1. MIROSS Academyトップ
  2. 講師紹介

  3. 中澤 朋子 講師

中澤 朋子
中澤 朋子Tomoko Nakazawa

教育者の家庭に育ち、常に正しさを求めての人生。教育大学の美術科を卒業し伝統工芸や美術工房といった「静」の空間から恋愛結婚で嫁いだ先は、自分の生まれ育った環境とは真逆ともいえるほどの言わば「動」の世界。実家ではタブーとされていた事も普通に楽しんでしまうような環境で嫁姑・子育て・パートナーシップ、目に映るものすべてに苦しさを感じ病気やノイローゼも体験。あらゆる癒しを探し求めても癒やされず、心身ともに限界を感じた時MIROSSに出合い「目の前の事象は自分との関係性である」というこの世のシステムを知る。その実践に取り組むと一番見たくないものを見る場所だった家庭が癒しの場に変わり、抵抗し続けたパートナーは“完全なる癒しへの最高の存在であった”ということを体感。これにより、精神的にも肉体的にも、何事も無かったかのように復活。現在は、どんな状況もシステムを知れば一瞬で超えられる事を、MIROSSによって生まれ変わった自身の体験を通して伝えている。京都市在住。

あきらめないで!夫婦のパートナーシップ

パートナーと共に創造する最高に幸せな未来

互いにかけがえのない存在として人生の体験を共にする夫婦。しかし、時が経つにつれて結婚当初の輝きは失われていき、いつしか一緒にいることさえ苦痛になる…。
ミロスシステムは、そんな二人の愛を甦らせるだけではありません。二人で “思いどおりの未来を創造する” 喜びをあなたにプレゼントします。
パートナーシップから遠かった私だからこそお伝えできること…それはこれまでの夫婦の関係性では決して体験できなかったリアルな体験です。

中澤 朋子がお伝えしていること

「夫婦のパートナーシップで無限の創造を楽しむ」

私はほとんどの人がそうであるように、豊かな未来を描いてパートナーと結婚しました。ところが、結婚生活を続けるなかで、さまざまな問題に悩まされるようになりました。

子どもが生まれたらアトピーが発症し、自然育児で根源治療をしようと頑張りましたが、一進一退。そして、ようやくその問題が終わったら、今度は自分が不眠症になりました。

次々とヒーリングなどの治療を受けましたが、一時的に癒されても、しばらくするとまた同じ症状が現れました。嫁姑問題でストレスに悩まされるなかで、甲状腺機能低下や子宮の問題まで抱えることになりました。なんとかしたい…そう思えば思うほど心も体も壊れていくようでした。

このように、パートナーと豊かな未来を思い描いて結婚しても、思い通りにならない日常に翻弄され、目の前の問題解決に気を取られているうちに、いつしか希望を失ってしまうのがこれまでの結婚のパターンではないでしょうか。ではなぜ、豊かなはずの結婚生活が苦しいものになってしまうのでしょうか。

それは、同化と反転という三次元のシステムが、本来完璧なバランスで存在する “関係性” に “思い込み” という幻想の傾きを与えるからです。傷だらけの自分が、その傷を通してパートナーを見ることで葛藤が生まれ、夫婦関係に亀裂が生まれていたということです。

ミロスプログラムは、この同化と反転という三次元のシステムを超えることで、存在そのものを本来のバランスに戻し、人生を狂わせてきた思い込みの世界から抜け出すことを可能にします。

自分自身を俯瞰して見ることができる “視点” を手に入れることで、その傷が幻想であったことが分かったとき、パートナーにも自分にも、もともとそんな傷などなかったということ ─ 2人がもともと完璧なペアとして生まれてきたこと ─ を理解するのです。

そうして女性が本来のバランスを取り戻し自分自身を癒したとき、女性がもつ “育むエネルギー” があふれ出すと同時に、男性も本来の創造性を発揮します。男性性と女性性の融合から始まるミロスシステムの魅力を存分に体験してください。

中澤 朋子のセミナー

あなたの才能と出合う

私のセミナーは、誰もが喜びに満ちた「パートナーと創る未来」に出会えることをお伝えしています。

私たちは、豊かな未来を思い描いて結婚したにもかかわらず、思い通りにならない日常に翻弄され、目の前の問題解決をしているうちに、いつしか描いていた輝く未来を忘れ去ってしまいます。

なぜ、豊かなはずの結婚生活が苦しいものになってしまうのでしょうか。

ミロスシステムは、なぜ思い通りにいかないのか、人間の根源の問題に迫り、命そのものを本来のバランスに戻していきます。自身の体験を含め、さまざまなケースを通して、システムをリアルに体感していただきます。

最新の開催スケジュール

メッセージを送る

下のフォームから講師宛に応援のメッセージなどを送ることができます。
受講された感想や、その後の変化などのご報告もお待ちしております。
皆様のお言葉が講師の原動力となり、講義内容の更なる向上へとつながります。是非ご声援下さい。
(※内容と、お名前をご記入下さい)
投稿者のお名前:全角 例)美呂須 太郎 メールアドレス:半角英数字,記号 例)yamada@miross.jp 内容: