1. Home
  2. 中村 達也
  3. お伝えしていること

私が嫉妬をテーマに講演活動を始めたのは・・・

芸能界には “共演NGリスト” といわれるものが存在するといいます。過去の人間関係から想定して、起こりうるトラブルを避けるために、そのような配慮がなされているとのこと。そのトラブルの中心に渦巻くのは “嫉妬心” です。

私たちは、日頃、意識するしないにかかわらず、実にさまざまな場面で誰かに嫉妬し、トラブルを引き寄せています。たとえ「私は嫉妬でトラブルなんて起こしたことがない」という人でも、子どもの頃は兄弟に、学校ではクラスメイトに、大人になってからも同僚やご近所の方に…さまざまな場面で嫉妬を体験しているはずです。

私が嫉妬をテーマに講演活動を始めたのは、自分自身が強烈な嫉妬に苦しんだ経験を持っているということに加え、これまで人生で体験してきた辛い出来事が、この嫉妬のエネルギーと深く関わっているということをミロスシステムに出合うことで知ってしまったからです。

私は嫉妬を作り出す根源的なものが存在すること、この世には嫉妬が原因で思ってもみないトラブルが起こっていること、そして、この苦しみの渦から脱出できる方法があることを理解しました。

男性は、嫉妬している自分を決して認められない生きものです。本当は嫉妬していると心の底でわかっているのに、その矛先を何か別のことにすり変えて周りの人に八つ当たりしたり、ときには、嫉妬していることすら気づけずにイライラして暴言を吐いたり…。もし男性がその仕組みを理解して嫉妬を捉えることができたら、世の中は大きく変ることでしょう。

これまで人間は、「人生がうまくいかないのは誰かのせいだ」と思い込んで生きてきました。しかし、ミロスシステムを知り、新次元の知性を持つことで、全ての人間関係において互いがなくてはならない存在であることが分かります。それは、人間がすべての “関係性” というものを超え、進化する時がやって来たことを示しているといえるでしょう。

戻る