1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 受講生の体験談

  4. “娘と共に変容した私!~男性を嫌っていたわけ~”

“娘と共に変容した私!~男性を嫌っていたわけ~”

mystory

(N・Eさん 40代女性 福岡県在住 )

「今のあなたなら、きっとこのミロスの話しが聞けるはずよ!」
幼馴染の友人が、そう言って、私をセミナーに誘ってくれました。その頃の私は鬱気味で体調も悪く、セミナーを最後まで聞けるかどうかわからないほどひどい状態でした。

しかし、セミナーの途中から私は元気になり始め、その日行われた二回のセミナーを最後まで聞くことが出来ました。今思えば、最初からミラクルが起こっていたのだと思います。

その後、Lifeコースやワンデイコースなど、私は立て続けにカリキュラムに触れていきました。そんな中で起こった自分の気づきと変化を、ここでお伝えしたいと思います。

私は2度の結婚と離婚を繰り返し、今は次女と共に実家で両親と生活しています。一人暮らしをしている長女もいるのですが、実は彼女が「性同一性障害」なのではないか、という恐怖を、私はずっと抱えていました。

長女は今まで「男性を好きになれない」「男性は怖くて無理」と言い続けていました。実際、女子大に通っていた頃に、少し男勝りのような女の子とお付き合いもしていました。

同じように「男の人が怖い」と感じている女性が、長女の周りにはなぜか沢山いました。 実は私にも「男性が怖い」と言う思いがありました。今回自分の生い立ちを振り返り、それをしっかり見てみる事にしました。

私は、両親、特に父のことが嫌いでした。それは、傲慢でいつも私たちを支配していると感じていたからです。

わが家では、父が黒だと言ったら黒。酒乱の父に違うとは言えませんでした。そんな生活の中、母はいつもグチグチと、父の悪口を私に言い続けていました。私が父に攻撃されても、守ってくれないばかりか、父への不満を私にぶつけてくる母。
「そんなに嫌だったら、別れたらいいじゃない!」
と母に言ったこともありました。

しかし母は「あなたたちのために、別れられない」と私たちのせいにしたり「世間体があるから離婚できない」と言って泣いているだけでした。

そんな両親の姿に矛盾ばかりを感じ、嫌気がさした私は非行に走りました。暴走族の仲間と遊びまわり、次第に家にも帰らなくなりました。 しかし、そんな時、決まって迎えに来てくれたのが2つ年上の兄でした。同じ環境で育ち、私は非行に走りましたが、兄はいたって普通でした。

「俺がおまえのようにやりたかったんだ !!でも、おまえが先にやったから仕方ないので、俺がおまえを守る」
と兄は言ってくれていました。

3年ほど、そんな生活を続けていましたが、このままではいけないと思い、専門学校に行って「調理師」を目指しました。ちゃんと働いて、実家から出たいという思いがありました。

しかし、調理師免許を取り仕事に就いたものの、簡単に自立することはできませんでした。 結局結婚でしか家を出ることは出来ないのだとあきらめていたところ、当時お付き合いしていた人の子供を身ごもり、私は“出来ちゃった婚”で実家を離れることになります。

ところが、やさしかったはずの彼が、結婚すると酒を飲んで暴力を振るうようになりました。まるで、父を見ているようでした。

さらに「浮気」や「借金」など、次々に問題が起こり、どうして良いのか解らなくなった時に、連れ戻しに来てくれたのは、やはり兄でした 。

そして一度目の離婚。その後の恋愛も、関係が深くなると相手が働かなくなるなどの問題が起こり、なかなかうまく行きませんでした。もう結婚はしない、そう思い始めた頃に、仕事関係で知り合った男性との間に子供ができました。

長女を連れて、二度目の“出来ちゃった婚”。ようやく落ち着けると思ったのも束の間、再婚相手がある日を境に帰ってこなくなります。“覚醒剤所持”で留置所に入っていることがあとで分りました。

大きなお腹を抱え、拘置所に行くと「保釈金の準備をしてください」と彼に言われました。不安と恐怖で、子供が生まれる前に二度目の離婚を決意しました。嫌っていた両親の元へ、戻ることになったのです。

当時の自分を振り返ると、本当におかしくなっていたと思います。二度の結婚と離婚で、どんどん壊れていく私がいました。 今思えば、長女はそんな私をずっと見ていたのです。

