1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. インタビュー

  4. 運命は遺伝する

一覧へ戻る

講師インタビュー

運命は遺伝する

世間では、今や女性のみならず、男性営業マンからもカリスマ的存在として注目を浴びている経営コンサルタントの和田裕美さん。彼女は、多くのビジネス書を出版し、その人気は絶好調で、累計が100万部を超えるベストセラー書をバンバン世に送り出しているという。見た目は普通のOLタイプの彼女。しかし外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、プレゼンしたお客様の95%から契約をいただく圧倒的な営業力で、日本トップ、世界142カ国中2位の成績を収めたという。彼女に憧れ成績を伸ばそうと頑張る女性がいる一方、最近のインターネットにはこんな悩みも多く見かける。「男勝りに営業してきた私は、これからどうなるか不安でしょうがない。。。」という働く女性からの悩みだ。結果を出せないと言っては悩み、結果を出したと言ってはまた悩む。人間のこの悩み、この闘いは、いったい何時になったら終わりを迎えるのだろう。 男勝りに仕事をこなし、同期の中でも常にトップクラスの成績を残してきた経験を持つ田坂美紀講師も、かつては世の働く女性と同じ渦の中にいた。彼女はMIROSSと出合い目の前には自分の知らない“本当の自分”が映し出されているという【この世の仕組み】を理解し、なぜ強い生き方を選んだのか、そのからくりが紐解けたという。そこにはいったいどんな秘密と幸せが隠されていたのだろう。

『男性はいないのか?責任者を呼んでくれ』

大手生命保険会社で企業保険事務担当になった田坂講師は、持ち前の根性でバリバリ仕事をこなし、本社や全国の支社に居る同期の中で常にトップクラスの評価を受けていたという。

白黒ハッキリさせないと気が済まない。負けず嫌いで、やりだしたらトップを目指す。MIROSSを知る前の私を簡単に表現するとこんな感じですかね(笑)

私は物心ついた時からおてんばで、男の子と遊ぶ方が楽しかった子でした。中学時代の部活はソフトボール部、1年生の時から県大会にも出場し4番でサード。典型的な元気印の子どもが、そのまま大人になっていきましたから就職してからも同じ調子。男勝りに仕事をこなし何百人も居る同期の中でも常にトップクラスの成績を残していました。

とにかく負けず嫌いだったし、その分人一倍、責任感も強いほうだったと思います。「部下のミスは、私のミスです」と頭を下げてきましたから、仕事的には認めてくれる人も多かったですよ。企業相手の仕事は、扱う額も大きくて、『男性はいないのか?責任者を呼んでくれ』という社長様もおられましたけど、そのたびに「責任者は私です」と男性に負けじと仕事していました。だから甘ったれた女子は苦手、頼りない男子はもっと苦手でしたね(笑)

そんな私が結婚すると、家の中には男らしい主人と、男になんて元々頼る気のない私がいて、常に主導権争いをしているような状態。命令なんてされたくないし、私のやり方を邪魔されたくない。幼児教室を経営する傍ら家事や育児やもちろん、家庭の中の力仕事も「私に任せて!」と一切頼らないんですね。たまに体調を崩したときですら、弱音を吐くなんて私の辞書にはありませんから、ここでも頑張ってしまう。いや、頑張るというか、それが“私”と思い込んでいましたからダンナに甘えることもなく切り盛りする自分をカッコイイとすら思って生きていました。若かったですね(笑)

でもね、やがて気づくんですよ。自分の心の中には常に満たされない何かがあって、たとえ、私の主張が通っても、人から「凄いね」と評価されても、どこか心は満足していないって。

不幸じゃないのに、幸せじゃないんですよ!!え?なんで?って…これにはびっくりでした。

「運命は遺伝する!?」-人生に潜むトリック!とは

原因はアイツだ!これが悪い!あれが悪い!敵がみつかれば戦ったり、相手を叩きのめしたりすることもできるでしょうが、不幸じゃないのに幸せじゃないと気づいてしまった彼女。そんな時MIROSSを知って、なぜ自分の人生が戦う人生なのか?なぜ幸せを満喫して生きられないのか?そこには人間がはまっているトリックがあると知ったのです。

MIROSSに出合ったとき私は、右脳開発幼児教室のフランチャイズオーナーをしていました。オーナーとして各地の勉強会に精力的に出かけている中でMIROSSに出合い“目の前の出来事には自分の知らない自分の情報が映し出されている”というこの世の仕組みを知りました。

今まで、どんな能力開発のお話しを聞いても、どこか悶々としていた私に初めて答えらしい答えがやってきたという感じがして、ミロスの世界に飛び込みました。

一般的に人間の人格形成の基礎は、幼い頃の親との関わり方や躾次第だといわれていますよね。ですから私も我が子の幸せを願い当時最先端と噂されていた幼児教室を経営していたのです。でも、MIROSSのシステムを理解すると、その“親と子の関係性”にこそ、その後の人生を左右する大きなトリックが隠されていたと解ったのです。

トリックを暴く第一歩は、父と母をMIROSSのシステムにあてはめ紐解くことでした。私たち人間は父と母という両極とも言える男と女から綺麗に半分ずつエネルギーを引き継いで“私”という身体で存在しています。ですから父と母をどう見たか?で人生の初期設定をし、その後の人生を歩んでいる…言い換えると、父と母を理解していけば“うまくいかない人生のトリック”から抜け出すことができるという仕組みになっていたのです。

