1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. 家庭の幸せは夫婦のコミュニケーションから

家庭の幸せは夫婦のコミュニケーションから

吉岡 美和さん 50代【千葉県】

家族の幸せって一体なんでしょうか?
何も問題ないように見えても、家族一人ひとりは、悩みや問題を抱えているかもしれません。
しかし、本当の幸せへの鍵が夫婦のコミュニケーションにあったのです。
どんなものなのか知りたくないですか?


『家庭の幸せは夫婦のコミュニケーションから』

1年前、自閉症の次男のためにと、知人からミロスを勧められましたが、私は母の代から、ある教えにどっぷりと浸かっており、夫も一緒に活動していたので、あまり乗り気ではありませんでした。

しかし、夫が池田講師のミロスセミナーに出て感銘を受け、
「次男のためにも、一度だけでいいからセミナーに出てくれ」
と頼んできたのです。

『そこまで夫が言うのだから、行くしかない。拒否したら離婚かも!』

私はそこまで思いつめてセミナーに出ましたが、私の生き方を否定され、責められている…という思いで一杯でした。
私は池田講師に「夫に責められて、ここに来ました」と言うと、
「あなたを責めているのは、ご主人ではなく、あなた自身よ」
と言われて、ハッとしたのです。

家に帰り、夫に
「これまで妻失格、母親失格と、あなたに責められていると思ってきたけれど、
自分で自分を責めていたことに気付いた」
と話したところ、
夫も
「自分も稼ぎが足りない、夫失格と、責められていると思っていた」
と話してくれ、
「お互いに自分を責めて苦しんでいたのね!!」 と、笑い話になりました。

私は小学生の頃から父や先生に反抗的で、母は、『この子は将来、過激派になってテロでも起こすのではないか』 と心配し、ある教えに入りました。
私も ‟父親を尊敬できない娘は、結婚しても幸せになれない” という教えを聞いて、
『これは大変だ。父は妹ばかり可愛がるから大嫌いだけど、幸せになるために何とかして尊敬しなければ』
と思い、以来、数十年、その教えが私から離れませんでした。

でも、すっかりミロスに夢中になった私は、池田講師のLifeコースを受講し、
これまでの教えでは少しも幸せになっていないことに気づいたのです。
ミロスを学び、私の中に父と母の両方から受け継いできたものがあり、そのバランスが大切だと聞いた時、今までの私は、自分の中の男性性を全否定していたから苦しく、そのストレスを夫や2人の息子にぶつけてきたから、家族も不幸だったのかと気づきました!
そして、池田講師に、「自分の本当にしたいことをしましょう。あなたの一番したいことは何?」と聞かれた時、「仕事」と叫んでいました。
私が学んできた教えでは、外で働いてお金を稼ぐのは男性の役割だと教えられ、泣く泣く仕事を辞めて家庭に入りましたが、常に、本当の自分ではないという思いがあり、いつも下を向いていました。

ミロスを知ってからは、自分の興味のあること、得意なことを活かせる仕事を見つけ、仕事に行く時もワクワクし、帰る時も家に帰ることが嬉しくて、幸せいっぱいです。
でも、その一方で、夫は「ミロスがわからない」と事あるごとに口にしていました。
そんな夫にイライラした私は、それならもっと本格的にミロスを学ぼうと、MWMコースに夫婦で申し込んだのです。
全く初心者の私たちは、せっかくの個人カウンセリングでも、何を話せばいいのかわかりませんでした。
しかし、講師から毎回言われたことは、「夫婦でじっくり話し合って下さい」でした。
最初は、夫と今さら何を話せばいいのか戸惑いました。
なぜなら、夫に私の本音をぶつけたら、どんな辛辣な事を言われるかわからない。
立ち直れないだろうから言わないでおこうと我慢してきたからです。

でも、その代わり、子ども達には酷い言葉で私の本音をぶつけ、そばで聞いている夫に、「今に長男に、金属バットで殴られるぞ」と心配されるほどでした。
講師に言われたように、夫婦で話し合い、互いの両親の話をするうちに、意外なことが見えてきました。
私は、父からお小遣いも貰わず、何でも自分でやっているのに、妹は何でも買ってもらってずるいと思っていました。

一方、夫は、親にわがままを言って、留学までさせてもらいましたが、弟から「兄が好き勝手やるから、僕はわがままを言わず、親の面倒をみる」と、責められていたそうです。
つまり、私と夫の弟が同じ立場で、夫と私の妹が同じ立場だと思った時、夫の家と私の家は同じパターンだと気づいたのです。
そのことがきっかけで、それぞれの兄弟や、親に対する本音を話し、互いに相手に対する本音も出し合い、「それは結局、自分が自分に言っている事だったのね!!」というオチで、最後は笑い話で終わる…そんなことを繰り返すうちに、夕食後、夫と1本の缶チューハイを分け合って語り合う時間が、とても楽しみになっていきました。

先日、大学生の長男が、
「アメフト部を辞めたいけれど、これまで親に沢山お金を出してもらったから、申し訳なくて迷っている」
と話してくれた時、私は、自分も父が大学まで出してくれたのに、結局仕事を辞めて、ずっと申し訳なく思っていたことを思い出し、
「親は、子どもが好きなことをするのが一番嬉しいから、何でもやりたい事をするといいよ。私も、今好きな仕事をして、本当に幸せよ」
と話せたのです。

その時、父も同じ気持ちだったのかもしれない。今の私を、亡き父も喜んでいるかもしれないと思いました。
夫に長男のことを話したところ、
「自分も、親にお金を出してもらったから、ずっと申し訳なく思い、何とかして成功して喜んでもらいたいと焦っていたし、今でも焦っている」
と話してくれ、その時初めて、『夫も私と同じだったのだ』と感じたのです。
私は、親に甘えたかったけど、口に出せなくて心で思っていた。

夫は、口に出して甘えられた。
どちらも、甘えている事は同じでした。
そして、私達が先祖から引き継がれた傷を、子供にも与えていることもわかり、私達の代で終わらせなければいけないと思いました。

こんなふうに夫婦でコミュニケーションをとり、いろんなしがらみが剥がれていくうちに、長男も、次男も変わっていきました。

長男には「自分の好きなことをすれば大丈夫」と安心できるようになりました。
自閉症の次男も、超マイペースで、思考のない、好きなことだけをする生き方の、お手本を見せてくれています。
実は特別支援学校に通う次男が、「行動を改めないと就職は難しい」と言われていて、卒業後どうなるのかと心配でしたが、息子に見ているもの、感じるものから、自分の無意識の行動やジャッジ(思考の葛藤)を知っていくことで、私から不安がなくなり、すると担任から「最近、息子さんは生まれ変わったように自覚を持って行動している」と言われ、内定通知を頂くことができました。

子供たちが、自分で決めた人生のために私たち夫婦を親に選んできたように、私と夫もすべて自分で人生をプログラムして生れてきたのだと思うと、何も心配することはないと、心が穏やかになります。

ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 短時間集中で学びたい 究極のカリキュラム

LINE@

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

友だち追加