1. MIROSS Academyトップ
  2. 体験レポート

  3. 人生を変えたい!〜決めるという意志力で恋愛も変わる〜

一覧へ戻る

ハート印の紙飛行機

人生を変えたい!〜決めるという意志力で恋愛も変わる〜

「こうしたい。ああなりたい」と思っても、時間やお金など、様々な条件を並べて『できない言い訳』をしていませんか?
でも、ミロスを実践すると、そんな雑念も消えてしまいます。純粋に『決める』その意志力が物事を動かしていくのです。


N.さん 40代 女性【埼玉県】

楽しんで生きよう!

私がMWMコースに通っている時に、
「我慢ばかりして、楽しんでいない」と気づき、自分の“好きなことをしていこうと決める” と色々な変化が起こっていきました。

無趣味で気難しい母に変化が…

母はほとんど無趣味で、家のため、夫のため、娘のためにいつも忙しく家事をこなしていました。朝から晩まで働き、性格も気難しく、友達もいませんでした。

ある日、はじめて誘われた町会の老人会の旅行から帰ってくると、
「カラオケをやりたいから、何かいいものを探して欲しい」
と言い出しました。

中高年が使いやすいマイク型のカラオケを勧めると、
「こんなに何百曲入っていて、もったいない。そんなには歌わないわ」
と、ブツブツいいながら、マイクを注文。

届いたマイクでボタン操作をあちこちいじりながらなんとか覚え、早速練習を始めました。
最初は、鶏が首を絞められたような、なんとも言えない歌声でしたが、自分が歌える曲が一曲みつかると、その曲を毎日、練習し、地域の老人会のカラオケで歌い始めました。

母が好きなことを始める

老人会のカラオケは、舞台に上がり一人一人歌声をお披露目するため、次第に母の服装も変わっていきました。
雀のような茶色い服を着ていた母が、服に興味を持ち出し、買い始めたり、元々洋裁の仕事をしていたので、服をリメイクして着るようになったり。今ではびっくりするほどオシャレになり、若返っています。

そして、母の誕生日の時、母は深刻に、
「お父さんにお話があるの。私カラオケが大好きで、これから続けるから。
若い時たくさん働いたから、これから好きなことするの!」
と高らかに宣言しました。

それを聞いた父から
「お前はもう好きなことしてるじゃないか」
と言われ、母はホッと一息し、とても満足そうでした。

イキイキ輝き出した母

ある日、母が電話で、自分の兄にカラオケをやってることを自慢すると、
「うちの親戚で歌を歌うなんて珍しいなあ。頑張れよ」
と、後日みかんジュースが一箱送られてきました。
そんな気前のよいことをされたことがないので、びっくりしました。

母の歌のレパートリーは年間100曲のペースで増えていき、今では200曲くらいあります。オリジナルの歌い方の記号の入った手書きの歌詞カードを毎日せっせと手書きしてます。それまで字は下手だからと文字を書くのを嫌がっていたのに。歌声も今では上達して、『歌の上手いOさん』と言われてます。

「Oさんが来ると場が華やぐなあ。また来てね!」
「はーい!まーたねーー!」

家の外で母の大きな声が聞こえます。仲間もできてイキイキ輝いてます。

楽しめる人生に激変

我が家の女性は、ひたすら苦労と我慢を強いられる人生から解放され、楽しむことを始めました。

私自身、以前は自己否定的な思考に囚われ、心を閉ざしていました。でも、ミロスを学び、そんな生き方をリセットしたら、人生は激変。

自分の好きな刺繍を楽しんでいるうちに、刺繍作家の道が開け、刺繍という仕事をとおして、糸と布の組み合わせ、色を遊ぶ世界を楽しんでいます。

私の恋愛の変化

その私に起きた変容もお伝えしたいと思います。

私には、交際をはじめてから1年と7ヶ月になる彼がいます。

2人で『空飛ぶ鯨』というクラブ名をつけ、クラブ活動を遊んでいました。
IT技術者の彼にパソコン操作を教わったり、デジタルイラストの描き方を教わったりして、お互いパソコンや刺繍など好きなことをして、時々、混ぜ合わせて楽しんでいました。

いよいよ、結婚しようとしたら、本当にいろいろなことがありました。

意志力が状況を変える

二人で行きたいイベントがあったのですが、行くことを決めかねていました。しかし、私たちが “行く” と決めてから、流れが明らかに変わったのです。

「行きたい!でも行けない。なぜなのか?」

その状況をつくり出している自分の意識を見ていくと、パートナーとの会話から「お金がないから行けない」というキーワードを聞き取ることができました。

ならばと、私がお金を稼ぐことを決めると、いつもは原因不明のスランプにドーンと陥ってしまうお仕事も、「二人で行くんだ!」と意志を立ち上げたら、驚くスピードで刺繍額が仕上がり、代金をいただくことができました。

結婚へのプロセスがサポートされる

刺繍を額に仕立てるにあたって、今までできなかったパートナーに‟頼る”という体験もでき、パートナーの存在にしみじみありがたみを感じました。そして、2人で『決めて動く』ことに手応えを感じたのです。

それから、タイミングよく信頼できる人たちから助言をいただき、私の中で『彼をみていく覚悟。入籍』を決めると、彼の発言も

「結婚しよう。お母さんが許してくれたらね」から
「僕はお母さんが許してくれなくても結婚する」
に変わったのです。

また、ありえないことに、私の母が必要な家財道具の費用など諸々の費用を全て出してくれました。

これまで、どんな女性が相手であろうと結婚を反対していた彼のお母さんも変わり、
「相手を大切にしなさいね。」
と、彼に言葉を掛けてくれたのです。

『決める』と周りからサポートが入り始め、滞っていたことも驚くほどのスピードで終わっていきました。

そして、私たちは入籍できました。“決める”という意志で人生が創造されることを体験できました。ありがとうございます。

キーワード検索

ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!
最新情報はこちらから!
友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e