1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. 受講生の体験談

  4. “なぜ大切な人を愛せないのか?”

一覧へ戻る

mystory

“なぜ大切な人を愛せないのか?”

(F・Yさん 30代女性 静岡県在住)

結婚してから、パートナーを愛せない葛藤、罪悪感を持っていました。
「大切な人を愛せない」というテーマが私にはあったのです。
「なぜ、愛せなかったのか?」を、ミロスのシステムで紐解いていきました。

私の祖父と父は、いつもは無口ですが、口を開けば怒鳴っているように聞こえ、とても怖い存在でした。
体力がなかった祖父と父に代わって、力仕事もほとんどしていた母は、休む暇なく働くことに…。
祖母と母はいつも、祖父と父の顔色を伺い、ビクビクしながら生きていました。

時間やお金にとても厳しい男性の管理下で、母には自由にできるものや楽しみは何もなく、子供の私は「なぜ、お父さんと結婚したの?」と疑問だらけでした。
そんな母の力になりたいと思いつつ、「こんな惨めな人生は嫌だ!」と強烈に思っていました。

父と母との関係に見えるのは、支配と服従。
自己中心的な父に対して自己犠牲的な母。
私はいつも「女は損だ」と思っていました。

年子で産まれた弟にもそれを感じていました。
何もしなくても可愛がられる弟、頑張らないと見てもらえない私。
男だからと手伝いを何も言われない弟、女だからと家事の手伝いを要求される私。
男尊女卑、差別。
手取り足取り尽くされる弟の存在に嫉妬していました。

それを父に訴えれば力ずくで押さえられ、怒鳴りだまらされます。
父のそんなやり方が大っ嫌いでした。
「なぜ、普通に話せないの?なんで毎日怒っているの?」そう思っていました。

父に近づかないことで、私は自分を守り、しかし、同時に父を無視し、自分の中から消し去ることで攻撃を与え続けていました。

私の目に映る男と女は、いつも争い相手を罵倒していました。
愛されないという不足感から相手を威圧し、支配し、押し付けるやり方しか知らなかった父。
愛される価値がないから、相手の言いなりになり、服従することで家族全員を味方につけ、自分の存在を成り立たせていた母。

ワンデイコースで講師から、「お父さんはあなたを愛していたけれど、一度も見ていないのはあなたですね」
と言われた瞬間、号泣で涙が止まりませんでした。

私は、父を通して見てきた、内側に感じる男性性を憎んでいた。
父を知ろうとも思わなかったし、興味が一切なかった。
そうしなければ、生きられなかった。
そして、母を通して見てきた、内側に感じる女性性の惨めさを許せなかった。
男性性を憎み、女性性を許せず、両方の存在をなくしていたのです。

私は、パートナーという大切な人を愛せず、ずっと苦しんできました。
しかし、愛することを許してしまうこと、知ろうとすることは、私にとっては負けを認めることでした。
負けを認めた瞬間、この私という自我は存在できなくなると思っていました。

男性の支配、威圧感への最後の抵抗として、愛さないという表面ではわからない復讐をし続けてきた女性。
受け取ってもらえない寂しさ、孤独感をいつももち、それを抑えきれず支配に変わってしまっていた男性。
男性も女性も、どちらも絶対分かり合えないという喪失感から相手(自分)のことを一切知る気を失ってきました。
父と母にみる、超自己中と超自己犠牲は、愛されない欠乏感から産まれた男女のパターンだったのです。

私は、父の威圧感、母のビクビク生きる不自由な姿を嫌い、全く真逆な結婚、やさしく自由にしてくれるパートナーを選んだつもりでした。

しかし、自分の中に持っていた男と女の関係性は、外側を変えても変わりませんでした。
やさしく自由にしてくれるパートナーなのに、いつも、静かな支配と威圧を感じ、母のようにビクビクしながら生きることになりました。

些細なことがきっかけで、感情が爆発し、パートナーにぶつけました。
「もうビクビクして生活するのも周りを気にしながら生きるのも嫌になった!自分の人生を思う存分に生きたい !!」と伝えると、
「俺も、そう思ってるよ。だから窮屈にさせないためにも、曖昧さを残しているんだ。伝われば嬉しいなぁ」
とパートナーから、返ってきたとき、何もわかっていなかったのは、私だった‥・。
パートナーは、そうやってずっと見守ってくれて、いつも、最善を尽くしてくれていました。

そして、私の思いそのものがパートナーの思いだと感じ、聞いてみたら

「うん、その通りだね。いつも気にしながら、一生懸命最善を尽くしているのにわかってもらえない寂しさ、虚しさがいつもあったよ。気づいてもらえたら、うれしくなった。」

と話してくれました。今までは、「私だけがこんな思いをしている!」と思っていましたが、同じものをもっていたと知った瞬間、内側の男と女がわかり合え、心の葛藤が終わり、何もなくなってしまいました。

私は、父の厳しさ、威圧感を嫌っていたけれど、その厳しさにある力強さ、たくましさに守られ支えられていました。

母の不自由さを惨めだと思ってきたけれど、そのおかげで家族の労わり、思いやりを知ることができました。

今、実家に帰っても、あの時の父と母は存在しません。
母は、うれしそうに「お父さんが変わっちゃったよ。すごくやさしくなってね。私のこと労ってくれるの。」とこんなこと言ってくれた、あんなことしてくれたと笑顔で話してくれます。
父に「お父さん、本当にありがとね。」と伝えると穏やかな笑顔で、うんうんと頷いてくれました。
この父と母を選んで生まれてきて、本当によかった。

そして、弟という存在が見せてくれたもの。
差別だと屈辱を感じてきたことも、私の男と女のパターンを見せてくれていただけだったと分ったのです。弟の存在にも、心から感謝できました。

すべてがパーフェクトな環境で生まれてきていました。

この体験から私の中で、男と女のパターンが紐解け、繋がった瞬間、縁が繋がり出しました。
離れていた友達が、会いたいと連絡をくれたり、縁が復活し繋がっていく話ばかりが入ってきます。

愛せないのは、愛されたいという愛の裏返しの表現でした。
愛の裏返しから相手への関心がなくなってしまっていました。
相手のことを一切知らないのに、愛するも愛せないもありませんでした。
大切な人を愛せないという幻想から抜け出し、大切な人を知っていくことで広がる無限の可能性を感じます。


FBページへのいいね!もお願いします!

この記事のカテゴリー

受講生の体験談

受講生の体験談

プログラムを受講してどう変化したのか?寄せられた体験談をご紹介!

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!

友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e