1. MIROSS Academyトップ
  2. 講師紹介

  3. 平本 朝美 講師

平本 朝美
平本 朝美Tomomi Hiramoto

宝飾品販売、ネイリストを経て、ミロスアカデミー講師となる。 幼少の頃、父の酒乱・母に対するDVなどを観て成長、やがて両親は離婚。自身の結婚でも壮絶な葛藤、パートナーとの解り合えない関係が続く。何処かに答がないか模索する中「人生を再生するシステム」MIROSSに出合う。真実の結婚、そして男と女の間に隠された秘密を知り実践する事で、自身の家族、パートナー、両親、全ての観ている世界を根底から変容させる体験をする。現在はシステムを知れば人生は必ず変えられるという壮大なMIROSSの世界を、自身のミラクル体験を通して全国に伝えている。神奈川県在住、二児の母である。 ◆ブログ【どうしても離婚だけは避けたいあなたへ】

“愛してるよ” …夫のひと言で激変した家族

崖っぷちの男と女の関係に奇跡が起きる

過去に話題となった純愛小説『世界の中心で愛を叫ぶ』は300万部のベストセラーとなり、映画化されて社会現象まで起こしました。
歴史はどんどん移り変わりますが、太古の昔から人間が探し求める “真実の愛” はいつの時代も手に入れられないもののひとつだといえるかも知れません。
「この人なら」とすべてを委ねて結婚したのに、気がついたときには、出口がみつからない絶体絶命の夫婦になっていた、ということも世間では珍しくありません。
しかし、ミロスシステムによって男と女の関係性に隠された秘密を理解したとき、どんなに破滅的な状況でも一瞬で変容します。離婚寸前で毎日泣いて暮らしていた妻に、ある日突然、夫が「愛してるよ」と声を掛けてくれる ─ そんなあり得ないミラクルが当たり前のように起こります。
ミロスシステムは、これまでの愛の概念を完全にくつがえす、まったく新しい思考システムなのです。

平本 朝美がお伝えしていること

「幸せになりたい」と思いが強いほど、大きく反転する

現在、日本の離婚率は3組に1組、欧米では2組に1組が離婚をしていると聞きます。ここ数年の司法統計によると,離婚の申立理由は男女ともに “性格の不一致” がダントツの1位だと言います。その割合は、驚くことに男性の約6割,女性の約4割にも達します。

離婚する人の半分が「性格が合わない」ことを理由にしていますが、そもそも、生まれも育ちも違うわけですから、性格やものの考え方、価値観が一致しないのは当然です。そんな “自分とは違う部分” も含めて相手に惹かれて結婚したはずです。ではなぜ愛し合って結婚した2人が、歯車が合わなくなり、別れを選択しなければならないのでしょうか。

私は、子供の頃から両親の不安定な関係性の中で傷つき、気がつくと、いつも親に愛されるためにどうしたらいいかを基準に生きる、そんな子どもになっていました。しっかり者で両親の喧嘩の仲裁に入ったり母の愚痴を聞いてあげたりしながら、無意識に誰かに嫌われる恐怖を必死に隠していたような気がします。

12歳のとき、両親が離婚しました。私はてっきり母と弟と新しい生活を迎えるのだと思っていたのですが、母は身体の弱い弟だけを連れ「あなたはしっかりしているから大丈夫」と家を出てしまったのです。そんな体験をしていますら、後に母と弟と三人で暮らすことになっても、心のどこかに「私は邪魔者なんだ」という愛されない思いが重く心にのしかかり、ことあるごとに “愛されていない” という状況ばかりを拾っては自分を責めるような生き方をしていました。

「私さえ産まれて来なければ母はこんなに苦労しなかった」と自分を消してしまいたい ─ そう思うある一方で、「自分が結婚した時は絶対に幸せになりたい!絶対に離婚だけはしたくない!」という、相対する思いもありました。この二つの思いを同時に抱えて成長していったのです。

やがて「この人なら!」と、すべてを委ねる男性が現れ結婚しましたが、あれほど互いを最高だと認めて愛し合った二人の関係は、あろうことか結婚と同時に冷め始め、子供を授かったにもかかわらず、修復など不可能ではないかと思えるほど悪化していき、出口がまるで見つからないという絶体絶命の危機にまで陥ってしまったのです。「なぜ?どうして?」そんな思いを抱えさまよっていた時、私はミロスに出合い「男と女の間にある仕組み」を知りました。

当時、私と夫は離婚寸前、毎日泣いて暮らしていた私は、藁にもすがる思いでミロスのシステムにひとつひとつの事象を当てはめて紐解きました。そして、見ている事象のすべてが私の心の奥底に潜む “愛されていない” というエネルギーが作り出した世界であって、「絶対に幸せになりたい!」というエネルギーが大きくなればなるほど反転してしまうという “この世のトリック” を理解したのです。

私たちの国は、世界の中でも恵まれた国のひとつです。子どもができたら母子手帳が配布され、さまざまな指導やケアが受けられます。DVを受けている方には、「シェルターに行きなさい」と保護してくれます。でも、夫婦間の心の葛藤は、その分野のエキスパートをそろえている行政でさえも、どうすることもできないというのが現状です。

それは、この世の仕組みを知らずトリックにはまっていることも、そこから抜け出す術すらも教えてもらったことがないからです。根本的に違う男と女、ましてや生まれも育った環境も、考え方も違う人間同士が、システムなくしてうまくいくはずがありません。国も、親も、先生も誰も知らなかっただけ。ですから、誰も悪くないのです。

この世の仕組みを知り、システムにあてはめて実践をはじめると、ひとつ、またひとつ、と謎が紐解けていきます。そして、許せなかった夫のことも、この世から消え去りたいとまで思っていた自分の本当の気持ちも、その根源が理解ができたのです。なぜそうなっていたのかという仕組みが分かるたび、どんどん目の前の環境が変わっていく…そして、とうとう私は本当に手に入れたかった真実の愛に出逢えたのです。

今、私たちは夫婦で講師となり全国でセミナーを行っています。幸せを望んだ私がなぜ幸せになれなかったのか ─ それは、“この世の仕組み” を知らなかったからです。ミロスのシステムを知ればたとえどんな最悪な関係性でも諦める必要がないと伝えています。この組み合わせだったからこそ本当の愛を育んでいける最愛の関係性に変えることができる!今、大勢の方々が、上手くいかなかった夫婦関係を最愛の夫婦関係に変えています。

メッセージを送る

下のフォームから講師宛に応援のメッセージなどを送ることができます。
受講された感想や、その後の変化などのご報告もお待ちしております。
皆様のお言葉が講師の原動力となり、講義内容の更なる向上へとつながります。是非ご声援下さい。
(※内容と、お名前をご記入下さい)
投稿者のお名前:全角 例)美呂須 太郎 メールアドレス:半角英数字,記号 例)yamada@miross.jp 内容: