1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. 親が人生の不安を手放せたとき、子どもは進路に迷いがなくなる

親が人生の不安を手放せたとき、子どもは進路に迷いがなくなる

□ 溝口 智子さん 40代 女性【愛知県】

子どもの将来を心配するがゆえに、進学や進路について親は気を揉んでしまいますが、実は親であるあなたが抱えている不安や心配を子どもを通して感じているのです。娘の進路に不安を感じていた母親がその事を理解すると、パッと霧が晴れたように娘からも迷いが消えた体験です。


『親が人生の不安を手放せたとき、子どもは進路に迷いがなくなる』

私の高校二年生の娘は、将来教員を目指しています。
娘から教員を目指すと聞いた時、私は真っ先に「不安」を感じました。
現在の教育現場では「いじめ」「教員の過酷な労働環境や不祥事」「モンスターペアレントの出現」など問題が山積みです。さまざまな家庭環境の子供たちが集まる学校で、娘がつぶれてしまうのではないか、娘には“無理”だと私は勝手に思っていました。

実際、娘自身も目指すと言いながら、自分にできるのだろうかと不安に思っているようでした。そこで、不安の原因はどこからくるのか?そこを考えてみた時、私自身が子どもの頃、学校の人間関係に「恐怖心」を感じていたことが思い出されました。私は表面上は明るく、人付き合いも良く、友達もいて楽しい学校生活を送っていましたが、

友達の中には、『無視をする人、意地悪な人、わがままな人、自慢ばかりする人、人を見下す人』などいろんな人がいて、その人たちから、仲間はずれにされないように、嫌われないように、常に顔色を見て、内心ビクビクしていました。人から好かれるように接しているはずが、友達から無視されてしまい、気まずい関係になってしまうこともありました。

その苦い経験から、人間関係に恐怖心を抱くようになり、大人になった今もずっと私の心の中にありました。
子供の頃、母親の思うようにできない私は、いつもダメ出しされて育ち、人前では出しゃばるな、自慢するなと教えられました。
自分では何をやってもダメな人間だと思い、自分の能力を自分で認めてはいけないという思い込みもあり、自分に自信が全くありませんでした。

だから、友達の前ではいい顔をして、合わせてばかり。自分の思っていることを自分で無視していたのです。また、人前では謙虚さを装いながら心の中では「私の方が上だ!なのに自慢してこの人バカみたい」と思い友達と接していました。

そんな心の中をミロスのシステムにあてはめてみると、
友達に見ていた「無視をする、意地悪、わがまま、自慢ばかりする、人を見下す」は全て私自身の姿だとわかりました。

だから嫌われないように接しているハズなのに、無視されてしまうんだ!
謙虚にしていたはずなのに見下され、自慢され、意地悪をされてしまうんだ!
だからか!と、私は自分を一つ紐解けたと感じました。

でも・・・

自分を紐解くことができても、何かが違っているような気がしていました。
今回のカリキュラムで、講師から
「自分の悩み解決だけでは自分も周りも良くならない、もっとその先を見ないと」
と教えて頂いた時、私のミロスは自分の悩み解決だけのものになっていたことに気付きました。

自分の不安を取り除くためだけのものだった!
と、気付くと目の前がパッと明るくなったのを感じたのです。そして、家へ帰ってもう一度、娘と将来のことについて話してみると、以前に感じた不安が全て私の心の中から消えていることに気付きました。同時に、娘の中からも不安が消えており、大学ももう少し上のランクを目指してみようかなという前向きな、意欲的な言葉が聞けました。

自分と向き合い、自分を知ることで相手にも伝わる。
相手を自分事のように扱うことで自分も相手も満たされる。
ミロスは一方通行ではない!そう教えて頂きました。

今回は私と娘から不安が消え、さらにその先の夢にワクワクできるという体験をさせて頂きました。
娘と話しているうちに、ミロスを知っている教員がいたら、
目の前にいる子供たちが良くなる!
学校が良くなる!
地域も良くなる!

と、どんどん夢が広がっていったのです。
自分のためのミロスから、世界のためのミロスへ。改めてその可能性にワクワクしています!

大井 健 講師 紹介へ ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 短時間集中で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加