1. MIROSS Academyトップ
  2. 新次元リアリティ体験談
  3. 介護の現場を180度変えてしまう驚異のミロス!

介護の現場を180度変えてしまう驚異のミロス!

□鈴木優子さん 40代 女性【東京都】

今や、家族に重くのしかかる社会問題としてクローズアップされている介護。人類の新しいIQミロスは、そんな現場の重圧さえも緩ませ、目の前の相手に驚くべき変化を与えてしまうのです。ミロスのある介護とは・・・?


「介護の現場を180度変えてしまう驚異のミロス!」

たくさんの鏡を通して、人間のパターンを知り、思考は片側を嫌いながら片側に傾く。
システムがあることで、人間の解体ができて、誰もが自分を深めることができている。
私は現場で認知症高齢者とその家族を支援しながらマネジメントしています。
(ミロスアカデミーの講師でもあります)

自立と依存、攻撃と防御、支配と服従、嫉妬と罪悪感、比較と平等、完璧と適当…など挙げきれないほどの2極のエネルギーがいつも繰り返していました。
自分の理解が深まると、必ず外側で確認できる事象が起こり、その終わったことを表現したことで、さらに外側の無意識に影響を与えてきました。
介護・医療の現場で働く従事者の方々が、たくさんの患者や病気、その家族と向き合っていることを私は知っています。

◆1つ目の事例を紹介いたします。
夜間にトイレに行く回数が多く、下肢筋力が低下してきて、膝折れもあるため歩行困難な認知症高齢者を介護している家族がいました。もともと不安・心配性な性格もあり、夜間になると数時間に10回以上呼び出されるとのことで、主に介護している家族からSOSがあり、認知症高齢者本人、主介護者、嫁、孫(家族)と訪問看護(看護師)、訪問診療(医師)、訪問介護(介護士)、福祉用具事業所、ショートステイ事業所の担当者が集まりサービス担当者会議を行いました。
その認知症高齢者は、高齢になって家族の名前を何度も呼んで思いっきり甘えている。食事も排泄も着替えも移動も全て誰かがいないと生きていけない。昼間は、ベッドで寝ているので、夜間になると昼夜逆転して呼び起こされていたのです。しかし、家族は昼間働いているので夜間に何度も起こされ無理な訴えをきいてきたのです。

〇ミロスの視点から
私は、自分の最も繰り返してきたパターンをただ観てきたと確信しました。
依存者に支配されてしまうほど、強烈に嫌な状況を目の前において頑張ってきたのだ。
自立を促すどころか、依存できる認知症高齢者がうらやましいとさえ思っていたのです。
これが最も同化していてわからないほど、自立しようと繰り返してきた自分だと全体性からわかった瞬間に、

認知症高齢者本人が「分かったよ、夜は大変だからちゃんと寝て、みんなに協力するよ。」と言ったのです。
その場にいた全員の力が抜け、その後、薬も一切使わずに、夜間は静かに休むようになりました。どんなに傾いても一瞬で目の前が変容していく、2極の内面意識を同時に自分だと理解できるのは体験しているからです。この体験は多角的に広がっていて、同じことで困っている家族を同時に救いました。

◆2つ目の事例を紹介いたします。
病院で働く看護師Jさんがミロスセミナーに参加してくださいました。その方の病院での事例です。
認知症で夜間になると何度もナースコールを鳴らし、トイレに行ってもほとんど排泄もでない。けれども毎晩のようにスタッフを困らせていました。できれば睡眠薬は使いたくない。薬を飲んで寝てもらった方がいいのか?とも悩みますが、他の薬を大量に飲んでいるので、これ以上薬漬けにしたくないとも言われます。

〇ミロスの視点から
自立に傾いていた看護師さんは、プロだからと怒りを抑えながら優しく接することが良いことだとやっていましたが、毎晩のように訴える患者に、医療従事者が支配されていたのです。そんな看護師さんに、私は過去の自分と重なりました。ほんとに自分しかいないのだと・・・。
現場をやって体験しているからこそ、今までのやり方ではもう無理だと知っています。
本当に自分たちの傾きが、そのまま観れたら、勝手に相手のエゴも、浮上してきて、あとはノージャッジで待てばいいだけ。問題が問題で無くなるからプロセスがショートカットされる。人間は必ずシステムが必要になる。そのご縁と繋がる仲間が必要なんですね。この鳥肌が立つほどのエキサイティングな未体験ゾーンをこれから多くの人が体験していくことにワクワクしています。

その後、看護師Jさんから、こんな喜びの感想を頂きました。

〇看護師Jさんからは
高齢者のいろんな問題を聞く度に、何故か重圧感がのしかかるのでした。自分の抑圧していた依存を受け入れただけでその後、自分の中の怒りが勝手に収まり、ナースコールを鳴らす患者も静かになり驚きました。あらためて、ミロスの世界ってすごいなぁと実感しました。ミロスシステムがなきゃ、介護の世界は救われないとさえ思います。介護されている家族に、ショートステイやデイサービスを使って、患者さんと距離をおきましょうとアドバイスしているのを、よく耳にします。それで本当に解決できるのか?とモヤモヤしていました。でも、ミロスはすごい世界ですね。捉え方がまったく違うし、見えない無意識を発見したのも凄いし、それを見えるシステムにしたのも凄い!本当にこれはもっと病院機関や介護施設に必要ですよ。ミロスの世界で生きる医療者に会うのが楽しみです。

このような感想を頂き、世の中は本当に“ミロスを求めている”と感じさせて頂きました。

鈴木 優子 講師 紹介へ ミロスアカデミー カリキュラム紹介へ ミロスアカデミー 講師紹介へ
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

はじめての方に 電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 一日で学びたい 究極のカリキュラム

友だち追加をよろしくおねがいします!

@bfl9767e

LINEの友だち追加