1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. マイナスを受け入れる!

マイナスを受け入れる!~悲しみの奥に感じるもの~

□ 原田 羽津子さん 70代 女性
誰にでも忘れてしまいたい過去ってありますよね!“あの時こうすれば良かった”とか、後悔先に立たずと言いますが。実は彼女もそんな一人でしたが、ある事がきっかけでスッキリ!何が起こったのでしょうか?


『マイナスを受け入れる!~悲しみの奥に感じるもの~』

ミロスを知って、何年か経つのに、全くマイナス的なものを受け入れられずに苦しんできました。
ずーーーーーーーっと、「マイナスを受け入れてみて」と言われてきましたが、マイナスは自分にとって最も嫌なものなので、全く受け入れられる気がしませんでした。

それが、柳沢かおり講師のLifeコースを受講した第1週目の宿題で、
「亡くなった夫の事を思い出してくる」
というお題をもらい、次の受講日までに思い出そうとしていました。

しかし、日にちは迫るのに全然思い出せなかったのです。
娘と受講していたので、2人で思いで話をするのですが、
「お母ちゃんから見たお父ちゃんってどんな人だった?」
と聞かれて言葉に詰まりました。

「やんちゃな人だったが、頭は悪くはなかったで」
と言ってから、次の言葉が出てこないんです。

娘に、散々
「お父ちゃんのエピソードってそんだけなん!?」
と言われましたが、本当に、不思議と思い出せませんでした。

思い出せないまま受講日となり、
「宿題が出来ませんでした」と正直に言いました。

すると、講師から
「忘れてしまうくらい、失った事が受け入れられない恐怖だったんだね」
と言われ、夫が亡くなった当時の事を思い出したのです。

夫はガンで一度腹腔鏡手術をしていて、再発したために再入院しましたが、どこも痛い所がなくて、ちょっと疲れやすいくらいの症状だったため、また手術を受けたら元気になって戻って来るだろうと、軽い気持ちで手術室へと見送りました。

しかし、開腹してみたら、ガンが予想以上に転移していて、そのまま還らぬ人となってしまったのです。

まさかの展開です!
全てが、どうして良いか分からず、ショックでした。
しかし、残された義母が、息子が亡くなったショックでご飯が食べられないほど落ち込み、その内に認知症の症状が出だしたので、悲しみに浸る間も無かったのです。

まだ認知症というものに慣れてなかったので、私は毎日振り回されてクタクタになり、
夫を亡くした悲しみなんて、考えている余裕がありませんでした。

その事を話すと、講師から
「おばあちゃんの認知症というマイナスがあったお陰で、頼りにしてた“夫の死”という、
受け入れ難い現実を先延ばしに出来たんだよね。

今なら受け入れられるんじゃない?」
と言われ、本当にそうだ!と思いました。

義母が認知症になった時は、対応に振り回され、なんでこんな目にあわなければならないんだ!と嫌で嫌で仕方なかったけれど、この事があったお陰で、他の事を考えなくてすんだんだ!と分かりました。

これこそが、「マイナスの中のプラスか~!」
だから、「マイナスはマイナスだけでは存在できないよ!」「必ずプラスとセットだよ」
と言われていたのだと理解することが出来ました。

そして、その日以来
不思議と肩の荷が降りたように楽になりました。

忘れてしまいたい過去も自分にとってはとても大切なものが隠れていて、全てがパーフェクトな自分のストーリー!
そう喜べる日が来るとは思ってもみませんでした。

私にはリアリティが起こらない!と拗ねていましたが、あの大嫌いなマイナスを受け入れることが出来たのが、私にとっては凄いことでした。

柳沢 かおり 講師 紹介へ ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 短時間集中で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加