1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. All At Once すべては一瞬に ~新しい可能性の扉が開いた~

All At Once すべては一瞬に ~新しい可能性の扉が開いた~

▢ Kさん 50代 女性【栃木県】

社会的地位もあり、周りから賞賛されても、その自分を認めることができない…。傍から見れば贅沢な悩みですが、Kさんもそんな自分をどうすることもできずにいました。
しかし、Lifeコースで、まさかの原因が見つかったのです!
幼少期から自分に与え続けてきた「思い込み」。それが外れたら、思ってもみないチャンスがやってきました!


『All At Once すべては一瞬に ~新しい可能性の扉が開いた~』

今年1月、東京で柳沢かおり講師のLifeコースを初受講しました。Life受講中の約1か月の間に、思いがけず喜ばしい展開があり、その経過と体験を初投稿させていただきます。

Lifeコース1週目【固い結び目がほどけた】

Lifeコース初日。私は、勤務先の脳の予防部門でトップの責任者に昇格後、周囲の称賛に反して、自分の場所でないような居心地の悪さを感じ、あるがままを受け入れられない現状と、2歳年下の弟への幼少期の思いを話しました。

頑健な私とは反対に、子供の頃、虚弱だった弟。両親は常に弟の体調を気遣い、どちらかが必ず寄り添い、両親の真ん中で愛嬌たっぷりに天使の笑顔を振りまいている光景を、一人ポツンと寂しく見つめていた子供時代の私。

両親の注目と愛を自分に向けようと、学生時代勉学に励み、学年トップを連続、全国順位で上位にいきましたが、母からは毎回決まって「まだまだ、もっと上がある」と言われ、私は一度も褒められなかった。

一方、弟は全く努力なくニコニコしているだけで両親ばかりか初対面の人からも可愛がられ、愛されている。優れた結果を出しても、1番になっても弟にはかなわない。両親にとって私は所詮2番の存在という子供時代の報われない絶望感が、話しながらふいに浮上し、現職のトップのポジションでの居心地の悪さが合致したその時、講師が「トップは居心地悪いと感じてもいいよ」と一言かけてくれました。

私は、自由にそのまま感じてもいいのだと安堵し、その瞬間、順番へのこだわりや認められることへの強固な結び目のようなきつい思いがふっとやわらぎ、全身が脱力感に包まれました。


Lifeコース 2週目【感謝】

受講の際、最近の両親との会話で、父母も私も、子供時代に兄弟間で一番恵まれている自分に引け目を感じ、弟への申し訳ない居たたまれなさが一番のポジションを居心地の悪いものにしていたという3人の共通点がビンゴし、ほどけたことを話しました。

近年、両親の弟達は、親族の行事を企画し、私の弟もすっかり丈夫になり、年下を全く感じないほど頼もしい存在に変化していることに気づき、一番も二番もなく、解放されました。

また、同じコースの受講生のお話に出てきた「感謝」がキーワードとして、私に刺さりました。

私は、脳の予防検査担当として、大学病院で28年間勤続しています。頑健なために私だけ交代要員を用意してもらえず、不満でしたが、ミロスの空間で、私を指名して予約して下さる受診者の皆さんがリピーターとなって、紹介が紹介を呼び8か月待ちの盛況となり、いつの間にか組織で収益トップとなり、喜んでいただきながら最良の結果を出せている事に、いかに感謝がなかったかに気づき、長年の不満が吹っ飛び、消え去りました。

柳沢講師が、弟が体が弱かったことで体に興味を持ち、現在の予防の仕事につながったことにふれて下さり、360度感謝に塗り替わりました。

Lifeコース 3週目【才能・可能性の開花】

海外の予防研究仲間ジョアンナが、私につけたニックネームが「ハジメちゃん」。アニメ「天才バカボン」の弟、天才児ハジメちゃんにちなんで私につけたのです。

ジョアンナは、ニューヨーク出身ですが大学の日本文化学科出身の両親の影響で日本語ペラペラ、公私ともに素晴らしく円満充実、いつも自信に満ちていて天真爛漫、私には雲の上のパーフェクトレディに見えていました。

そんな理想の女性ジョアンナが、受講3週目のタイミングで来日し、我が家に宿泊することになり、両親と初対面しました。

母は、ジョアンナに会うなり、天真爛漫な雰囲気が幼少の頃の私にそっくりと大感激、すぐに打ち解けてガールズトークが炸裂しました。

ジョアンナが、私について
「ハジメちゃんには無限大の可能性を感じるの。きっとハジメちゃんにしかできない前人未到の偉業を成し遂げる!!」
とビックリ発言をするやいなや、

母は
「私もずっとそう思ってた、この子には無限大の可能性があるって!!だから、学生の時から、どんなに優秀な結果を持ってきても、この子はまだまだこんなもんじゃないって、いつもそう言ってたのよ」
とさらなるビックリ発言がありました。

私がこれまで認められていないと感じてきた母の「まだまだ、もっと上がある」発言の真意は、「無限大の可能性がある」ということだったの!?
『まだまだ』=『∞』だったの~!!!!

どんなに頑張っても結果を出しても認めてくれないと思っていた母は、これ以上できない位、最大に私を認めてくれていたんだ。
認められないどころか、誰よりも母に認められ応援されていた、天地がひっくり返ったような真実の喜びを、受講中お話ししました。

柳沢講師の「ジョアンナの素晴らしさは、Kさんが隠し持っているもので、2人は全く同質のもの、2人は同じ。ジョアンナをコピーしてね」
というアドバイスに、ジョアンナと一体化したトキメキでいっぱいになりました。 

Lifeコース 4週目【新しい道】

Lifeコース最終日の3日前にあたる2月3日のことです。のんびりモーニングコーヒーを飲んでいると、ジョアンナと勤務先から、朝の静寂を破るような電話が立て続けに入りました。

それは、ジョアンナと私が、ハーバード大ウェルネス専門機関の最先端予防システムを視察し、より人類の健康を増進するシステムを整備普及するメンバーに選抜されたという、思いがけないファンタスティックなニュースでした。

「私達、パイオニアだね!新しい道を無限大の可能性で創っていこう!」

弾けるジョアンナの声に、欧米やヨーロッパの医療機関でしか行われていないレイキヒーリングやアロマテラピーなど、自然療法の保険診療適用を世界に普及したい、もちろん新次元ミロス療法も!と構想が次々沸いて止まらず、ジョアンナと一体化した喜びが押し寄せてきました。

最終日、新しい道が向こうからやってきた歓喜をお話しすると、柳沢講師から
「コピーの天才だね、ジョアンナの素晴らしさは自分と全く同じ同質で、二人が同じであることを素直に喜んでいたからこそ、二人でハーバード大なんだね」
との言葉をいただき、参加メンバー皆さんとの空間に一杯のエールを感じ、大きなパワーをもらいました。

現在、6月の米国出発へ向けて、新しい道に入る準備をウキウキと進めている毎日です。
高度なナビゲートで導いてくださった柳沢講師、一緒に創造空間を体験して下さったクラスメイトの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

豊かさあふれるLifeコースを創ってくださって、本当にありがとうございます。

Lifeコース 紹介へ 柳沢 かおり 講師 紹介へ ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 一日で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加