MIROSS ACADEMY

  1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. コンシェルジュのジュ

  4. オープンスクールが開催されました!

一覧へ戻る

こんにちは。ミロソフィア広島の岡田です。
秋から冬へ、紅葉の頃ももう過ぎてそろそろ初霜の頃ですね。 朝の冷気に身の引き締まる想いです。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

ミロソフィア広島では、11月19日(日)にオープンスクールを開催しました。 その模様をお伝えします。

司会者のミロスアカデミー誕生の軌跡から始まったオープンスクール。松本典子講師からは絶対平和の生き方を自ら創っていけるというミロスの魅力を、体験を通してライトな感覚で、お話しいただきました。続いてミロスウィズダムマスター(MWM)コースを受講されたO・Kさんの体験発表がありました。そして長澤良講師よりミロスの基礎であるミロシィングの説明があり、ミロシィングなどを受講されたM・Nさんに体験をお話しいただきました。

ミロスアカデミーのカリキュラムを受講された方は、どのような体験をされたのでしょうか。 当日お話しくださったことをご紹介します。

◆ ミロスウィズダムマスター(MWM)コースをオープンスクールの前日に修了されたO・Kさんの体験発表です。

いろいろなことがあり、お手上げの時にミロスと出合い、どんどんと触れているうちにいろいろなミラクルが続いて起きました。 ミラクルがなぜ起きるのかわからないままにミロスウィズダムマスター(MWM)コースの受講を決めたら、お金の準備もあっという間にできて受講をすることができました。

通い始めてからも、まず大嫌いな母を大好きだったという気づきがありました。 母は、3つ下の弟ばかりをかわいがっているように見えていました。私に対しては1から10まで管理し、命令し、私は母の奴隷のように感じていたのです。通う学校は全て母が決め、私は母に従いながら陰で反抗するような行動をとっていました。

講義とカウンセリングを受ける中で、それは私が勝手に思い込んだ世界で、自分の片側だけしか見ていない世界で生きてきたことだということがわかりました。1から10まで母に自分だけを見てほしいと思っていたということがわかり、母が私にした行動は自分がのぞんでいたことだとわかりました。 そのとき「ママ大好き」と言い続ける娘に、本当は「母のことが大好き」といつも思っていた自分の姿を見ることができました。

その後に絶対にあるはずのなかった母の日記とアルバムが出てきました。 そこには「かわいい、かわいい女の子。Kちゃんが生まれてどんなに嬉しいか」と私のことをどんなに愛しているかが延々とつづられていました。アルバムにも、母に抱っこされた写真ばかりがありました。 母に愛されていたことに気づいたときにアルバムも現れ、私の過去も全て変わりました。

そして、さらなる気づきがありました。別れた夫も、私と全く同じ道を歩んでいたということです。 姑は、とてもうるさい人で1から10まで別れた夫に指示をしていたのですが、私も姑と同じ行動を夫にしたために、破局をむかえていたのです。私と夫は同じ痛みに苦しんでいたんだと授業を受けたことでわかりました。 家に着いたときに、別れて一度も連絡をくれなかった夫からメールが届いていました。そこには「今まで何もしてあげられなくてごめんね。これからは、ちゃんと仕送りするからね」と書かれていました。一度も養育費などの仕送りしてくれなかった夫が、それ以降、定期的に振込みをしてくれるようになりました。

そして私は「愛を受け取る」と天に叫びました。母が好きなものが嫌いだと思っていたのですが、母のことが大好きなら母の好きなものも好きで、本当に好きなものの中で暮らしたいとオーダーしました。そうしたら、大好きな家具も知らない人からいただきました。 誕生日に本当に好きなものは何だろうとオーダーしたら、スイートルームと豪華な料理で娘と過ごすことができました。最近では、娘と一緒にミロスセミナーにも参加しています。娘に対する管理をやめたら、娘は自分の好きな道を歩むことになりました。

なぜこんなにミラクルが続くのか、昨日のミロスウィズダムマスター(MWM)コース修了の日まで全然わかっていませんでしたが、昨日の最後の授業を受講してやっとわかりました。それは、思考で生きている私がいくら努力してもダメだった。全てのミラクルを起こしてくれていたのは新しい視点で生きる「本当の自分」だったということでした。ミロスに出合ったことで、新しい視点で自分自身を知っていく人生に変わりました。

 

◆ ミロシィングを受講されたM・Nさんには、長澤講師のインタビューで体験発表をしていただきました。

長澤講師:ミロシィングを8月に受講されましたが、いかがでしたか?

