1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. 父への気持ちが感謝に変わった!

父への気持ちが感謝に変わった!~嫌悪感の正体~

□ Oさん 40代 男性【京都府】 

相手に抱く“嫌悪感”。この正体ってなんなのでしょうか?これからご紹介する男性は、ずっと父親に、ある嫌悪感を抱いていました。それはある時ふと出会った昔の友達に感じるものと同じでした。ところがミロスでそれを紐解いた時・・・一瞬で嫌悪感が消えたというのです!


『父への気持ちが感謝に変わった!~嫌悪感の正体~』

約13年前、私の父は個人宗教家に洗脳されて、家族を裏切るように突然豹変し母と離婚しました。それ以降は父と会うこともなく、今から4年前に父は亡くなりました。

13年前に父が家を出て以来、母も妹も父をずっと許せていませんでした。ところが先月、「お父さんに感謝しか浮かばなくて涙した」と、母が急に変わったのです。

母が変わった!父に感謝している!
これが私の内面の変化で起こることか!私の見える世界が変わりました。

私にとっての変化の体験表現させて頂きます。

数日前、5年ぶりに友人から突然
「夫婦で京都に来ているから会えないか?」
と連絡がきて、ちょうどこちらも夫婦で出掛けていたので、タイミング良く会うことが出来ました。

私は表面的には出さないものの、実のところ電話をくれた彼のことを完全に見下していました。彼とは、同じ“精神世界系の先生”の元で1年間共に学んだことがあるのですが、彼に感じていたのは“嫌悪感”でした。

〇先生に褒められ、受け入れられるように振る舞い優等生で在りたい姿。
〇絶対に先生にNOと言えない“イエスマン”
〇依存して自分で決められないような演技っぽい感動をする姿。
〇良いことしか発言しないこと。
〇見込みがあると認めてもらいたい姿!

こういう姿が嫌だった。これこそが父と同じように感じて“抵抗”していました。ところが驚いたことに、その彼が今は嫌ではなくなり、彼が好きな自分になっていて、おもしろいくらいに変わっているのです。

私は、13年前に、宗教家に依存して何も自分で決められなくなっている父の姿が嫌でした。父が亡くなった後は「父に感謝しよう」と努力しましたが、でも本当のところは父を見下したままでした。13年前に、父に連れられて1度だけ宗教家に会いに行ったとき、その宗教家は「私は世の中のことは全て分かる。DNAも読み取れる」といい、父はそれを信じて有難そうにお利口にうなづき、そして誉められ、嬉しそうでした。

父は「自分は見込みがある」と宗教家に思われたいのだ!認められたいのだ!私には、そう映りました。
よーく覚えています。この姿が嫌だったんです。

最後に父と2人きりで話した時に
「その方(個人宗教家)の元で修行していきたい。こんなチャンスは無い。この道しかない。もう俺はお前達とはレベルが違うから話が合わない。俺の人生だから好きなようにさせてくれ」という父。
自称“お釈迦様の生まれ変わり”という、その宗教家の言葉を信じて、そこで学べる選ばれた自分も凄くなっていると信じている父。私はそんな父を見下しつつ、思い込みが強すぎて引き止めるのを諦めました。

しかしその姿は、正に「私そのもの」だったのです。

その後、私は1度結婚したものの、結局自分の想いの99%が言えなくなる状況になり離婚しました。信頼している先生の存在に勇気づけられて離婚出来たのですが、離婚が成立するまでの間に沸き起こったのは「思う存分、この先生の元で学びたい」でした。「私は感じたままを言い合えるパートナーシップを望んでいる。それ以外は要らない」とハッキリしたのは、この時でした。離婚の半年後、あっという間に今の妻とのご縁がありました。

結局、信頼している先生の近くに移り住み、先生の開催する集いに参加したかったのです。結果として、今の妻と一緒に毎週通いました。
先生は自身を「悟りを開いた」「ここは世界最高峰の場です」と言っており、その言葉ひとつひとつに感銘感動。「父の先生はニセモノだが、この先生はホンモノ。正に人生の稀有なチャンス。この道しかない!」と。この先生に認められたい。見込みがあると感じてもらいたい。この時の私は、特別な場所にいるという特別意識から、他人全てを下のレベルに見ていました。
これ、全く父と同じプログラム!今の自分が無価値なので、価値ある何者かに成ろうとしていました。すごい方に認めてもらえる事が自分が価値ある人間で、そういう時に人生の順調さを感じることが出来たんです。

父はノイローゼ状態だったことがあり、それを克服しようと宗教に傾倒しました。
私自身も1度目の結婚の時はノイローゼ状態で、それを越えようとしたプロセスもまったく同じでした。驚きです!
なお、この先生の集いは1年間で卒業しました。先生への“依存”に気付いたからです。妻が居なかったら、もっともっと長く居たでしょう(笑)。
その後「父のようにはなるまい」と、まず自分の感覚を大事にする。感動しているフリをしない。気に入られようとしない。依存しない。良かれと思い、「正しい」に傾き生きていました。
この先生に集うメンバーのリーダー格の男性が、先日急に連絡が来て夫婦で会った男性でした。当時の彼への嫌悪感と父へ感じる嫌悪感が全く同じだったんです。
視点から観ると、今までの、そんな自分自身が嫌で、その対極に正しさを置いていた自分自身でした!彼等も1年前に、その先生の集いを自ら決めて卒業したとのことで、いろいろ話が盛り上がりました。彼等に昔の自分達を見た想いでした。「また遊ぼうね、これから本当に楽しんでいけるね」と彼等と別れました。

あれ?

別れた後、本当に驚きました!なんと彼のことが好きでたまらないのです。一緒にいることが心地良くて、理由なく幸せでした。過去抱いていた嫌悪感が思い出せない!!内側の男性性が整うと、こんなに現象が変わるんだ!!しかもシステムに当てはめて
「私は父を嫌って否定しているんだ。つまり内なる男性性を嫌って否定していた」と知っただけ。好きに成ろうと一切努力していない。ミロスシステムのすごさ。

ミロスの素晴らしさを体験した瞬間でした!
目の前の母も、自分の感覚もパッと変わる世界。この体験、この一歩がどれ程の可能性を秘めているのか。

内面の葛藤が終わることで、どうなっていくのか・・・めっちゃ面白い!
この世界に、底知れぬ興味が湧いています。

ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 短時間集中で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加