1. MIROSS Academyトップ
  2. 講師紹介

  3. 和田 貴志 講師

和田 貴志
和田 貴志Takashi Wada

父はサラリーマン・母は専業主婦というごく普通の両親の元、2人兄弟の次男として兵庫県神戸市に生まれる。何不自由なく育てられ、日々の生活にも特に問題なく過ごすが、何故か父親には苦手意識があった。大学卒業後、自分の人生に絶えず虚しさを感じていた答えを求め、働きながら8年間の瞑想行をするが答えは見つからなかった。そんな時MIROSSに出合い「人生が虚しく感じる根源」を知る事で、理屈では全く説明のつかない数多くのミラクルを体験。父親との関係も激変し、そしてついには運命の女性をミロスで引き寄せ、結婚へ。「人生には無限の可能性がある」と確信する。 2015年ミロスアカデミー認定講師となり、人生にいつも虚しさを感じている人々に、ミロスシステムと自らの体験をお伝えしている。

幸せを感じられない理由

「私、幸せを感じられないんですが…」 ─ 実はそれ、当たり前です!

ある調査結果によると、約5割の日本人が「普段、幸せを感じていない」うえに、「今後、さらに幸せが減ると思う」と回答しています。
かつての勢いはなくなったとはいえ、現在も世界有数の経済大国である日本。非常に恵まれた環境にありながら、なぜ日本人の多くは幸せを感じることができないのでしょうか。
実はそこには、これまでの私たちには絶対に分かりえなかった驚愕の理由が存在したのです。

和田 貴志がお伝えしていること

日本人の2人に1人が幸せを感じられない

あなたは今、幸せでしょうか?

「健康なら幸せ」「お金があれば幸せ」「人間関係が上手くいけば幸せ」「全部揃っていないと幸せではない」など、幸せの基準は人によってさまざまです。

私は、生きていくうえで幸せを“感じられる”ことはとても大切なことだと思います。

ここに興味深い調査結果があります。2015年に国連でおこなわれた幸福度調査によると、日本は国別ランキングで全158カ国中46位。しかも、先進国のなかでは下から2番目とのこと。かつての勢いはなくなったとはいえ、日本が現在でも世界有数の経済大国であることを考えると、意外な結果ではないでしょうか。

また、国内でおこなわれた別の調査によると、「普段、幸せを感じますか?」という質問に対して、47.8%が「幸せを感じない」と回答。「今後、今よりも幸せを感じる機会は増えると思いますか?」という質問には、42.7%が「減ると思う」と回答。

つまり、日本人の2人に1人が「幸せを感じていない」上に、「今後はさらに幸せが減る」と答えているのです。

もしかすると、あなたやあなたの大切な人も、このように“幸せを感じられない”まま生活しているのかもしれません。

私たちはなぜ、“幸せを感じられない”のでしょうか?

小さい頃からの“虚しさ”や“違和感”

かく言う私も、ミロスに出会うまでは、“幸せを感じられない”人生を送っている一人でした。

私が子ども時代、日本は一億総中流社会と言われていました。私自身、父親が40歳の時に生まれた子どもで、その頃、父が勤めていた会社は安定しており、経済的にほとんど苦労することなく育ちました。また、健康面でも大きな問題はなく、人間関係でも特に問題を感じることはありませんでした。

このように、どちらかといえば恵まれた環境で育ち大きな苦労もなかった私でしたが、どういうわけか、小学4年生の頃には、自分の人生に“虚しさ”や“違和感”をハッキリ感じていたのです。

「あなたは不幸ですか?」と問われたら「不幸です!」と断言はできない。逆に、「あなたは幸せですか?」と問われたら「幸せです!」とも断言はできない。そんな状態です。

そんな “虚しさ” や “違和感” を抱えたまま大人になりましたが、何をしていてもそれが私の心から消えることはありませんでした。

大学時代、私はある一冊の本に出会いました。当時、すでに物質主義的な方向性に限界を感じていて、その本の教えに感化された私は、「汚れている自分の心を変えよう」「心の修練をしなければならない」、「そうすれば、心から幸せを感じられる自分になれるのではないか」と考え、瞑想行を始めました。

瞑想が生活の大きなウェイトを占めるようになり、やがて仕事も辞めました。そして、ついには山籠もりし、体力の限界まで瞑想をおこなうようになっていました。

あるとき、光に包まれる強烈な感覚がありました。そのような体験を重ねていくことで心が美しくなると信じるようになった私は8年間、瞑想行を続けました。

「心は落ち着き、私は清浄になった」…そう思っていた矢先、衝撃的な出来事が起こりました。日常に戻って街を歩いていると、ふとした瞬間に、自分の中から “欲の感情” がマグマのように湧き上がったのです。

その時、分かりました。人生の色々なものを捨て、命がけで山ごもりをしたにも関わらず、自分の心は何も変わっていなかったのです。子どもの頃からずっと抱えてきた “虚しさ” も、自分との “違和感” も消えていませんでした。

心や精神の世界を追究しても、“幸せを感じられる自分” にはなれなかったのです。

幸せを感じられる自分へ

それまでの自分に挫折し社会復帰してしばらくした時、ミロスの存在を知りました。ミロスシステムを学んでいくと、常識では考えられないミラクルがいくつも起こりました。

そうやって信じざるを得ない体験をする中で、この世界がすべて “この世の仕組み” (=システム)で成り立っていることを理解できたのです。

「なぜ、幸せを感じられないのか?」

それは、“本当の自分” で生きていないからでした。

子どもの頃から抱えていた虚しさや違和感、何をしても得られなかった幸福感や満足感も、本当の自分で生きていなかったからだったのです。それどころか、ミロスシステムがなければ “本当の自分” が何を意味するのかさえ分かりませんでした。

ようやく出会うことができた “心の底から幸せを感じられる” 自分 ─ 今の私には、かつて感じた虚しさや違和感はありません。日々、自分を知ることで、幸福感や満足感はもちろん、自分に与えられた無限の可能性を体験する人生に変わりました。


世間には、特に人生に大きな問題がなく、さほど苦労したこともなく、どちらかといえば恵まれている ─ それなのに、心から幸せを感じられない ─ という人がたくさんいるでしょう。

ぜひ、そんな方に “真の幸せ” と、一人ひとりに与えられた “無限の可能性を生きる喜び” を知っていただきたいです。

和田 貴志のセミナー

虚しさの理由

日々の生活では特に問題があるわけではないのに、なぜか心の中に虚しさや、自分の人生に対する違和感がある ─ 世間にはそんな人たちはたくさんいるのではないでしょうか。

私のセミナーでは、そんな “普通の人” に「真の幸せな人生とは何か」をお伝えしています。

ミロスシステムを知っていくと、なぜ自分の心の中に虚しさや違和感があったのかが分かります。むしろ、この世界ではそのように感じることが当たり前であることが明確になります。

その虚しさや違和感こそが、本当の自分で生きていないことを教えるために鳴り続けていたシグナルだったのです。そして、本当の自分で生きることを知れば、そのシグナルは鳴り止みます。

私はこのセミナーが、全く新しい “真に幸せな人生” を手に入れていただくきっかけになると信じています。

最新の開催スケジュール

メッセージを送る

下のフォームから講師宛に応援のメッセージなどを送ることができます。
受講された感想や、その後の変化などのご報告もお待ちしております。
皆様のお言葉が講師の原動力となり、講義内容の更なる向上へとつながります。是非ご声援下さい。
(※内容と、お名前をご記入下さい)
投稿者のお名前:全角 例)美呂須 太郎 メールアドレス:半角英数字,記号 例)yamada@miross.jp 内容: