MIROSS ACADEMY

  1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 受講生の体験談

  4. 良い子のフリはやめました!〜他者基準を手放す〜

一覧へ戻る

若い女性

良い子のフリはやめました!〜他者基準を手放す〜

他者基準の中で「自分を愛したいのに愛せない!」と自分自身を完全否定したからこそ、完璧主義に走るしかなかった彼女。「何の為に生まれてきたのだろう?」と自問自答の中、絶対に受け取れないと思っていた、周りにいい顔しまくりの母に対する苛立ちが止まらず、こんな女にはなりたくないと言う怒りでいっぱいでした。しかし「何かをしないと愛されない=ありのままの自分は愛されない」という自己犠牲の母の叫びは、愛される為に認められる為に生きている自分の姿と一致した時に母の苦しみも理解できました。


『良い子のフリはやめました!〜他者基準を手放す〜』

(Kさん 40代女性 東京都在住)

わたしは、バリバリの他者基準の中で生きてきました。人の顔色をみて、言いたいことすらコロコロ変えてしまう。わかっていながらも、いい子のフリはやめられない。

ずっとそれをベースに生きてきたので、「自分を愛したいのに愛せない!」強烈な自己否定がありました。

母との関係の中で、たまに思いを表現してみるものの、成果につながるようなことは賛成され、そうでなければ反対される。

頑張っても報われた感がなく、わたしは一体何の為に生まれてきたのだろう?

自分を救いたくて、仕方がなく大量に本を読んだり、セミナー行ったり、海外を放浪したりしました。

それなりに変化は起きるものの、どこか空虚な感じでぼろぼろ・・・。それでも平気なフリをしていて、その思いが消えることはありませんでした。

そんな中で、THE ANSWERをきっかけにミロスを知りました。カリキュラムを受けるごとにたくさんの体験が起きました。

それでも、どこか釈然としない、心から信じれない・・・。

もうMWMコースに行くしかないと決め、母に話してみたところ、直ぐに授業料を用意してくれました。

授業が始まって、授業ひとつひとつが感動でしかなかったです。

しかし、いざ実践となると全くできない。ミロスをすればするほど、完全否定の世界しか見えてこなくなる。やってもやっても変わらない。一生懸命やってもできない。ほとほと自分がイヤになり、ミロスもイヤになって離れた時期もありました。

実家に帰省し、少しはのんびりできる予定だったのに、見るのはずっと嫌ってきた女像の自己犠牲の母。周りにいい顔しまくりで、愛される為に認められる為に生きている姿でした。

こんな女にはなりたくない。

そう思って、自分でちゃんと立てるよう頑張ってきたのに・・・もう、目の前から逃げるのはやめようと、覚悟を決めました。

絶対に受け取れないと思ってた母に対する気持ち。苛立ちが止まらず怒りでいっぱいでした。その怒りでいっぱいの自分に嫌悪していることもしっかり逃げずにみていきました。

なぜ、そんなに周りに合わせるのか。なぜ、いいたいことも言わないでいるのか。

怒りもピークに達したころ、ふと思い出したことがあります。長女として生まれ、お姉ちゃんとして呼ばれ、そのまま役割付きな生き方をし、それがいつの間にか、

何かをしないと(提供しないと)愛されない

=ありのままの私は愛されない

という図式が出来上がってたのです。

でも、愛がないと、生きていけないので、口が勝手に「はい。やります。」と言うようになり、存在をそこでしか感じられないので、そこでの評価が全てであり

賞賛される=可愛がられるのパターンを見事に成立させ、それが正しいことのように生きてきました。

全く自分を無視してることに気づけなかった。自分自身を完全否定。だからこそ、完璧主義に走るしかなかったのです。

そんな思いが、ポコンと思い出され

ありのまま愛してほしい。

その叫びが、母の愛されたい叫びと一致したとき母の苦しみを同時に理解できました。

そして、強烈な自己否定から、完璧主義の思考を使い、ミロスというものを理解したがゆえに、全てが完全否定の世界しか見えなく、全てから逃げることしかなかった。

ずっと変わりたい、変われないんじゃないか、その幻想でいっぱいで、でも実は実は、変わる自分が怖くて逃げてた。それだけでした。

役割付きの方が安心できたのです。

自分の思いなど、なきものにしてた方が、安全に生きれると思ってたんです。自分が自分の存在も、思いもなきものにしてた。

そうだったんだ!

全てが解け、自分の扱い、愛のなさがわかったとき、そこで初めて愛するとはどういうことか、これを知ることができました。

愛そうと思っても反転する、愛せない仕組みの中にいた。システムから見れたとき、父も母も誰も悪くなかった。ただただ、そのまんま愛されたかった。

自分を完璧主義の枠に入れて、愛する道から逃げてたのは、わたしだったことに気づきました。

わかってもらえない孤独のカプセルに入り、コミュニケーションも取りたくない。誰もわかってくれない。

でもでも、そう思い込んでたのはわたしだけで家族はずっと見ててくれたこと。

友達も。愛する人も。

この投稿をするにあたり、母と話したところ、MWMコースはどうしても出さないといけない!

強く思ったそうです。

引きこもりがちなわたしが、自分を知るため、ミロスに行く姿をみて妹は安心したと言ってました。

そして、周りに合わせてばかりの自分に、意志なんてないと思ってたけれど、自分を知りたい強烈な思いがありました。

ない、ないと自己否定ばかり増してたけれど意志力があったこと。

ちゃんとあったのです。同時存在で。

全てのプロセスは完璧で、わたしは愛そのものだと知りました。

システムを理解した先には、自分を愛していく感謝の領域しかなく、愛の領域に入って、いますごく楽ちんで楽しく、幸せです。

父と母を選んで大正解でした。


FBページへのいいね!もお願いします!

この記事のカテゴリー

受講生の体験談

受講生の体験談

プログラムを受講してどう変化したのか?寄せられた体験談をご紹介!

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!

友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e