1. MIROSS Academyトップ
  2. 体験レポート

  3. “自分を知る”という奇跡

一覧へ戻る

鏡に映った自分を指差す赤ちゃん

“自分を知る”という奇跡~見えない不安との闘い~

「自分のことは自分が一番よくわかっている」とよく言いますが、果たして本当にそうでしょうか?自分のことは自分では見えません。ミロスシステムによって、“自分を知る”ということの本当の意味を知ったある男性に、奇跡が起こったのです!


 Oさん 40代 男性【京都府】

自分を知るためには…

約2年前より夫婦でミロスを学んでおります。

去年の11月に夫婦でワンデイコースを受講して、ハッキリ気付かせてもらったのは、ミロスが頭の中の理解で終わっていて、「目の前の現象が自分の内面を表している」このミロスの基本システムを全く理解していなかったことでした。

自分を知るためには、「両親との関係性を観ることが大事」とミロスでは言います。
妻からもハッキリと「お母さんとの関係性を見た方が」と指摘されていましたが、私は、母とほとんど隠し事が無く話せているから「母との関係性が良好であること」は疑いませんでした。

しかし、現実には目の前の現象として、妻は「婦人科系の病気」を患っていました。

私達夫婦は、ここ10年ほど西洋医学を否定して病院に一切行かず、自然食や自然療法に傾倒し続けていました。ところが妻は、日常生活に影響出るほど体調が悪くなっていたので、内心、かなり心配になっていました。

講師に相談すると「とにかく病院でハッキリさせてくること」と言われました。

西洋医学を否定していた私にとって、病院に行く事はとても勇気が必要でしたが、受診してみると貧血がひど過ぎて危険な状態でした。しかし、その否定していた西洋医学の応急処置のおかげで妻の不調が改善したのです。それから原因について検査。担当医は経験的に(癌だろう)という雰囲気です。

講師からは、この現象について「夫婦共々の女性性が傷ついている。二人ともがお母さんとうまくいってないし、お母さんを憎んでいる」ということを、ミロスシステムを使って明確に伝えていただきました。

「えっ…俺が?そうなんや…」

さらに、「病院に行って結果が何と言われても、ただ受け取ってくること」と言っていただきました。

今までは「治そう、良くしよう」とばかりしていました。検査結果で何を言われても「あっ、そうなんですね」と受け入れるだけで、治そうとしないこと。このあたりが私には不思議な感覚でした。

母から解放されたかった!

その後、ミロスセミナーのシェア会で、私の過去付き合った女性が、短気で爆発的に怒ったりして大変だったことを話すと「Oさんは相当怒りを溜め込んでいるんですね」と言われ、ハッとしたのです。

私が小学校3年あたりから、母親が教育ママに変容!急に門限が設定され、TVの時間制限などが始まり、当時相当ストレスだったことを思い出しました。解放されたくて大学は一人暮らしの出来る所を選びました。我慢して反抗出来ず、母から逃げた自分をハッキリ目撃したのです。

病院での結果は「良性」でした。

担当医の先生が更に精密に検査する必要性をおっしゃるので再度行いました。それでも結果変わらず、癌は見られませんでした。

夫婦で、ずっと気になっていた身体のことが、将来の最大の不安要素でした。ずっと直視出来ずに西洋医学を否定するという形をとり、逃げていたのです。それを直視したら何も無かった。ミロスのおかげです。

講師は私達に、「女性性だけでなく、男性性も立ち上がっていないこと」をハッキリ示してくださいました。
私の父は3年半前に他界しています。

父と絶縁状態に!

私の両親は、親戚からも仲の良い夫婦と言われていたようでしたが、13年前に強烈な状況が起こりました。
父はある女性の宗教家に影響され、やがて彼女を絶対的な存在にしていきました。どんどん豹変し、家族が何を言っても通じない状況に。父は大手の銀行員でしたので、私達家族は、宗教家の狙いは「お金」だと感じていました。

宗教家は父に「あなたは結婚相手を間違えた。苦しみの始まりはそれです」といい、母には「あなたのDNAが悪い。ご主人と別れなさい」と言ったのです。

母の血が入っている私達子供も、救いようがないかのように言われ、父は自宅内でも貴重品を持って風呂に入るなど、狂ったとしか思えない行動をとるようになってしまいました。

そして自宅を急に売りたいと言い出し、家族全員猛反対すると、母1人の日に突然、引越業者が乗り込んで来たのです。父の強行でした。叔父のお陰で引越しは阻止出来ましたが、その日以来、父は宗教家の元に行き二度と帰ってくることはありませんでした。

結局、両親は離婚となり、それ以降は父とは絶縁状態。そのまま10年が経過し、3年半前に父が亡くなったと連絡がありました。

父の死がきっかけで、年に一度は家族で会おうという決まりになりました。しかし家族全員が会えば、父を軽蔑した文句ばかり、父に対しての想いは変わっていませんでした。

ところが、今年の家族の集いの場で変化が起こったのです。

母の変化:父への感謝が…

夕食時に母が「先日、友人から離婚のことを聞かれた。どんなふうに離婚したのか…それに丁寧に答えているうちに不思議だけど父への感謝しか出てこなくて…涙した。良くしてもらったことばかりだった」と、一番根の深かった母が言うのです。

まるで父が家族の一員として円満に亡くなったかのような空気で、出てくるのはあたたかく笑いに包まれた思い出話ばかりでした。

あ!! 変わってる!
驚きました!!

こんな日は永遠に来ないと思ってましたが、たしかに変わっているのです!

「全て自身の内面が映っている。自身の内面が変わったということだよ」と講師に言われ、
自分の中の男性性と女性性が立ち上がったという感覚を得たのです。

「親に感謝しよう、感謝できる自分に変わろう」とするのではなく、 目の前の現象(親を恨んでいる自分、憎んでいる自分)を受け入れるだけでよかった。

ミロス、すごいです!驚異的なことを実感しました。
今後、実践して、理解して、体験していくこと…。

やっと本当の意味で、自分を知ることへの興味が湧き起こったと感じました。

長年求め続けた探求の答えとは、まさにコレだ!という感覚です。
これまでご縁をつないでくださった皆様に、ミロスに感謝します。

ありがとうございました。

キーワード検索

ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!
最新情報はこちらから!
友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e