1. MIROSS Academyトップ
  2. 体験レポート

  3. すべては真実の愛に戻るためだった

一覧へ戻る

ハートが描かれたジグソーパズル

すべては真実の愛に戻るためだった

幼少期の親子関係で生じた”思い込み”が、のちの人生に大きく影響していくのですが、多くの人は自分が何を思い込んでいるのかさえも知りません。
しかし彼女は、ミロスで人生を紐解き、波乱の人生のすべてが”愛を知るための体験”だったと言えるほど、過去を超越してダイナミックに生まれ変わったのです。


 柳澤 直子さん 50代 女性【東京都】

真実は何一つ見えていない

柳沢かおり講師のミロスセミナーに、知人(Yさん)のお母様が参加して下さいました。
私は常々聞いていたYさんの話から、お母様は身勝手で冷たく愛の無い鬼のような方だと想像していました。

しかし、実際お会いしてみると、娘の事が可愛くて可愛くてたまらないご様子で、優しく愛の溢れた方でした。

また、お母様と一緒にいるYさんも、母親の事を気遣い、あれこれ世話を焼く姿はとても可愛いらしく、私の目にはお互い大切に思い合っている、素敵な親子にしか見えませんでした。

私たちは物事の片側しか見えない思考で、親からのちょっとした言動に傷つき、その傷がつくり上げる世界を現実だと思い、真実は何一つ見ていないことを、私はYさん親子を通して感じました。

 

母:どんなことも叶えてくれる

後日、LINEで、Yさんとお母様が愛の溢れた素敵な親子だと感じたことをシェアすると、

柳沢講師から

「あなたとお母さんと同じだね」
と言われ

「え?同じじゃない!!」
と瞬間的に感じました。

私はYさんのように母を思いやってはいないから・・・と。

その時期ちょうど、柳沢講師の名古屋開催のLifeコースを受講していたので、その時感じた事を話してみました。

私の母はいつも数々の手料理を食卓に並べ 、手作りのお菓子、手作りの洋服、着付け、華道、書道もこなし、どんな要望にも器用に応えてくれました。
私が成長してからは、帰宅が遅くなると駅で何時間でも帰りを待っていました。

私が欲しい物、やりたいと言った事は、どんなに無理をしてでも絶対に叶えてくれました。
他にも、母から与えて貰ったものは、思い出せば思い出すほど溢れてきます。

そんな圧倒的な愛を持つ母と自分を比較し、母と同じように家族にできない自分、母に愛を返せない自分を
『愛のかけらもない無慈悲な人間』
だと思い込み、無意識に責め続けていたのです。

罪悪感の表れだった

結婚し、娘を授かり、自分の家族ができた後、愛の無い人間という”罪悪感”は、夫の裏切りや娘の病気など、様々な現象をつくり出しました。

夫は、私がそれまで出会った中で最も優しい人で、いつも、私が困らないよう気にかけてくれ、快適に過ごせるように環境を整えてくれました。

そんな夫が裏切っていたことを知った時は、
「まさかあの優しい夫が!!」
と、青天の霹靂でした。

でもそれは、
愛のない私は、夫の愛に応えられない。だから仕方がない』
という私の罪悪感の表れだったことに、Lifeコースの空間で気づいたのです。

母との関係性においても、夫との関係性においても、母や夫は愛を与える側で、私は受け取る側でした。
ですが、娘に対しては親バカを通り越した溺愛ぶりで、娘の望みはどんな事でも全て叶えてあげたい!と思っていました。

その想いは‟母と全く同じもの”でした。

罪悪感は、私の行為行動の全てを‟愛から発生したものではない”と頑なに信じ込ませ、私の中にある愛を全く見えなくしていただけで、母や夫に感じた大きな愛が、自分にもあったことにやっと気づけたのです。

真実の愛に戻るための体験

その後、母と話をする機会があり
「貴方には随分苦労させられたけど、いま幸せだからそれだけでいい」
と言われました。

幸せだったらそれだけでいい・・・と。

仕組みを知らず生きてきた私たちが、ねじれた親子関係をつくっていただけで、これが全ての親の気持ちなんだと感じました。
ミロスがなければ、真実の愛など見ることも触れることもできなかったでしょう。

実践し体験を重ねる度に、理解が確信へと変わり、解放され、歓喜が湧き起こります。
ミロスは、傷だと思っていたもの、苦しかった過去が、一気に塗り替わっていき、全てが愛に変わり、そこから愛と感謝が溢れ出します。

すべては真実の愛に戻るための体験でした。

そのために生まれてきた愛おしい自分に、そして、出会って下さった全ての皆様に
感謝を込めて。

キーワード検索

ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!
最新情報はこちらから!
友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e