1. MIROSS Academyトップ
  2. 講師紹介

  3. 藤岡 京子 講師

藤岡 京子
藤岡 京子Kyoko Fujioka

結婚後、3人の子供に恵まれ、夫は上場企業のトップの地位に。人から羨ましがられるような理想的な家庭。唯一の悩みは、自身と家族のアレルギー疾患。何とか改善できないものかとさまざまな健康法を試し、仕事にするほど没頭した。持ち前の明るさで健康の仕事も手芸教室も、何をやっても順調。何不自由のない生活を送っていると思っていた時、カルチャーセンターのつもりで入ったミロスアカデミーで“人間は本当の自分をごまかして生きている”と知り衝撃を受ける。MIROSSのシステムで本当の自分を知れば知るほど目の前の状況が変容し、これまで物質的に恵まれても決して埋まらなかった“心の中のモヤモヤ感”が消えてなくなり、更には、なぜそんな人生を歩んでいたのか?その根源まで理解できた。2014年ミロスアカデミー講師となり、現在は関西を中心に各地でセミナーを展開。「決して埋まらなかった心の中のモヤモヤ感…そこには“メカニズム”がありました。“MIROSSのシステム”を知れば、本当の幸せ、本当に満足する豊かな自分と出会うことができるのです」とメッセージしている。兵庫県在住。

やっと見つけた!本当の健康

健康情報に振り回されてきたあなたへ

人は病気を怖れ、西洋医学、東洋医学、自然療法、代替医療を含むありとあらゆる “生きるための” 方法を探究してきました。しかし、そんな努力にもかかわらず、医療をめぐる経済は拡大しつづけ、わが国の国民総医療費をみても30兆円をゆうに越えているのが現状です。なぜここまで健康になるための情報が世間に溢れているにもかかわらず、世の中から病気がなくならないのでしょうか。
皆さんがまったく知らなかった “健康と病気のトリック” をお伝えします。あなたはもう、健康情報に振り回されることはありません。

藤岡 京子がお伝えしていること

“自分との関係性” があなたの健康を決める

人は誰でも健康でありたいと願っているのではないでしょうか。私自身、小さい頃から健康に自信がなかったこと、高校3年生の時に大切な父を病気で亡くしてしまったこと、また、あんなに明るかった友人をあっけなく癌で失ってしまったことにより、常に病気への不安と恐怖がつきまとっていました。次男のアレルギー疾患にも悩み、これも健康にこだわる原因になりました。

経済が潤っても、家族がいても健康でなければ人生は楽しめないと思い込み、病気を嫌い、健康を求めて求めて、ありとあらゆる健康法を探し、こだわり、体質改善に努めたり、環境汚染までも問題ではないかと情報を頼りに試してきました。そして、さらに知識を深めた結果、病気の原因にストレスが大きく関わっていることを知り、ストレスを緩和するセラピーなどへも改善法を求めました。しかし、これだと確信したものですら、次なる問題が表れ100%解決できるものがありませんでした。

本当の健康を手に入れたいと思っていた時に知人を通してミロスシステムに出会い、人間の思考に病気を創り出す仕組みがあることを知りました。
アレルギーは、外からくるアレルギー物質に対して過剰反応することで、自分の細胞が自分の細胞を攻撃する自己免疫疾患であると言われています。それをミロスシステムで捉えると、アレルギーという現象は、“自分が自分を攻撃” していることが外側に映し出されたものだということが分かります。

ストレスの原因もアレルギーの原因も、根源にあるのは “自分との関係性” でした。今まで、私が健康になろうと求めてきたのは、対処法に過ぎなかったのです。

ミロスシステムを通して、あるがままの自分を知ると、“自分との関係性” が変わります。自分自身が自分を認め、愛することができるのです。それは結果として、外側の世界における人との関係性に反映されます。私自身、一瞬の気付きでパートナーとの関係が変容してしまったのです。

私はミロスシステムに出合い、“病気と健康のからくり” を知ることができました。“自分が自分を攻撃” しない限り、人や病気など、外側の世界から攻撃を受けることはありません。病気への不安と恐怖はなくなりました。老若男女を問わず、誰もが “本当の健康” を手に入れることができるのです。私は、そんな時代がすでにやって来たことに大きな喜びを感じています。

メッセージを送る

下のフォームから講師宛に応援のメッセージなどを送ることができます。
受講された感想や、その後の変化などのご報告もお待ちしております。
皆様のお言葉が講師の原動力となり、講義内容の更なる向上へとつながります。是非ご声援下さい。
(※内容と、お名前をご記入下さい)
投稿者のお名前:全角 例)美呂須 太郎 メールアドレス:半角英数字,記号 例)yamada@miross.jp 内容: