1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 特集記事

  4. 毎日が新次元リアリティ!

一覧へ戻る

体験レポート紹介

毎日が新次元リアリティ!“自分さえ我慢すれば”という生き方に隠されたもの~自己犠牲の終焉~

二人の話題はいつも新次元リアリティ。新次元リアリティをこよなく愛しているシャラク&キャサリン 夫婦が、熱く、楽しく語ります!

島根県にお住まいの裕菜さんの新次元リアリティを、シャラク&キャサリンで紹介しま~す!!
今日のキーワードは「我慢」です!

“自分さえ我慢すれば”という生き方に隠されたもの~自己犠牲の終焉~

小さい頃ね、親によく「我慢しなさい!」って言われませんでしたか?

言われた、言われた~😆特にオモチャとかを買って欲しい時に、母親は決まってこう言ってましたね(笑)

いわば親の常套句のようなものでしょうか?(笑)でもまぁ、そういう時ならまだしも、「我慢が美徳」という生き方になっている人は要注意⚠かもしれませんよ!

え?どういうこと❓❓

つまりね、「私さえ我慢すれば…」という自己犠牲を良しとして生きている人にはパターンがあり、そこには大きな落とし穴があるのです!…ということで今日はそんな人生のパターンに気づき、過去の嫌な出来事が一瞬で変わってしまった!という女性の体験を紹介しま~す!💪

そんな生き方してる人多いと思うよ~。「波風立てるくらいなら、私さえ我慢すれば良いんだ…」ってね。

そうそう!まさにそれ!👍今日ご紹介する裕菜さんもそんな生き方をして来た女性👩でした。

昭和な生き方よね~。

いえ、二十代なので平成の女性👩です、余裕で平成ですよ👍

若っ!😱どうやら生き方のパターンに年齢は関係なさそうね。

裕菜さんのご両親は、彼女が中学2年生の時に離婚💔。「どちらに着いて行くか?」と問われ、幼い弟👨と決めたのは父の方でした…。

そんなこと、子どもに聞いたらアカ~ン!💢世の中の親御さん!「お父さんとお母さん、どっちが好き~?」なんてことも、冗談でも聞いたらあきまへんでー!💢

あぁ…たしかキャサリンは「小さいときに親からそう聞かれて困った…」って言ってたもんね。急にスイッチが入ったようで(笑)で、裕菜さんはなぜお父さんを選んだかと言うとね、家庭🏠の事を思っての決断だったそうなんです。

家庭🏠のこと?

はい。父方の祖母と同居していたのですが、父と祖母がしょっちゅう激しい喧嘩をしていて、「私と弟が母親に着いてこの家🏠を出てしまったら、父と祖母だけになり、この家庭は崩壊してしまう」と思って、父を選んだというのです!

なんとまぁ、健気な女の子だこと…😥😥

裕菜さんはここでも「私さえ…」と思ったのでしょうね。その後も家庭🏠で何かある度に、弟も幼いから「私が頑張らないと!💪私さえ…」と、常に自分のことを後回しにする人生でした。

まるで“平成のおしん”ね…😭

ところが!彼女はミロスに出合い、それが自らの手によって作っていた人生のパターンだった!というまさかの事実を理解したのです。

ホント、まさかのパターンね!

彼女は常に「無能、無価値、不安定」な人や、状況を目の当たりにし、その度に「私が頑張らないと!」と思って頑張って来た。それこそがパターンだったのです!

言い換えれば、裕菜さんは「無能、無価値、不安定」を嫌って生きてきた…ってこと?

そうなんです!嫌って、抑圧したものこそが目の前に現れる…現れたらまた嫌い、頑張る…そしてまたそれが更に目の前現れる…というこの繰り返し。

むしろ裕菜さんの思考パターンがその状況を創り出していた…まさしく自作自演ね。

そんな自分自身のパターンに気づいた彼女は「私、アホじゃん!」と笑えた😁と同時に、過去の嫌な出来事や人物が感謝に変わったのです!

過去の人生を滑稽に思え、笑える😁ってまさしく高次元ね!

しかもそのパターンは裕菜さんのお母さんもまったく同じでした。

代々受け継いで来た負のパターンを、裕菜さんが代表して終わらせたのね!この続きは本編で是非!

ミロスのシステムがあれば、どんな関係性も必ず変わります!
ミロスに出合い、全く生まれ変わってしまった裕菜さん!!
過去も未来も変えてしまう、ミロスシステム!
あなたにも同じ新次元リアリティが起こります♪

⬇︎それでは詳しくはこちらから、どうぞ!⬇︎
“自分さえ我慢すれば”という生き方に隠されたもの~自己犠牲の終焉~

 プロフィール紹介

落語や漫才など、根っからの“お笑い”好きが高じて、2009年に漫才コンクール“M-1グランプリ”に挑戦するも、スベリまくって予選敗退。幸せや成功を求めて、宗教を学び、自己啓発、成功哲学と頑張ったのですが、結局何もかもうまく行かず、ついには1回目の結婚生活までもが破綻。トホホ…。「俺の人生スベリまくりやないか~い!」そこからミロスに本気で向き合い、なぜ今までうまく行かなかったのかを理解。「これしかないやん!」と無我夢中で実践し、講師にもなり、その後キャサリンと出会い再婚!二人の子供との父子家庭生活にピリオドを打ちました。今では家族ぐるみでミロスを学び、ようやく本当の幸せを手にすることが出来ました!キャサリンと二人の掛け合いが “夫婦漫才”のようだと言われる“スベらない”このシリーズ、どうか楽しんでおくれやす!

長年、化粧品の代理店をしていた時に、母の介護がきっかけで、訪問介護事業所の経営に切り替えて、二人の子どもを育てあげました。ミロスに出会って、嫌いだった母との関係性を修復。最後まで自宅で実母を看取ることができました。母がまだ元気な内に、2011年に、当時中学2年の女の子と小学4年の男の子を連れたシャラクと再婚。今、夫と共に同じ職場で働き、ステップファミリーとして、2度目の子育てを奮闘中!体験談紹介している私が一番、感動で泣いてます!自称、神戸のマダムです。


FBページへのいいね!もお願いします!

この記事のカテゴリー

特集記事

特集記事

ミロスの魅力をご紹介するための特集記事です。

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!

友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e