1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. 夫婦ふたりぼっちの修学旅行

夫婦ふたりぼっちの修学旅行~内側に向かう旅~

□ 樹下 みちよさん 50代 女性【京都府】

「こんなこと言ってもなぁ・・・・」そうやって、言いたいことを言わずに、したいことを最初から諦めていませんか?「案ずるより産むが易し」彼女が思い切って自分の気持を言葉に出した時、それはいとも簡単に叶ったのです。そしてそこから、彼女の“自分自身を知るふたりぼっちの旅” が始まったのです!


『夫婦ふたりぼっちの修学旅行~内側に向かう旅~』

先日、初めて夫婦だけで台湾旅行に行って来ました。家族での旅行はありますが、夫婦だけでの旅行は22年ぶりのことでした。世間ではよくあることかも知れません。しかし、私達夫婦はそんな状況からは限りなく遠かったのです。それがミロスで再生して一年余りでこんな風に現実になってしまったのです。

ことの始まりは息子の修学旅行からでした。

息子に「いいなぁ〜」と言いながらも、「私達夫婦も行けばいいんだ!こんな機会は滅多にない」と夫婦だけでの海外旅行を家族の空間に言葉にして出してみました。平日休暇にいつも抵抗感の強い夫はやはり消極的な反応。ところがその数日後に、私に黙ってパスポートを取りに行っていた事が判明。「えっ!あの返事は行く気の返事なの!?」と笑えました。そして休暇問題も4日間の旅行ならOKとのこと。

ハッキリと行ける確信が持て、期待に応えられる状況が整わないと、表現しない。

そんな、私をガッカリさせない主人の愛情だったのです。表現するのも、受け取るのも無器用な私達夫婦。そして、何より私にはこの流れが凄い!凄い!しかありませんでした。なにしろ、何気にポンと出したら叶ってしまったのですから…

旅行が決まってから、旅行までの日々、そして旅行中は“自分を知る”という出来事が立て続けに起こりました。

「旅行に行く」と決まってからの夫は、私が付けた本の付箋を元にタイムスケジュールを立て始めました。しかし、時おり私が友達との長電話をしたり、事務的な仕事の処理に追われている状況に夫の怒りついに爆発!楽しいはずの旅行が・・・と、毎日ピリピリした状態で行く前から気が重くなっていました。そんな時、ある講師とお話しする機会をいただき、今の私の状態が「外側に向いているからだ」と教えて頂きました。

外側に向いている・・・!?

旅行の事を主人に任せているつもりはなく、私もやっていると思っていました。ただ、夫とゆっくり旅行のことで話す時間が持てずにいる事が、私の中でずっとひっかかっていたのです。セミナー主催をするなかで、自分がミロスに出合って変容した、出会った方々にも変容して欲しい・・・というその思いが、全く間違った方向性に動いていた事を教えて頂きました。外側ではなく内側に。そして、パートナーをもっと観てみること。そしてなにより、旅行を楽しんで来るように、と何度も言って頂きました。

そして、いざ旅行へ!旅行慣れしてない二人が初めての国を散策。到着と共に、早速立てたスケジュールは狂っていきました。それでも、あれこれ二人が出し合いながらやる事は「これで良かったね!」しかありませんでした。最初は夫の動き方に段取りの悪さを感じてイラッとした私。「えっ!そこは調べてはないの?」という連続に、「あ!これは私の日常だ」とふと浮かんだ途端に、夫への苛立ちは消えてしまいました。

いつもどれだけ準備をしてもその結果にOKが出せないでいた私。自分がこれで完璧だと思っても、絶対に見えない盲点がある。一人でわかった気になってやっていただけなのだと思ったら、力がスッと抜けました。すると、夫が私の意見に耳を傾けるようになって行きました。

そして夫を見て、「ん!これが私の日常!!」という事がまたしても起こったのです!ある夜中、夫が夢でうなされていたので、翌朝その理由を聞いてビックリ!なんと、旅行のお土産を会社で配るのに、どの女性スタッフに頼むか?どの順番で配ってもらうか?などでうなされていたと。まだ、旅行の真っ只中なのに、もう帰ってからの心配をしてるの!?しかもそんな事で一晩うなされていたなんて!?私の心配をよそに、朝から疲れ果てている夫は、真剣に一晩その事で頭から煙でも出そうなくらいに悩んだ様子なのです。

「えっ!これが私の思考パターン!?」

私は頭の中で、ずっーとこんな些細な事を考え、悩み続けられるような思考パターンになっているのです。旅行に来ても、「いま」という時間を、落ち着いてゆったり寛ぎ楽しむ事が出来ないのです。確かに私の日常はいつも追われるように慌ただしい。夫の姿をみて、ただただ「そうなんやー」と、受け取るしかありませんでした。その感覚で、眼の前の悩んでいる夫(自分)にアドバイスしたところ、

「そんな発想、自分の中にはなかった!」「パートナーが答え持ってるってほんとやな」と、夫がえらく驚くのです。

普段では想像出来ない言葉を伝えてくれる夫が目の前にいました。私が目の前の自分(夫)を受け入れた時、本当に瞬時に変わってしまう世界がありました。この体験があってから、本当に夫婦で緩み、リラックスした状態になりました。そして、どこに行っても、何をしても私達の良いようになっているのを感じさせてもらえています。

目の前のパートナーを通して自分を知っていくことで、パートナーに映し出した自分が自分と一体化する。それが、どんなに自分の内側を穏やかにし、安心感で満たされていくのか、ということを感じました。

大井 健 講師 紹介へ ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 短時間集中で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加