1. MIROSS Academyトップ
  2. Blog
  3. コンシェルジュのジュ
  4. 第30回ミロスウィズダムマスター(MWM)コース修了式を開式いたしました!

第30回ミロスウィズダムマスター(MWM)コース修了式を開式いたしました!

大阪本校の糸永です。
入梅の頃となり、雨の日が続き、街では花のように色とりどりの傘が開くようになってきました。
ミロスウィズダムマスター(MWM)コース修了式が梅雨入りを前に、清々しく晴れやかなとても気持ちの良い日に執り行われました。
参加された修了生のみなさま、誠におめでとうございます!

第30回修了式の空間を一言で表現するなら、「感謝の空間」でした。
修了生は自らの変容を遂げることができたミロスウィズダムマスター(MWM)コースに、そして講義やカウンセリングで担当になった講師へ感謝を表現される方が多くいらっしゃいました。

講師はシステム・設計図をしっかりと理解し、人生大逆転を成し遂げ、キラキラ輝く姿へと変容した修了生を目にすることができたことに感謝。

感謝を受け取りあう空間はとても心地よく、感動・感謝の空間でした。

25名の修了生お一人おひとりに体験プログラムがあり、今回も赤裸々でダイナミックな実体験をスピーチくださいました。

本日は修了生のスピーチを一部お届けいたします。

T様(女性)

ミロスウィズダムマスター(MWM)コースへ行くと決めたら、資金の準備がされました。

最初の「M」という講義の時から、修了した感覚でスタートできたほど、嬉しかったです。

カリキュラムが進んでいくうちに、愛車を修理に出さないといけないことがありました。点検してもらうと「内側が思っていたより酷いですよ」とメッセージがきました。
「そんなに酷いんだー」と笑い飛ばし、自分の状態を車の状態から知り、受け取りました。

すると「これで新車買いなさい」と父のような存在の人から現金をいただくことがありました。

多くの現金を目の前にすると受け取る恐怖も出てきましたが、素直にミロスウィズダムマスター(MWM)コース受講のプレゼントだ!と受け取らせていただきました。

それから子育て支援の仕事をしているのですが、お子さんが発達障害なのでは?と疑いを向けられていた親御さんと出合うことがありました。

しかしそれもシステムで受け取っていくと疑いを向けていた保育士の方が「私の理解が未熟でした。発達障害ではないようですね」と驚きの変化がありました。システムの確信を得ていくとどんどんと自分も周りも変化していきました。

宮古島から順調に通えて、人生初の花見も体験できました。修了までのおよそ半年の期間、とても豊かなプロセスを過ごせました。

 

O様(男性)

消防団に入っていたこともありますが、死者を見る人数がとても多く、自分にも恐怖を感じるようになっていました。火事・自殺・無理心中・殺人と数々の死者を目にしていました。

「いったいなんなんだ。どうなっているんだ」と思い悩んでいました。

心の平安を求め、カウンセリングを探している時にミロスと出合い、ミロスウィズダムマスター(MWM)コースの受講を決めました。

ミロスにはシステムがあることがわかり、安心して進めていくと、講義を受けるたびにきちんと体験がきました。その体験一つひとつが理解に繋がっていきました。

理解が進んでいくと、自分が見えてくるようになり、生まれてきてから自虐していたこともパターンとして見ていくことができました。頻繁に怪我・病気していましたが、修了すると、病気・怪我をすることがピタッと止まって本当に驚きました。

それと同じく、地元の火災もピタッと止まりました。地元で聞いていたサイレンを聞かなくなりました。

自分が変われば周りも変わると実感しました。

H様(女性)
母親さえいなければ、私の人生ハッピーなのに!本気でそう思うほど、母親のことが大嫌いでたまりませんでした。母親はなんでも私のやりたいことを反対する嫌な存在でした。