娘が小学校の頃、私と父親が物を投げ合うほどのひどい大喧嘩をしたことがありました。その時のことをかなり鮮明に覚えているらしく、母親である私のことを「自分が守らなければいけない」と思ったことを、当時を振り返り、話してくれました。
「あの頃は、ママが怖くて話もできなかった」
と長女に言われました。

その後、私は、もう結婚も恋愛もしない、と決め、長女と次女と三人で幸せになるために仕事を頑張り始めました。これ以上両親に迷惑をかけたくないという思いもありました。

前向きに、明るく頑張っていれば幸せになれる。どんなに辛い事があっても頑張り続ければきっといつか認めてもらえる!
そう信じていました。

最初は、思い通り、頑張れば頑張るほど仕事での目標を達成でき、入社して2年目には、一つの店舗を任せられ店長になりました。

しかしプラス思考でいくら頑張っても、満足することはありませんでした。さらに上を目指し、もっともっとと頑張り続ける日々が続きました。自分では気が付いていませんでしたが、そんな私に、周りにいるスタッフはついていけないと感じていたようです。やがて退職する人が続き、それを上司から指摘されました。

頑張ることがいいと信じていたのに、それを否定され、どうしていいのか分からなくなりました。何をやっても、周りから攻撃されていると感じるようになり、次第に鬱の症状が出始めました。

職場では平気な顔をして笑っているけれど、家に帰ると喋りたくない、食欲もない、何もしたくない、毎日死にたいと思う日々でした。
死にたいほど辛い理由が、実はもう一つありました。それは社長からのセクシャルハラスメントでした。

毎月本社へ会議に行くのですが、会議後の懇親会で毎回必ず隣の席に座らされ、体をさわられました。 怒らせると店長を下ろされる、辞めさせられる、そうなったら生活出来なくなる。子供たちを幸せにできなくなる。我慢することしかできず、ホテルに連れ込まれるというところまで事態はひどくなりました。

心が死んでいきました。

会社を辞めたいけれど、辞めると両親や娘に心配かけるので辞められない。 誰にも言えないまま、5年間我慢し続けました。生き地獄のような日々でした。

しかしミロスに出会って5ヶ月後、やっと頑張ることを手放し、退職する事ができました。私にとって、仕事を辞められたことがミラクルでした。
そしてLifeコースを受講し、そこで両親への想いが解放されていきました。

セクハラを受けた怒りや悔しさ。認めてもらえない、愛してもらえない欠乏感。今まで誰にも言えなかった過去の苦しみを、Lifeコースで講師に聞いてもらいました。

私の話を聞いた講師が
「そんなにお父さんが大好きだったんだね!」
と言ってくれました。

大嫌いだと思ってきた父のことが、実は大好きだった !!!。

驚きましたが 「あっ、そうだったんだ~」 と自然にその言葉を受け入れることができ、涙が溢れてきました。

私は、父を支配的で我儘で私を攻撃する怖い存在だと思い込んでいました。その思い込みですべての男性を見ていたから、男性が怖かった。そして、父と同じような酒乱の男性や、それ以上に私を辛い目に合わせる男性ばかりが、目の前に現れていたのだと知ることができました。

すべては私の思い込みがつくりあげた世界だったのです。

私がミロスのカリキュラムをうけ、変わっていくと同時に、長女にも変化が現れました。

ママが怖くて何も話せなかった、そう言っていた長女が
「今だったら、ママに何でも話せる!」
と言ってくれました。

本当にうれしかったです。

そして、なんと
「私、初めて男性を好きになれた!」 と言ってきたのです。

目の前は鏡、とミロスで教えてもらいました。 私がLifeコースで今まで誰にも言えなかった思いを言うことができ、本当は父が大好きだったことに気づけた事で、娘にも同時に同じような変化が起こったのだと思いました。

今、もう一度結婚してみたいという気持ちになれた私がいます。 ミロスに出会ったことで、私も、娘も、一緒に新しい人生をスタートさせることができました。本当に喜びでいっぱいです。


FBページへのいいね!もお願いします!

この記事のカテゴリー

受講生の体験談

受講生の体験談

プログラムを受講してどう変化したのか?寄せられた体験談をご紹介!

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search

LINE@

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

友だち追加