私の場合、男勝りな生き方を選んだベース、それはシステムどおり幼いころに初期設定がされていました。私は温和で優しい父と、何事にも積極的で新しい物好きの母の間に長女として生まれました。私が2歳のとき弟が生まれたのですが、弟は大きく産まれてちょこんと座ってバンザーイってやっただけで「健康優良児」として表彰されてしまうほど運の良い子だったんです。私は物心ついた時には、すでに「何かしないと姉として認めてもらえない」と思い込んで、何でも一番にできないとダメなんだと頑張って生きる生き方を選んでいたように思います。

親から見れば何でも良くできるお姉ちゃん。スポーツもできる、弟も守る、何でも一番になれば愛してもらえる!という幼い頃の小さな思い込み。

私はシステムで紐解いたとき初めて認めたんです。私はこれまで〝強い自分を演じて生きていたんだ”と。演じていた…ということは、この男勝りの私こそが、偽物で、本当はとてもとても弱い存在、その弱さを隠すための強さなんだと。はっきりシステムで解ったのです。

そして父や母の生き方も、よくよく紐解くと私と同じ様に祖父母達に愛してもらえる生き方を無意識に選び、幼い時に初期設定していたと解ったのです。

男勝りと呼ばれた生き方を選んだ本当の理由

“目の前の出来事には、自分の知らない自分の情報が映し出されている”というこの世の仕組みを知った彼女は、どんどん自分の根源に興味が湧いてきたという。

私は以前「不幸じゃないのに、私って幸せじゃなかったんだ!!」と知って、結構びっくりだったんですね。そして、うまく行かない人生はシステムで紐解けると知らされ、ワクワクしながら紐解いていったら今度は「弱い自分が根源!?」って解って…え-?まさか!!って…かなり驚きました。

システムを知らなかったら、絶対に弱い自分なんて認められなかったと思います。だって弱い私なんて生きて行く資格がない!!というくらいの勢いで抵抗して頑張って生きていたんですから。でもシステムは私を裏切る事はありませんでした。私がこの根源を理解し受け入れたとたん、目の前に見える現象、家族、友人どんどんその状況が変化していくのです。

私は、自分をもっと知りたくてどんどん紐解いて行きました。 強い自分をよしとして弱い自分を否定した生き方、その人生をひとつひとつシステムで紐解くと、時には今にもポキッと折れそうだった本当の私自身を発見し、心の底から癒やされ同時に私がはまり込んでいた“幸せを感じられない罠”から自分を救いだす事が出来たと感じることができたのです。

そして、このシステムさえあれば、たとえどんな状況の人でも、この世の仕組みを紐解き本当の自分を知ることができる。そして、その瞬間、誰からも愛され自由に楽しい毎日を手に入れることが出来ると確信したのです。

ちょうどそのころ受講生の方を前にMIROSSのシステムの話をしていた私に、ある記憶が蘇りました。

それは、幼い時の誕生日。もうすぐ弟が産まれるということを、どこか受け取れずにいたであろう私は、母親を取られる恐怖からか、せっかく用意してくれたプレゼントのおもちゃを振り回して母の顔にぶつけてしまったのです。

当たり所が悪かったのか、喜んでくれなかったことが悲しかったのか、母はぽろぽろと涙を流して泣き出してしまったのです。生まれて初めて見た、母の涙。元気な明るい母が泣くなんて…幼い私が初めて罪悪感を持った瞬間。楽しいはずの誕生日を悲しい記念日にしてしまった悪夢の様な記憶。あの悲しみは、何だったのか…今でも思い出すだけで泣けてしまうほどの記憶。その、本人の私が忘れていた記憶が蘇った時、初めて本当の自分に出合う入り口が見えたような気がしました。

人間は、忘れてしまいたい思いを心の奥に封印して成長しています。無意識に男勝りと呼ばれるほど頑張る生き方を選んだ根源…それは、幼い頃私が心の奥底に封印してしまった「私を愛して」という心の叫びでした。それだけではありません、よくよく母を見て見ると、父方の祖母や主人の母…みんなみんな、少しずつ現象は違いますが、先祖代々続く「頑張る女性の心の叫び」それは「私はここよ、私を愛して」だったのです。

講師からのメッセージ “そのままでいい…あなたはオンリーワン!”

白黒ハッキリさせないと気が済まない正義感。常に何かを目指して頑張って世間的な評価もいただいた…。それなのに、なぜか達成感も満足感も一瞬で消え、また闘いの日々…。「私、いつまで戦うの?もうこんな “戦う人生”は嫌だ!」と、もし今あなたが感じているのなら、今すぐ本当のあなたに出合いましょう。誰かと戦うこと…それは、自分の隠した自分と戦うことだったのですから。自分の中の闘いをやめたとき、あなたは “ナンバーワン” として生きるのではなく “オンリーワン” として生きはじめます。もはや周りの誰とも比べることもなく、戦うこともありません。

この世には、今まで私たちが誰からも教えてもらえなかった仕組みがあったのです。自分の内なる二つのエネルギーが対立し、葛藤を引き起こして苦しんでいただけだったのです。運命の本当の意味、そしてMIROSSのシステムを知れば、たとえどんな運命でも思い通りに作り変えていくことができます。目の前に現れる事象の一つ一つが「本当の自分を知るプロセスだった」と分かります。

システムで紐解き、今の問題を超えたとき、あなたは内側から溢れる愛で周囲を優しく抱擁していることでしょう。それが本来、すべての人間が生まれながらにして約束されている “本当の幸せ” なのです。

今、私達に必要なのは、この代々続いてきた古い生き方である「嫌っていた自分との闘い」をやめ、本来のあるがままの姿に皆で戻っていく知性ではないでしょうか。

ミロスアカデミーでは世界で初めて、その方法をお伝えしています。


FBページへのいいね!もお願いします!

この記事のカテゴリー

インタビュー

インタビュー

インタビュー形式でお届けする講師や受講生の『変容』のストーリーの数々。

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!

友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e