1. MIROSS Academyトップ
  2. 体験レポート

  3. 家族を捨てた父親を許せた体験〜思い込みで見えなかった真実〜

一覧へ戻る

家族を捨てた父親を許せた体験〜思い込みで見えなかった真実〜

親のことを憎んだり、許せなかったりしていませんか? 家族を捨てた裏切り者の父。しかし、衝撃の真実が次々と判明! 裏切られたのではなく、本当は“愛されていた”という真実ーー。すると苦しかった人生がどんどん解放されていきました。


石井 利枝さん 40代 女性【東京都】

父親との再会:20年の時を経て知った真実

どこにいて何をしているのか、生きているのかさえもわからなかった、憎かった父。そんな父と20年ぶりの再会を果たしました。衝撃的だったのは、父の口からは、私が思い込んでいただけという事実を裏付けるような話ばかり出てきたことです。

父は、多額の借金を作り、家族を養うどころか捨てて家を出ていった「裏切り者だ!」と思っていました。しかし実際は借金取りが家に来るので、家族に迷惑を掛けないように、一人だけ離れて暮らしていたことが判明しました。

父が会社を辞めた後も、会社に行ってるフリをして、ずっと会社を辞めたことを知らされませんでした。嘘をつかれて裏切られたと思っていました。しかし、私達に余計な心配を掛けたくなかったから黙ってすぐに転職しようとしていただけ…ということも聞かされ、裏切りなどなかったと知りました。

しかも、父は離れて暮らしてからも、母の口座に出来る限りのお金をずっと送金してくれていたのです。私達を捨てたわけではなかった…。むしろ独りで遠くからずっと気にして守ってくれていたのです。

愛し合っていた両親

さらには、母は父の文句をさんざん言っていたし、父からは何十年も音信不通だったので、父も母もお互い“大嫌い”なんだと思っていました。

しかし、母が亡くなる前に言った言葉が「お父さんと離婚しなくてもいいよね?」でした。その後、父からは「できることなら、ずっとお母さんと一緒にいたかった。生まれ変わってもう一度やり直したい」という言葉を聞けました。

これらの真実を知るたびに、自分が今まで信じていたことが、実は間違った思い込みだった!ことがわかりました。そのしつこい思い込みを丁寧に外していくと、裏切られた事実はどこにもなくて、ただ“愛されていた真実”だけがあったのです。

“信頼と裏切りの思考パターンが原因

私の人生には、突然目の前の幸せが崩れてしまう出来事が何回か起こりました。その恐怖から、いつも自分を守ることばかり考え、怯えて生きてきました。

全ての思考の根源に『裏切られるのが怖い』が潜んでいたのです。

信頼が良いものとして“正義に傾くと、目の前に裏切りを見る”。
柳沢かおり講師のカウンセリングを受講し、私は『信頼と裏切り』という思考パターンを持っていることが判りました。

けれど、どうしても自分を解放して生きられず、自分を守るために心を閉ざしていました。誰にも本音を言えず、自分の本音すら分からず、結果、相手から突然裏切られてしまったり、相手を裏切るようなことをしてしまったりして、その先に進めなくて苦しんでいました。

父親の深い愛を体感できたおかげで

しかし、私の間違った思い込みの数々は、父の深い愛を知ることで破壊されていったのです。突然、愛を失ったわけではなかった。失うことが怖くて閉ざす必要もなかったのです。

私が今まで真実と思い込んでいたことは何だったんだろう…。それは全部嘘で、今までありもしないことをペラペラ話していたなんて、恥ずかしすぎますね。

楽に生きられるようになった!

突然、何かが起こることが怖くて閉ざす必要もない。

相手の顔色を伺うようなことをしなくても良い。

いつも怯えながら発言するので、結果、相手から誤解され、信頼されなくなるという事象を作る必要もない。

それらをことごとく俯瞰できたおかげで、観念体系が崩壊。解放されていきました。

真実だと思っていたことの全てが疑わしくなり、呆然とすることも!

そうやって、間違った思い込みが外れていったことで、とても楽に生きられるようになりました。

真実なんて、本当に何一つみていないんだ!
自分を俯瞰していく大切さを、この体験を通して感じました。

本当は“愛されていた”という真実に出合えたことに心から感謝いたします。まさかこんな日がくるとは思ってもみませんでした。

キーワード検索

ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!
最新情報はこちらから!
友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e