Mさん:毎回45分でセミナーより短い時間でどうなのかと思っていましたが、45分が楽しくて、あっという間に過ぎていく感じでした。 4回目の講義のときに「現在(いま)」にミラクルを起こすパワーがあると聞いて「現在(いま)」というところをすごく意識するようになりました。過去でも未来でもなく「現在(いま)」だからできる「現在(いま)」だからここにパワーがあるというのをすごく感じました。自分には、なりたいものがあったけど、すでになっているというところに到達できたことがすごく大きな収穫でした。

長澤講師:ミロシィングの講義を受けていろいろな体験をされたと聞いています。特に「現在(いま)」というパワーをつかんで体験があったんですよね。

Mさん:ちょうど受講した時期に私は、挑戦したいことがありました。小学校4,5年ぐらいから、小説家になりたいという夢があったんですが、挫折や諦めで、なかなか投稿できませんでした。受講している最中にやりとげたいという気持ちが溢れてきて、投稿することができました。今までできなかったことに達成感を感じました。

長澤講師:他にもいろいろなカリキュラムを受講され、変化があったと聞いていますが、どのようになられたのか教えていただけますか。

Mさん:はい。私は、生まれた時から身長が低く、手も小さいんです。先天的にこういう病気を持って生まれてきていましたが、小学校5年生ぐらいから身長がとまりはじめて、周りはどんどん伸びていくのに、私の身長はとまってしまったという身体的なコンプレックスがありました。 カリキュラムを受講していくうちに、他の人にはできないことで、自分にできることが、いろいろあったんだというプラスな面も見ることができました。そして自分のことを認めてあげられるようになったことで、コンプレックスが消えていきました。 その他、弟とのおりあいが悪く20年間憎しみ合ってきました。 カリキュラムを受講していく中で、自分の思い込みが外れていくと弟に対する憎しみも消えて、今では尊敬できる存在に変わりました。 いろいろな嫌なことを、いままでは人のせい、世の中のせい、自分を責めるなどでかたずけていたのですが、ミラクル☆カウンセリングなどを受講するうちに思い込みが外れていって、目の前の人を自分と同じように見られるようになりました。そうすると見る世界が全く変わってしまい、目の前の人が感謝の対象に変わりました。自分自身を知っていき自分が幸せになっていったら、その体験を伝えていくことができるようになりました。 すばらしい、楽しい、面白いしかないので、どんどんこれからも受講していきたいと思います。いま「どんなコンプレックスをかかえていようと、このミロスで終わります!」と皆さんに胸をはって、お伝えすることができます。

参加の皆さまは、オープンスクールの一日を、感動、歓喜につつまれた会場で、思う存分に楽しんでいらっしゃいました。
◆ このような感想もいただいています。

●体験者のミラクルを一緒に喜び感動できました。参加できて嬉しかったです。
●いろいろなカリキュラムについて、わからなかったものが理解できました。
●体験談が、凄かったです。聞くことができてよかったです。

いかがでしょうか。 オープンスクールは、全国各地の拠点でも開催しています。

具体的なカリキュラムの説明だけでなく、修了生や受講生、講師の人生が変容した体験の話から、システムを体感していただけます。ぜひお近くの拠点で、ご参加ください。

この記事のカテゴリー

コンシェルジュのジュ

コンシェルジュのジュ

オープンスクールや修了式、その他カリキュラムなど、全国のミロスアカデミーでのできごとをコンシェルジュが発信します!

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!