1. MIROSS Academyトップ
  2. 体験レポート

  3. 教師生活25年

一覧へ戻る

授業の光景

教師生活25年

英語の教師を辞めても、やりたい事が何も浮かばない…。自己否定が作った世界はもう終わり!頑張る人生から楽しむ人生にシフトチェンジすることで、見えてきたのは、英語の教師が好きだった!DNAって何が書かれているの?


中田 いつみさん 60代 女性【神奈川県】

自己不信の塊

私は英語の教師になって25年以上…。英語教育が少人数制(2人の教師がペアで1クラスを担当する)になってから、生徒から自分がどう見られているかでいつも苦しんでいました。

自己不信の塊だった私はペアとなった男性教師の、パソコンを使ったビジュアルなやり方をいつも羨ましく思い、パソコンを使えない自分の、教科書とCDだけの授業スタイルを嫌って、いつも自分にダメ出しをしていたのです。

次の年に担当したクラスは、いつも羨ましく思っていた男性教師の授業を1年間受けてきた生徒たちでした。そんな中、ある生徒から私への不満が一気に爆発!指摘された内容はまさに自分が、「いつもこれでいいのか?」と葛藤をしていたところでした。

彼の言葉にショックを受けた私は、空き時間を利用して、その男性教師の授業を観察しました。それは私の思い描いていた素晴らしい授業であり脱帽でした。そこからなんです!私はその男性教師の授業と同じように再現することに必死でした。

やりたいことが浮かばない

その当時は母の介護も重なり学校と家、地獄のような日々でした。やるだけやったのだから、「もう比較の世界で生きる学校に行きたくない!」英語教師に対する未練もなく「辞めてやる!」と言う気持ちでしたが…。

「さぁやめて好きなことをやるぞ!」と次に思いを馳せた時「やりたいことは?、好きなことは??」なにも浮かばず…。「今まで生きてきた私の人生は一体何だったのか?!」と。

私は30年間、ある宗教の教示を信じ行動していました。でも宗教が、この私の絶望を救ってくれないことが分かりました。そんな身体も心もボロボロの時に、その宗教仲間の1人から「ミロスというものがあるよ。考え方が面白いよ。行ってごらん!」と言われ調べてみると意外と近い所でセミナーがあることがわかりました。

壮大な世界を感じて

私が初めて行ったのがミロスセミナーでした。そのセミナーで1つだけ覚えた言葉は「表裏一体」でした。「『幸せと不幸』『良いと悪い』がセット!?私はずっと幸せを求めてきたけれど、不幸が裏にしっかりと張り付いていたんだ」と聞いて衝撃でした。

その後、もっとミロスを極めてみたいという思いが出て、その年の講座を受講いたしました。それは、今までの宗教の考え方の中で規制されて自分を閉じ込めていたものとは違って、自分の苦しいステージから、「キラキラした世界」「無限の可能性」壮大な世界をみせてくれました。

「何でも出来るよ。なんでもしていいんだよ!」と語りかけてくれることに感動し涙があふれ、「目の前は鏡だ!」と言われた言葉だけが、頭の中でこだましていました。

生徒が自分?

今までの学校では、生徒が私のそばに来るのが、嫌で嫌で「来るな!」と言うバリアを張っていました。

その日から私は、
「目の前は鏡か…?」「生徒が自分!?」「私が???」と思うと、「私がやりたかったことを生徒がやっていたんだ!」と受け取ることができ、 肩の力が抜けて、生徒のことが可愛いくて仕方なくなりました。「だって自分だもん!」と叫んでいました。

生徒がやる気を出した

今まで他の先生に負けまいと、あの手この手で努力し頑張っていた自分でしたが、「頑張れば頑張るほど、頑張らなくてはいけない状況を自分が作っていたんだ!」と頑張ることをやめた時、逆に生徒が頑張りだして、その後すぐの中間テストで20人中7人も100点を取ったのです。こんな事は教員生活で初めてでした。

さらに毎年やっていた朝学習もやめた途端、2人の生徒から「先生の英語を教えて欲しい!」と言われ、彼らのやる気をそぐわけにもいかず、でもこれからは「力を入れない」「無理をしない」「プリントも準備しない」というスタンスで臨むと、何かが降りてきたかのように全く違うやり方で、文法の説明をしていました。

するとその時に朝学習の1人の生徒が、「先生、今の教え方を普段の授業で使えばいいよ!」と言ってくれて、私は「目の前は鏡」そうだねーと素直に聞いていました。それから授業も朝学習も楽しく楽しくなっていきました。

授業が楽しい

その日は授業参観の日でした。昼休みも昼学習をして用意もそこそこ教室に駆け込みました。生徒たちの後方には校長先生はじめ、英語の先生方、他の教科の先生方が立っておられます。予定していた箇所は、既に終了していたので、1番見られたくないと思っていた授業をする羽目になってしまったのです。半ば開き直ったような授業でした。ですが、今まで喧嘩をしたり、走り回って席につかない騒がしい生徒が、なぜか、しっかりノートをとっていました。

授業終了後、その生徒が私に近づき「先生ノッてたね。楽しかったね!」と言ってくれて、内心ヒヤヒヤだったのに…私ノッてたんだと知らされました。

もともと本来の自分の存在に戻った瞬間だったのでしょう。この自分でいいんだよ!とようやく思えたのです。翌日は、5年に1回の少人数制の授業に対する感想を書く生徒のアンケート調査がありました。その中でたくさんの生徒たちが「成績が上がった!」「授業もとっても楽しい!」と書かれてありました。

天職だとわかった

英語は私にとって仕事のため、生きるためのもので、好きでもなく、むしろ英語教師を隠して生きてきました。ミロスの記事が掲載された海外の雑誌、『Law of Attraction magzine』を何度も何度も読み返しました。そのたびに涙が溢れ出します。初めて英語を通して、自分が何者かを知ったのです。

今まで一生懸命やり続けてきたことの理由がはっきりとわかりました。英語という「毒」でしかなかったものが「蜜」に変わった瞬間でした。ミロスシステムを知って自分の人生がすっかり変わりました。

「なぜ幸せになれなかったのか?」それは、自分の自己否定が、全てを作っていただけ。誰のせいでもなく誰が悪いわけでもなく、この人生だからこそ、このプログラムだからこそ、私はずっと英語教師を続けていたのです。

昨年3月もって教師生活にピリオドを打ちました。でも今も英語を教えています。それが自分のDNAに書かれていると感じられたからです。

キーワード検索

ミロスが学べるスクール

オンライン受講が可能になりました!
最新情報はこちらから!
友だち追加

LINE公式アカウント

@bfl9767e