかけで、訪問介護事業所の経営に切り替えて、二人の子どもを育てあげました。ミロスに出会って、嫌いだった母との関係性を修復。最後まで自宅で実母を看取ることができました。母がまだ元気な内に、2011年に、当時中学2年の女の子と小学4年の男の子を連れたシャラクと再婚。今、夫と共に同じ職場で働き、ステップファミリーとして、2度目の子育てを奮闘中!体験談紹介している私が一番、感動で泣いてます!自称、神戸のマダムです。

この記事のカテゴリー

特集記事

特集記事

ミロスの魅力をご紹介するための特集記事です。

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!