1. MIROSS Academyトップ
  2. 体験レポート

  3. 常に母親を感じていた!~人間関係がうまくいかないパターン~

一覧へ戻る

叱りつける母親と耳を塞ぐ女の子

常に母親を感じていた!~人間関係がうまくいかないパターン~

転職・退職理由の本音で多いのが人間関係の悩み。上司や経営者が気に入らない、先輩、同僚とうまくいかないから仕事を辞めたという人が多いのです。しかし、転職をしても、また同じ状況に陥っていませんか?当人にはわからない原因をミロス カウンセリングで解いていきます。(カウンセリング担当:田坂美紀講師)


久保 博子さん 60代 女性【広島県】

仕事を辞めたい

職場の人間関係で悩んでいた久保さん。
チーム4人中、3人からいじめられているそうで、仕事を辞めたいが、上司に引き止められ、仕方なく職場に行っているような状態でした。

しかし、ミロス カウンセリングによって、彼女自身、思ってもみない原因があぶり出されていきました。
(※ご本人に承諾を得て、カウンセリングの一部分を掲載しています)

久保さん:
「みんな、私にだけ、キツく言うんですよ。 無視していましたが、もう辞めたいです」
「私ね、嫌だと思ったら、すぐ辞めるんです。だから、転職もいっぱいしてきました」

講師:
「職場の話を聴いていると、いじめという程ではないような気がしますが、具体的に何が嫌なんですか?」

久保さん:
「注意されるのが嫌なんです。ミスを指摘されるのが嫌で、無視してしまうんです」

講師:
「ミスをしたら、注意されたり、叱られたりするのは当たり前だと思うのですが、人から‟言われる”のが嫌なんですね」

久保さん:
「はい」
「今、夕方に別の仕事もしているんですが、そこは凄く居心地がいいんです」
「私一人だから、失敗しても隠せるし、誤魔化せるんですよ」

ここで、久保さんの生きざまが浮き彫りになってきました。
続いて、彼女はどんな風に育てられたのか、ご両親のことを伺ってみました。

母親との関係

久保さん:
「もうね、母が過干渉で、うっとうしくて。
私、母から逃げるために結婚したようなものなんです」

講師:
「へぇ~、逃げるための結婚ですか」

ここでついに、彼女から『逃げる』というキーワードが出てきました。

職場でミスが発覚したら、周りから言われるのが嫌で逃げてきた久保さん。
彼女にとって良い職場は、人から指摘されず、ミスを隠せる環境でした。

しかし、彼女は、家族との関係性では、また違う側面を見せていました。

娘に同じことをしている

講師:
「そう言えば、久保さんのお嬢さん、‟お母さんは私のことを構い過ぎる!うっとうしい!”と言って、家を出たそうですね」

「自分が、良かれと思ってお嬢さんにしてきたことは、あなたのお母様が良かれと思ってあなたにしてきたことと同じじゃないですか」

「久保さんは、お母様をうっとおしいと言って嫌ってきましたが、お嬢さんも同じ思いだったということですね」

ここで久保さんは、‟自分が母にされて嫌だったことを、自分も娘にしていた” ことに驚きました。

母親の支配が嫌だったのに…

講師:
「そして、もう一つ。
母親から干渉されて、煩わしい、支配されるのが嫌だ!と話していましたが、
ご主人からは、‟おまえは何でもイチイチ母親に相談する。母親べったりだ!”と、言われているとおっしゃっていましたよね」

「母親に支配されて嫌だと言っておきながら、その一方で思いっきり依存していたんですよ」

そう伝えると、久保さんは、今まで ‟支配されている”という見方で母親を見ていましたが、実は支配されることにメリットがあったことや、自分が母親に依存することで、同時に、母親を支配していたことにも気づくことができました。
さらには、母と自分、自分と娘の関係性が紐解かれたことで、母と娘の癒着が代々、続いていたこともわかりました。

そして、彼女の夫も、「妻は‟怒りそのもので恐い”」と言って、単身赴任を理由に久保さんから逃げていたということがわかり、夫婦の関係性でも彼女は、自分の嫌っていた‟支配的な母”になっていたことを知りました。

なぜ、“逃げ”てしまうのか?

久保さんは、今まで、逃げるか無視をするかで、何も解決しないままできました。しかし、人間関係において、相手に過干渉の母を感じると抵抗感を持ってしまうことや、母との関係性で持ってしまった‟私はダメな子” という間違った自己イメージが原因で、相手に何か言われるたびに ‟否定された” と感じてしまい、反発して『逃げる』というパターンを繰り返していたことを理解しました。

「私は一人でいるのが好き」と言っていたのも、誰かと関わることで噴き出す否定的な感情が煩わしかったのでしょう。

いろんなことがクリアに

こうして、自分に『逃げる』というパターンがあることを知った久保さんは、それ以降、人間関係が変わり、自分のミスから逃げたり、誤魔化したりすることもなくなっていきました。

「これからは、落ち着いて一つ一つをしっかり見ていく」
と、彼女も言っています。

いろんな事がクリアになり、スッキリした彼女の、さらなる変容が楽しみです。

キーワード検索

ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!
最新情報はこちらから!
友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e