ミロスウィズダムマスター(MWM)コースへ通うと決めて報告した時にもやはり母親から反対されてしまいました。

分割方法を選択し、受講を進めていたのですが、最後の支払いができず、どうしようもない状況になってしまいました。

そんな時に、母親から「どうせお金がないんでしょ?最後まで支払いができないのになんで受講をきめたの!」と責められました。

しかし、次の言葉にびっくりしました。「いつまでにいくら必要なの?」とまさかの優しい言葉をかけてくれたのです。

過去を振り返っても、母からは全部反対されてきたと思っていたけど、全部心配から言ってくれていたとその時に始めて理解できてしまいました。

全部自分のことのように心配して「大丈夫か?大丈夫か?」と言ってくれていただけでした。嫌な親だと思っていたけど、今までのいろいろな出来事がまるでオセロのようにひっくり返って、嫌だった事柄をすべて許せることができたんです。「心配」これが一番母親にして欲しかったことだったんです。

お金がないというネガティブなことさえ、母親の愛を体験・理解するために人生のテーマとして計画的に準備をしてきたかと思うとお金がないことも笑えてしまいました。

体験したい人のために現状が用意されていたと納得できたら、嫌だとか辛いものすべてに要素があるんだったら、すべての事柄を丁寧に見ていくと面白いと感じています。

O様ご夫妻
旦那様
会社に大きな問題があり、「責任感」と「罪悪感」に苛まれてがんじがらめになっていた時にミロスに出合い、ミロスウィズダムマスター(MWM)コース受講を始めました。

講義では聞くこと聞くことに感心し、ダウンロードしていきました。

実体験としていろいろな問題が解決されていき、軽く生きられるようになりました。夫婦仲も改善され、夫婦で創造することもできるようになりました。

システムに出合ったこと、体系化されていることに感謝です。

本当に人は変わります。ミロスウィズダムマスター(MWM)コースを修了し、深みに入り、ダイナミックな人生を送っていきます。

奥様
受講して一番良かったのは、パートナーと理解・愛を深めることができたことです。なによりの宝となりました。

修了式の数日前にけんかになりました。

主人が20年前のことも持ち出してきたのですが、本当は嫌なことを我慢して私に付き合ってくれていたことを20年経って知りました。そこで「なんで自分の気持ちを押し殺して合わせてくれていたの?」と聞くと、私への愛情だということでした。

パートナーに対して酷い扱いをしていたのにも関わらず、家族のために私のために愛をもって我慢してくれていたということでした。
号泣しました。

そのままの姿、男性性を受け取れた体験をしました。怒っている主人はそのままを受け取って欲しいと言っていました。

そのまま自分に返したところから、二人の空間が変わったのを体験しました。そこから私たちの周りの人たちにミラクルが起きて止まらなくなりました。

ずっと外側に求めてきていましたが、今は夫婦の空間に秘密があって可能性も創造性もすべてあるとわかりました。

宇宙一ロマンティックなテクノロジーのミロスがあって良かったです。


いかがでしたでしょうか?

受講中だけではなく、申し込んだ直後から修了式までのエピソードの奥深さ。ミロスウィズダムマスター(MWM)コースの魅力を存分に感じていただけたのではないでしょうか。

最近の修了式の後には講師が運営する豊かな茶話会が開かれています。修了生同士がお互いを見て、変容を感じ、称え合い、自らを認めていくことができる素晴らしい空間となっています。

晴れやかな良き日に25名の修了生が新たな人生を、修了と同時にスタートされました。

生きながらにして生まれ変わり、人生を初期化・再生させるシステム “MIROSS”。ミロスアカデミーが提供する究極のプログラム、ミロスウィズダムマスター(MWM)コース。

体験することで次のステージの扉が開けていきます。

体感しにお越し下さいませ。


FBページへのいいね!もお願いします!

この記事のカテゴリー

コンシェルジュのジュ

オープンスクールや修了式、その他カリキュラムなど、全国のミロスアカデミー・ミロソフィアでのできごとをコンシェルジュが発信します!

タグ

Browse by topic

ブログのカテゴリー

Browse by Category

キーワード検索

Search
ミロスが学べるスクール

MIROSS ACADEMY

おススメのカリキュラム

電話カウンセリング ミロスシステムを理解 終わらせたい問題がある 一日で学びたい 究極のカリキュラム

E-mail Magazine

MIROSSメールマガジン(無料)

連載をはじめ、インタビュー記事や特集、最新イベントの詳細など
メールマガジンでいち早く公開される情報を、ぜひお見逃しなく!

メルマガ登録へ