1. MIROSS Academyトップ
  2. 体験レポート

  3. 夫婦で転職をクリエイト!

一覧へ戻る

仲の良い夫婦

夫婦で転職をクリエイト!~パートナーとつくる創造空間~

仕事ができるやり手な夫の陰で、小さくなっている専業主婦のみなさんへ。その間違った自己イメージを打破しませんか?いくら頑張っても認めてもらえない世界から抜け出せば、そこは思い通りを生み出す創造空間です。


 Mさん 40代 女性【兵庫県】

認めてもらえない:夫も同じ思いを持っていた!?

私は自己否定が強く「こんなに頑張っているのに誰も理解してくれない。子育ても、家事もきちんとできていない」と思っていました。一方、パートナーは、経済力と社会的地位があり、私から見ると自信を持っている人でした。

これまで、パートナーからあまり職場の話を聞く機会がなかったのですが、ミロスのカリキュラム受講中に「身を削って頑張っているのに認めてもらえない」と思っていることがわかりました。初めて、自分と同じ思いをしていると知ったのです。それからパートナーを、以前より”自分事”として、観れるようになりました。

気がつけば仮面夫婦のように

パートナーは、かなりのハードワークで休みも取れず、毎日帰宅も遅く、緊急の呼び出しがあることも…。そんな中、だんだん疲れが溜まり、よくイライラするようになっていました。

結婚して10年以上たちますが、パートナーは仕事、私は子育てに集中。気づいてみたらコミュニケーションはなくなり、話すのは業務連絡のみ。友達のように何でも話せる夫婦が理想でしたが、いつしか思っていることも言えなくなり、互いに干渉しない仮面夫婦になっていました。

家計のことで夫に責められる

そんな状態なので、パートナーに経済力があってもお金がうまく回るわけがありません。パートナーはたくさん稼いでいるのだから、貯金ができていて当たり前だと思っていました。しかし、実際はそれほど貯金がなくて、私はそのためパートナーから責められる恐怖をもっていました。

互いに好きなことをしているので、私だけが悪いわけではないはずですが、働いていない私は自分に負い目を感じ、お金が貯まらないのは自分のせいと思っていたのです。

通帳を見ては、「増えていない!」と怒るパートナー、責められて小さくなる私。そんな関係がずっと続いていました。そんな中、ある日、お金のことをはっきり見てみようと思い立ったのです。経済的には困っていないため、今まで私はきちんと家計管理をしていませんでした。

夫婦はバランス:パートナーと向き合う

はっきりさせると、自分の使い過ぎが明るみに出て、余計に責められるのではないかという恐怖もありました。でも、このまま不安を抱えていても同じだと思い、きちんと何にどれだけ使っているのかを見て、そのままをパートナーに報告しました。

どんなに責められるだろう…と思いましたが、パートナーは「そうなんや。わかった」という返事だけでした。彼は何にどれだけ使っているのか分かればよかったのです。私は、パートナーに受け入れてもらえたと感じ、少し力が抜けました。さらに、同カリキュラム受講中にいろんな思い込みが外れていきました。

パートナーの仕事は相変わらず忙しく、身を粉にして働いていましたが、「労働量と、給料が比例する。楽して儲けるなんてあり得ない」という私の認識で彼の仕事が成り立っていたのが分かったのです。

また、働いていない自分には価値がなく、パートナーと比べては責めていましたが、講師から「夫婦はバランスよ。夫が社会的地位や経済力があるのはあなたのおかげ」と言われ、初めてこのままでよかったのだと思いました。

夫の希望の働き方は?

私は、母から「夫を立てないといけない」と教え込まれて育ち、無意識にパートナーが上、自分が下だと位置づけていました。しかし、何でも父を優先する母を見ていて、「どうして男というだけで優先されるのか?」そんなのは差別だと、男に負けたくないという反発心がありました。

男性上位の関係を持ちながら、男には負けたくなくて、なんとか引きずりおろそうとしていたのです。おかしな葛藤を自分の中で繰り広げていたことに笑えました。

それから初めてパートナーと、今後の仕事について話し合うことに…。パートナーの職場は、4年後に無くなることが決まっています。その時に転勤する予定でしたが、パートナーはすでに疲れ切っていて、4年も耐えられないようでした。それに4年後転勤しても、給料が増えるどころか、減る可能性のほうが大きい状態でした。

そこで、どんなふうに働きたいか、パートナーの希望を聞いてみると、「そんな都合のいい職場があるの?」と思うような内容でした。しかし、そのまま受け入れ、放置しておいたのです。

希望通りの転職!

すると、しばらくして、転職の話がパートナーに入ってきたました。

条件を聞くと、パートナーの希望とほぼ一致していて、びっくり。しかし、パートナーは意外にも迷っていて、「今までお世話になった職場を裏切るようで申し訳ない。自分が辞めたら迷惑かかる」とか、現状から変化するのを恐れる無意識がたくさん出てきたのです。

ミロスを学んでいる私は、これが『現状維持機能』だと思いました。

以前の私なら一緒に悩みましたが、今回はそんなことはありません。

パートナーの希望条件と一致していること、
パートナー自身が本当にどんな風に働きたいのかもう一度一緒に確認することで、
パートナーは転職を決意できました。

転職にあたり、これまで住んでいた社宅扱いのマンションよりも広い一戸建てに、費用の負担もなく引っ越せました。さらにパートナーの新しい職場は時間にも余裕があり休みも増え、給料もアップしたのです。

自分の認識で作っている世界

ミロスのカリキュラムを受講し、理解できたのは、私は、『役に立つ存在になりたくて、自分の世界をつくり上げていた』ことでした。

● 仕事で稼いでくるパートナーに負けまいと、「大変な子育てをしているのよ」とアピールしたくて、我が子をとんでもなく手のかかる子どもにつくり上げていた。

● お互いの両親や兄弟が、私たち夫婦に依存しているように思えていたのが、私が「役に立ちたかった、自分の存在価値を見出したかった」のが原因だとわかった。

私はなんてバカなことをしていたの…と思いました。

役に立つほうがいいと思っていましたが、依存されると「余計な用事が増える、やりたくもないことをしないといけない羽目になる」など、忙しいだけ。役に立つことにデメリットがあったのです。

お金は夫婦二人で生み出したもの

また、ある日の日常で、パートナーは私がいないと困ることもあるのだ…とわかり、互いに補い合っているのを知りました。

『仕事をして収入がある彼は役に立つ存在』『働いていない私は役に立たない存在』という認識は、思い込みだったのです。

カリキュラムを受講する度に、私の強固な思い込みが外れていきます。

さらには、『お金は二人で生み出したもの』と聞いてハッとしました。お金の入り口がパートナーになっているけれど、すべては二人の空間でエネルギーとして生み出されている。お金に対する感覚が変わりました。初めてお金が愛おしいと思えました。

どちらが上か下か、役に立つか、立たないか、そんなことは関係なくなりました。パートナーとの空間で、これからどんな創造が生み出されるのか楽しみでなりません。

キーワード検索

ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!
最新情報はこちらから!
友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e