1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. 過去を生きるのをやめました!

過去を生きるのをやめました!~“思い込み”を外したとき~

▢横橋 直美さん 40代 女性【東京都】

人はそれぞれ、自分のフィルター越しに(色眼鏡をかけて)世界を見ています。言い換えれば、自分が見たいようにしか見ていないということです。そうした自分の思い込みが外れたとき、彼女が見たものは・・・?


『過去を生きるのをやめました!~“思い込み”を外したとき~』

去年の11月に受講した柳沢かおり講師のLifeコースに、知り合いの息子さんも受講していました。
お母さんから伺っていた息子さんのお話と、直接息子さんから聞く話は全く違っていて、

“母から見た、母と子の世界”
“子供から見た、母と子の世界”

を体感したことで、私たちは、驚く程に一人ひとりの宇宙は全く違うという事を理解しました。

そして、それは私と母も同じでした。

ある日の母との夕食での会話で、私が子供の頃の話になりました。

「宮崎(母の田舎)に行くと、毎日、味噌漬けの豚肉をあなたに食べさせていたわね。
あなたが大好きで美味しいと喜ぶから毎日買って来ていたのよ」
と母が言いました。

確かに、子供の頃から味噌漬けの豚肉は大好きでしたが、私の記憶の中では、宮崎と言えば、魚介ばかりで、お肉が無くて食べる物が無かったから、毎日のように、お肉の代わりに魚肉ソーセージを買って来て炒めて貰って食べていた思い出しかありませんでした。

母にそれを言うと、母には魚肉ソーセージの記憶がないと!

お互いの記憶の違いに、母と二人で驚愕しました。

私は“愛されていない子”という間違った自己イメージによって、ずっと「○○ではなかった。○○してくれなかった。」という、いかに“自分は愛されていない”かという事しか見られませんでした。

今まで、生きてきた全ての記憶があやふやになり、違っていた事を知りました。
私は、その事をLifeコースの空間でお話させて頂きました。

後から知りましたが、丁度その日、母にも同じく解放が起きていたのです。

母は8月頃から脚が痛み始め、10月には歩くのもままならず、痛みで夜も眠れない状況だったので、鍼灸院へ通院していました。徐々に良くなっていましたが、その日を境に、急激に痛みがなくなって、「お友達と歩いて食事に行って来た」と嬉しそうでした。

また祖母(母の母)が、2月に一時危篤となり、入退院を繰り返していたのですが、退院を知って、それまでは母と伯母(母の姉)の、どちらか世話をするのかという祖母の介護を巡り、争い、揉めていましたが、
「祖母が家に帰れるだけで、それだけで良い!」と、伯母との戦いが終わり、こうあるべきという自分の理想を手放しました。

その数日後、母は柳沢講師のミロスセミナーに初参加しました。
講師の
「お嬢さん、大変でしたよね?」
という問いかけに、母は、私達の予想に反して、

「大切に大切に育てて、祖父から溺愛され、わがままいっぱいで好き放題、やりたい放題にしてきた。こんなバカな娘になりました」

と、どれ程可愛がっていたかを、ニコニコ笑って嬉しそうに語っていました。

私は、親が自慢出来る、喜ぶような良い娘になれなかった事に罪悪感を抱き、母もこんな娘になった事を残念に思っていると勝手に思い込み、申し訳ない思いでいっぱいだったので、母のその姿に驚きました。

このままの私で愛されていたし、受け入れられていた…。

今まで一度も感じた事のなかった、安心感に包まれました。

今回のLifeコースでは、従姉妹や弟が生まれて、私は愛されなくなった…という傷が疼く時に、他者に対して激しく感情が動き、ずっとその過去を生きていた事を認識しました。

また、私には父親の記憶が全くありませんでした。私が2歳の時に両親は離婚し、その数年後に、父は病気で亡くなりました。
その後、母は再婚をして新しい父親が出来て、私は母から本当の父の話を聞くどころか、父が生きているか?死んでいるか?も21年間も知りませんでした。
母から聞いた僅かな父の話で、
酒乱の父親(祖父)を反面教師とし、お酒を飲まない男性を選んだのに、女癖が悪く、母が私を妊娠中の時まで、他の女性を母の前に平気で連れて来たと聞いていた私は、父のことを『酷い男、酷い父親』だと思い込み、恨んでいました。

しかし、先日母との会話で全く違っていた事を知りました。

母は元夫(私の父)から、
「自分の気持ちを伝えてくれない」といつも言われていたそうです。

母の父親(祖父)は普段は真面目で仕事熱心でしたが、お酒を飲むと別人になる酒乱でした。
大声で叫び暴れる恐怖から、母は他者に対して常に怒らせないようにと怯え、自分の本音や思いは抑圧し心閉ざしていました。
そんな母に私の父は苛立ちを感じていた事でしょう。
母の前に他の女性を連れて来たのも、本音を言わない母に対して、本当に自分の事が好きなのか不安で、どんな手段を取っても、母を自分だけに向かせたい一心からの究極の行為だったのだと理解できました。

全く愛がない父と母の間に生まれて来た、要らない娘だと思っていましたが、私という、父と母との愛の結晶がすでに存在していたことを、やっと受け入れる事が出来ました。

セミナー受講後の母は、目の前の霧が晴れ、頑なだった心が解き放たれ、本当に楽しそうです。

ミロスを疑い否定的だった母ですが、今では、母との会話は全てミロスで、何があっても視点から見ると、母と一緒に笑いになります。

まさか、こんな日が来るなんて思っていませんでした。

もう過去で生きる必要もなくなりました。

Lifeコース 紹介へ 柳沢 かおり 講師 紹介へ ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 一日で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加