1. MIROSS Academyトップ
  2. 講師紹介

  3. 中田 幸子 講師

中田 幸子
中田 幸子Sachiko Nakata

旅行会社勤務を経て25歳で結婚。経営者の夫と経済的にも恵まれた環境の中で3人の子どもを授かる。しかし家族の幸せを願い、良い妻、良い母になろうと努力をすればするほど、夫婦関係は崩れ、やがて子どもとのコミュニケーションすらとれなくなる。表向きには幸せな家族を演じていたが、家庭内は殺伐とし、さらに会社は経営危機にまで陥った。なんとか改善しようと心理学やイメージ法を学ぶも事態は悪化。そんな時【新次元思考テクノロジーMIROSS】に出合い“うまくいかないメカニズム”を知る。 現在は、MIROSSシステムで人生すべてが再生された自身の体験を通し「愛される私になる秘訣」を伝えている。

夫の愛を一瞬で取り戻す奇跡

~尽くすほど遠ざかるわけ~

愛し合い、幸せになるために結婚したのに、争い憎しみ合ってしまう。その果てに、愛することも愛されることも諦めてしまう。“幸せな夫婦になりたい” ─ このささやかな願いが、どうしてこれほどまでに叶わないものになってしまったのでしょうか。どうして幸せは、求めるほどに遠ざかってしまうのでしょうか。 それは、本当の結婚を知らなかったからです。いまどんな状況にあろうとも、失った愛を取り戻し、生まれ変わった夫婦として、ともに豊かさに溢れる人生を歩むことができます。

中田 幸子がお伝えしていること

あるがままの2人で愛し合う “本当の結婚” とは

熟年離婚、成田離婚、カジュアル離婚という言葉が流行し、バツ1、バツ2というように簡単に離婚を繰り返す風潮があるなかで、週末婚、卒婚など新しい結婚の形も現れてきました。2000年初頭をピークに離婚率は減少傾向にありますが、家庭内別居、いわゆる仮面夫婦の増加がその要因のひとつであるといわれています。問題が解決し、幸せな夫婦や家庭が増えているわけではないのです。

人は誰しも愛されたい、愛したい、幸せになりたいと思っているはずです。そして、夫婦の形とあり方は夫婦の数だけあるでしょう。しかし、互いに愛し合って結婚し、幸せになるためにさまざまな努力をしているにもかかわらず、男と女はすれ違っていきます。最初はわずかなすれ違いが、激しい憎悪のぶつかり合いになってしまうことも珍しくありません。そしていつしか会話も無くなり、冷め切った形だけの夫婦関係に。

私自身も理想の夫と出会い、理想の結婚をしたにもかかわらず、さまざまな要因で憎しみ合い、何年も冷戦状態に陥っていた時期がありました。子どもたちのためにも離婚は避けたい。でも冷戦状態のまま一生終わるのか?なんとかもう一度愛し合える夫婦になりたいと努力をしていました。同じ体験をしている方がたくさんいらっしゃることは、『愛される秘訣』『魅力的な女性になる』といったタイトルの本が書店にたくさん並んでいることからも分かります。

私たちは理想や目標をもち、それに向かって努力することを良しとして教えられてきました。しかし、その根底には「今の自分では駄目だ」というコンプレックスが隠れています。だからといって、コンプレックスを打ち消すために頑張ることは、結果的にそのコンプレックスを助長する結果になることは、皆さんもすでに体験されているかも知れません。

私も努力すればするほど、夫婦の溝はどんどん大きくなり、さらには仕事も子育ても親子関係も、すべてが上手く行かない八方塞がりに。それでも表向きには幸せな夫婦を演じ続ける…そんな日々に疲弊しきっていました。

そんな中でミロスシステムに出会いました。システムを知ると、一瞬で夫婦関係は再生され、すべてが180度変わり、夫婦で思い通りの人生を歩めるようになりました。

ミロスシステムは、男性性と女性性の根源的な意味合いを明らかにし、これまでにない全く新しい結婚、本当の結婚の在り方を提案します。それにより、エネルギーを失っていた夫婦の関係が劇的に生まれ変わり、2人で思い通りの人生を創造していくことが可能になります。

中田 幸子のセミナー

夫の愛を取り戻したいあなたへ~浮気のメカニズムを知る~

夫婦関係をテーマにしています。愛し合って結婚したはずが、いつしかすれ違ってしまう。

なぜすれ違ってしまうのか?どうすれば元のように仲の良い夫婦に戻れるのか?そして、それを遥かに超えた創造の領域でともに生きることができるのか。

男と女の脳の違い、今までにない結婚の概念を通して、夫婦が再生された様々なケースを紹介しています。夫婦の新しい人生を歩む第一歩となるでしょう。

最新の開催スケジュール

メッセージを送る

下のフォームから講師宛に応援のメッセージなどを送ることができます。
受講された感想や、その後の変化などのご報告もお待ちしております。
皆様のお言葉が講師の原動力となり、講義内容の更なる向上へとつながります。是非ご声援下さい。
(※内容と、お名前をご記入下さい)
投稿者のお名前:全角 例)美呂須 太郎 メールアドレス:半角英数字,記号 例)yamada@miross.jp 内容: