1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. 毒母、アルコール依存の兄…42年間の苦しみから脱出

毒母、アルコール依存の兄…42年間の苦しみから脱出

▢ Mさん 50代 女性 【岡山県】

本来、家族は心に安らぎをもたらしてくれるものですが、その一方で、悩みやストレスの最大の原因にもなり得ます。これからご紹介する彼女も、両親の不仲や借金、兄のアルコール依存症など、常に家族の問題に直面してきました。
しかし、その家族関係をミロスで紐解くと、一気に再生していったのです!


『毒母、アルコール依存の兄…42年間の苦しみから脱出』

目にするものは、家庭でも、職場でも、争いやケンカ。
通りすがりのトラックでさえも、運転手は険しい顔をしている。
私はいつもそんな光景を見ていました。
周りとはうまくやれても、心の中には訳のわからない怒りが潜んでおり、どうやっても消すことができませんでした。

私は3才より大和三山に囲まれた橿原市で、両親と9才上の兄と過ごしました。
父は優しくて何でもOKな人。そんなお父さんが大好きでした。
母は否定的で命令が多く、あまり好きではありませんでした。

父は職を転々とし、騙されて借金の保証人になり、手紙を残して蒸発を繰り返したり、母とのケンカも絶えず、とうとう母は実家のある岡山に私たち子ども2人を連れて帰り、別居生活が始まりました。
私が10才の時でした。

その1か月後に、父は脳内出血で還らぬ人になりました。
母は亡くなった父の借金への不満や、不器用な兄にダメ出しばかりしていました。
兄は就職しましたが、上司からも叱責される日々で、そのストレスからお酒に溺れていきました。

そんな兄に罵声をあげる母に対して、口の立たない兄は暴力で母の歯を折る、
壁やふすまを壊したり、ステレオの音を大音量にして奇声をあげたりしました。
母もエスカレートし「私を殴れ!」「殺すんなら殺せ!」と挑発を繰り返していました。

私は誰にも相談できず、いつ三面記事に載るかもしれないと、怯えながら10代を過ごしていました。
専門家に相談しようと母に提案しても、世間体を気にして、兄が結婚できなくなるからと拒み続けました。

しかし、6年前にヘンリー熊谷さんのブログに惹かれ、私がセミナーに参加すると、家族に変化が起こり出したのです。

あれだけ拒んでいた入院を兄が受け入れ、3か月の療養期間を経て、なんと、アルコールを約35年ぶりに飲まなくなったのです!
この変化には驚きました。

ただ、暴力はなくなっても母と兄の確執はまだ消えませんでした。
そして2年前。兄は定年退職時に『広汎性発達障害』『パニック障害』と診断され、同時期に、母も転倒して圧迫骨折し、退院後は自宅介護が必要になりました。

不安になった兄は、パニックで何回も私の嫁ぎ先まで電話をかけてくるようになり、私は苦しくて、牧寛子講師のカウンセリングを受け、Lifeコースを受けることにしました。

その受講期間中に、母が心不全による危篤状態になったのです。
医療器具で身体中を縛られ、酸素マスクをつけられている母。
そんな母が、いきなりベッドから上体を起こし、酸素マスクを引きちぎり、兄に向かって
『お前みたいな役立たずは出ていけ~』
と命がけで叫んだのです。

この瞬間、私は、自分の心の底に沈めていた怒りが、これほどまであったのかとハッとしました。

私の身体は健康でも、自分を縛り付け、悲鳴をあげていたのだと受け入れた時、
母の状態も緩和し、器具も一つずつ外れていきました。

そして、同じような状況をミロスで乗り越えた方の体験談を自分事のように感じると、
母の様態もみるみる回復し、
主治医も「この前死にかけとった人とは思えんなあ~」と大変驚かれていました。

母も「長い夢を見ていて迷子になっとった~。戻ってこれて良かった…」
と穏やかな表情になっていました。

私は、母を失いかけたこの体験から、こんなにも母が大好きだったという事に気づくことができました。

ただ、兄が何回も電話をかけてくるのは変わらないままでした。
牧講師から『お兄さんのこともしっかり観てね。本当のお兄さんの姿ではないからね』
と教えていただき、MWMコースに入学する運びとなりました。

カウンセリングでは、父が亡くなった時、私が父側に残っていたら死ななかったのではないかという罪悪感があったこと。
そして、大好きな父のせいでお金に困っている母の役に立たないといけないと思い、新聞配達をして家計の足しにしていたこと。
兄の苦しみを理解しようと本を読んだり、家族のために生きていたことがわかりました。

その生き方そのものが
『罪悪感⇔責める』『自立⇔依存』『できる⇔できない』『役に立つ⇔役に立たない』という無意識のジャッジでつくられた苦しいパターンであることがはっきりしました。

そして、兄とは対照的だった私こそが、
あれ程の暴言暴力を振るほど、内面に怒りや悲しみを抑圧していたことがわかったのです。

母と兄の関係性は、まさに私の内側の葛藤が表れたもので、システムに当てはめれば、どんな状況でもすべては完璧なバランスであることがわかり、どれもが自分を知るための体験であることに納得しました。

今、母は認知症(周辺症状はなし)があり、兄と自宅で過ごし、毎日、介護サービスを利用し、兄の方も月に2回の訪問看護により、二人とも安心して過ごしています。
さらに兄は『お母さんのことは任せといて』と言うほど頼もしい兄に変わってしまいました。

思えば42年間、どうやっても消えることのなかった私の中の怒りや葛藤が終わることで、見ている世界がすっかり変わりました。
今、母と兄が安心した生活が送れ、3人で助け合えていることがとても嬉しいです。

Lifeコース 紹介へMWMコース 紹介へミロス・カウンセリング 紹介へ 松本 典子 講師 紹介へ牧 寛子 講師 紹介へ ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 短時間集中で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加