1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. 『苦しい子育て』から『楽しい子育て』へ、シフトチェンジ!

『苦しい子育て』から『楽しい子育て』へ、シフトチェンジ!

□ Tさん 50代 女性【沖縄県】

子育てに不安や心配はつきもの。でもそれは、子どもの事を真剣に考えているからこそだと思います。育児には答えがないだけに、鬱やノイローゼになってしまう方もいますが、今日はそんなママたちをサポートする女性の体験をご紹介します。苦しい育児から楽しい育児へ、シフトチェンジするヒントが詰まってます!


『苦しい子育て』から『楽しい子育て』へ、シフトチェンジ!

17年携わった保育士の仕事を終える時、

「次は子育て中のママ達をサポートする仕事に就きたい!」
ふとそう思ったら、なんと新規事業として立ち上げる育児支援のスタッフ2人のうちの1人として採用され、かれこれ13年が経ちました。

ミロスを知ったのは、その仕事に就いてから5年目のことです。

ママ達の育児の悩みや不安を毎日のように聞きながら、受け取ったり、ミロスの感覚を伝えてみたり、タイミングでセミナーに誘ったり、本を紹介したりと、各々のニーズに合わせて、伝えられる方にはミロスの情報を伝えてきました。

その間に沢山の方達を見させて頂き、一緒に感動したり喜びあったり…。その中からごく一部ですが、“こんな変化があったよ~~”と言う報告をさせて頂きます。

【事例1】

転勤で宮古島の地に赴任してきた親子に、第2子が誕生して半年が過ぎた頃、3歳になったばかりのお姉ちゃんにある変化が。

上の子はチャントと躾をされていてお利口さんでしたが、急に“どもり”だし、

「症状が酷いので、病院に行った方がいいですか」

という相談がありました。

私は、こんな風にお伝えしました。

 

⇒下の子が生まれたことで、ママに甘えたいのを我慢して頑張っているだけだから。

甘えてきた時には抱っこして「よく頑張ってるね!」と褒めてあげてね、と伝えると安心した表情になり、一週間後には娘さんのどもりも全くなくなりました。

キチンとしたお利口さんから脱出して、おふざけもできる程、子どもらしさ満載の子に変容していました。

 

【事例2】

4歳になる上の子が他の子より発達が遅れているのではないか?と心配していたママが、通っている保育園の保育士より

「4月生まれなのに、他の子よりも動作がゆっくりで、何をするのにも手がかかるので、家でも他の子についていけるように躾して下さい」

と言われ、プレッシャーを感じたご両親は毎日のように頑張っていましたが、かえって逆効果になり、どうにもならないという相談がありました。

⇒私は、この世のトリックとシステムをママに話すると、スッと表情が明るくなり、

「そういう考え方があるんだあ〜!軽くなったあ」と大喜び。

その後、ミロスアカデミー講師のブログも読み、その感覚のままご主人とも話して、夫婦で我が子をそのまんま受け取っていくと、子どもが生き生きとしだし、夫婦仲も断然よくなり、それだけでなく、保育園の担任から

「この子のペースを大事にしながら見守っていきます」

という言葉をもらえたそうです。

また、このママは、ブログを読んだり、ミロスの感覚をシェアしたり、とどんどんミロスの感覚を深めていく内に、ずっとやりたかったベビーシッターの仕事がご縁から舞い込み、今では、宮古島に来る観光客のお子さんや地元のお子さんを預かるシッターさん約20人を登録する事務所の責任者となり、観光で来られるママ達から大変喜ばれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近では、こんなこともありました。

3ヶ月程前に、2歳半と6ヶ月になる2人の男の子を連れて遊びに来たママ。
宮古島には、地域医療に従事するご主人の仕事で半年間だけの生活で、3月には沖縄本島の更に離島の小島に転勤との事でした。

小さい子を抱えながら、度重なる転勤先での子育てを考えると、その苦労は測り知れません。

慣れない土地での子育ての中、子どもさんに“多動”のような落ち着きのなさが見られ、ストレスからか、下の子へ身体ごとぶつかったり、容赦なく頭突きしたり…。危なっかしい行動が目についていました。

ある時、そのママから相談され、私は「上の子の行動は常にママへのサインである事、この子をまんま受け取ってね」と伝えると、彼女は涙を流しながら「楽になりました、この子との向き合い方が変わります」と言って喜ばれていました。

このタイミングで、彼女に2人の講師のブログを紹介すると、その日の夜中、子ども達を寝かしつけてから読んだようで、途中で涙が溢れて止まらず翌日には180度変わっている自分を感じ、子育てもかなり変わり楽になったと、大変喜ばれ感謝されました。

「宮古島へは、あなたに会う為に来たんだと思う」とまで言ってくださり、それからは毎日ブログも読み続け、親子も変容し、特に上の子は伸び伸びと遊び、以前のような落ち着かない様子もすっかり見られなくなりました。

ママ達を通して、ミロスの必要性を痛感させて頂いてます。受け取り方や変容を見せて頂き、私の方が喜びと感動でいっぱいです。

ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 短時間集中で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加