1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. 自殺願望は消え、喜びあふれる人生に

自殺願望は消え、喜びあふれる人生に

▢ 井谷 浩一さん 40代 男性 【島根県】

何不自由ないが、生きる意味が見出せず、子どもの頃から自殺願望を持っていたという彼は、ミロスを学び出し、気づけばパートナーもでき、人生を楽しめる自分に変わっていた。
ミロスがなければあり得なかった!という感謝の報告です。


『自殺願望は消え、喜びあふれる人生に』

自分の人生を振り返ると、子どもの頃、家の中はとても落ち着ける場所ではありませんでした。
その頃の家族構成は、両親と祖父母、曾祖父母、叔父2人、姉、僕の10人家族で、僕はそこで、人の顔色を見ながら我慢して生きていました。

経済的には全く不自由ありませんが、田舎の家を継ぐことと、しっかり者の父のようになることを母に言い聞かさされて育ったので、人生に枠をはめられているような窮屈さを感じていました。

そのためか、子どもの頃から無気力で、自分は何のために生きているのだろうと思い悩み、自殺願望さえある暗い子どもでした。

一緒に住んでいる叔父の一人は、県外に就職してイジメに遭い、出戻ってきて家で農業をしていましたが、精神を病み、躁鬱病と診断され精神病院に入院する、という経歴の持ち主でした。

僕の母は、そのやっかい者の叔父の病院費を一家の主である僕の父が出すことへの不満と、姑への愚痴をいつも僕に話していたので、それがとても苦痛でした。

その叔父は病院から外出許可をもらって家に帰ってくることもありましたが、行方不明になったり、家で自殺未遂をしたりしていました。

子どもだった僕は、後から母の口から事情を聞くのですが、聞くたびに恐怖と不安を感じ、同時に、何も力になれない無力感でいっぱいでした。

そして、精神病の叔父の事は絶対人に知られてはいけない隠し事でした。

僕は、そんな家庭の中でいつしか感情を遮断して生きるようになり、辛い事から逃げる分、喜びも感じられなくなり、自分の将来や、やりたい事など、色々な事をあきらめて生きるようになっていたのです。

ミロスを知るまでの僕は、そんな暗い、無気力な人間でした。

しかし、ミロスを学んでいくことで、閉じ込めた感情を解放し、両親や何かのせいにしていた人生も、自らがつくり出していることを知っていったのです。

実践し、本当にいろんなことが変わりましたが、
ある日、ある人の実践体験を読んだ時、「自殺願望がなくなった」という一文に、

「あ、自分もそうだ!」

とハッとしました。

今の僕は、大好きなパートナーと旅行を楽しんだり、大好きな仲間と仕事をしています。
もちろんミロスのイベントへの参加や、カリキュラムも受講できています。

いつの間にか、楽しいことばかりで、自殺なんてあり得ない!そんなのもったいない!

そんな自分に変わっていました。

それに気が付いたのは、やっかい者の叔父と病院で面会したこともありました。
以前の叔父には強い罪悪感を感じていましたが、最近の叔父には、子どものような無邪気さを感じるようになっていました。

「なぜだろう?」

と思っていましたが、僕の内面の変化を叔父に映し見ていたのです。

そして、叔父ももう長くないということで、叔父の荷物を整理していた時に出て来たお金を、父の許可をもらって使わせてもらえることになりました。

その父も、今はもういませんが、ミロスがあったから不安や悲しみを超え、父は僕に託して安心して逝ったのだと思えています。

すべては、ミロスがなかったらあり得なかったことです。

最後に、僕と一緒に立ち上がってくださった地元の仲間に、パートナーに、出会ってくれたすべての人に…感謝を贈ります。

 

ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 一日で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加